網紅

“網紅”玩具頻傷人 “帶娃神器”還是“坑娃利器”?

巴克球、水彈槍、彈力軟軸乒乓球……這個暑期,被網絡社交平台帶火的“網紅”玩具,成為不少孩子在家玩耍的新寵。雖然名氣大、買家多,但一些“網紅”玩具其實是粗制濫造的“三無產品”,存在諸多安全隱患。

多地發生“網紅”玩具傷人事件

一根鐵絲般的軟軸,一頭插在底座,2號站蘋果app另一頭插在乒乓球底部的小孔裏,長1米左右。這樣如此一來,球可以隨孩子揮拍的節奏進行來回之間搖擺,無須撿球。這款彈力軟軸乒乓球

もっとみる

極光天空音樂節長沙夜嗨爆

月亮島現在超火!極光天空音樂節長沙夜嗨爆!

長沙,超級網紅城市,全國最熱門的夜遊活動目的地!近日中國長沙夜遊經濟複蘇率位居世界全國企業第一,作為一個長沙新晉網紅打卡地——月亮島,同樣可以吸引了不少人的目光。

8月8日,“夏月亮島夢想之旅”正式啟動,4000多人聚集在天空中月亮島露營公園。燈光和極光,聲波和人浪一起嗨翻大長沙!

夏夜的月亮島,被奇幻的燈光進行裝點的格外具有浪漫。粉紅色沙灘、情景

もっとみる

【TikTok】は日本と中国でこんなに違う!?

日本でも若者を中心に爆発的な人気を博している動画アプリ【TikTok】

実はこのTikTokを運営しているのが中国の会社ということをご存知でしたか?

その会社こそ、中国を代表するスタートアップ企業であるバイトダンス(ByteDance)社!

しかも、TikTokは中国版と(日本を含めた)海外版ではその内容に大きな違いがあるのだとか!?

そこで、今回は日中のTikTokの違いを3つの観点から

もっとみる
ありがとうございます!フォローもよろしくお願いします✨
13

中国コスメ 前夜?

皆様。〈チャイボーグ〉ってしってますか?
〈中国コスメ〉詳しく知ってますか?

正直僕は男なので全くわかりませんでしたし、今後もわからないかもって思ってます。じゃまず何かを説明しましょう。

"チャイナ"と"サイボーグ"をかけ合わせた造語で、 サイボーグのように完璧すぎて人間離れしている中国美女のことを指します。 韓国の「オルチャンメイク」が平行眉にオレンジ系コスメを多用した可愛らしいイメージなら

もっとみる
ありがとうございます!フォローもよろしくお願いします✨
3

日中お互い良いところを学ぼうVol.1〜情熱中国大陸〜

始めて日本に旅行に来た中国人は、以下の驚きの言葉を必ず誰もが口にする。

「哇塞」(うわあ!)

「怎么这么干净!」(なんでこんな綺麗なんだ?)

「洗手间怎么可能这么干净啊!」(トイレが有り得ない程綺麗!)

「人人都很亲切体贴」(人が皆とても親切で優しい)

「想像中的日本和实际上的完全不一样」(想像してた日本と全く違う)

「很有礼貌、素质很高」(礼儀正しく素養が高すぎ)

日本に滞在してい

もっとみる

TikTokは、短編動画プラットフォームを制し新たなビジネスを創出するのか

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国発の短編動画共有アプリ「TikTok(抖音)」は、流行語大賞の候補になるほど日本でもヒットしている。しかし、ここにいたるまでの中国の動画プラットフォームは実

もっとみる
ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
8

中国のKOLマーケティング、網紅(ワンホン)の選抜が成功の鍵

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回、前々回と「親日女子」が、中国でのインフルエンサーとして魅力的な存在であるということを紹介した。それは「親日女子」が「中間層以上で日本好き」という明確なセグ

もっとみる
ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
9

週刊中国ニュースクリップ(2017/11/19-25)

[グーグル]グーグルが再び中国市場へ? 華人ラッパーを起用し、カメラ翻訳の広告を開始
[中-ミャンマー]「ロヒンギャ問題解決のための3段構想を提案」と王毅外相
[双十一]大型ブランド店に続けと、大躍進を見せた「ネットインフルエンサー店」
[流通]ファミリーマート、上海で生鮮食品の取扱を開始
[消費]ビクトリアズ・シークレット進出は中国の下着概念を換えるのか? ショーチケットは170万円で売買も

もっとみる

【ぶんぶくちゃいな】娯楽死す? 政府が始めたネットインフルエンサー潰し

前回の「【ぶんぶくちゃいな】「インターネット安全法」施行日に個人情報争奪戦勃発」で取り上げた、「インターネット安全法」の施行がその後、予想もしていなかった方向へと規制の手を伸ばし、中国のネット利用者を困惑させている。

6月7日、中国の主要コンテンツプラットホームから主に芸能人のゴシップネタをウリにしてきた19アカウントが突然削除されたのだ。

もちろん、というのもなんだが、「ネット2.0時代」入

もっとみる
ひゃっほーい!
1