腕前X

腕前Xはゴールなのか、スタートなのか

腕前Xはゴールなのか、スタートなのか

splatoon3の発売が発表されて、マンネリ化していた環境にメスが入り心機一転の機会となった2月から2ヶ月が経とうしている。 なんとか『3』の発売までに腕前Xに!なんて一念発起してガチマッチに挑戦している方も多いのではないだろうか。しかし、腕前Xが実装されてから2〜3年が経ち、その評価は過去とは違ったものになってきていると思う。 2年前であればXに上がること自体がそこそこのステータスであったかもしれないが、少なくとも筆者が初めて腕前Xというものになった際は既にS+とXの

7