東山区

京都府内の石造物㉙:六波羅蜜寺宝塔(阿古屋塚)

名称:六波羅蜜寺宝塔

伝承など:阿古屋塚

所在地:京都府京都市東山区 六波羅蜜寺

京都市東山区の六波羅は、平安時代末期に平家の邸宅があったことで知られ、その後鎌倉時代にも六波羅探題が置かれた場所でもある。

平家一門の邸宅や六波羅蜜寺があった場所は現在の六波羅蜜寺のあたりと言われるが、この六波羅蜜寺も平家ゆかりの寺院であり、平安時代に空也が開いた古刹で、境内の宝物館には鎌倉時代の肖像彫刻とし

もっとみる

京都府内の石造物㉕:東福寺五輪塔

名称:東福寺五輪塔

伝承など:なし

所在地:京都府京都市東山区本町 東福寺

京都五山第四位の格式を持つ東福寺は、広大な寺域に多くの塔頭を持つ大寺院であり、また紅葉の名所としても知られる。

境内でも人気の紅葉スポットで観光客で賑わう通天橋(一枚目)を渡った先にある愛染堂の傍らには、重量感のある五輪塔が一基建っている。

無銘で伝承なども特にないが、鎌倉時代後期の完形の五輪塔であり、非常に風格

もっとみる

京都府内の石造物⑰:今熊野観音寺層塔、宝塔、五輪塔(伝・藤原忠通、藤原長実、慈円の墓、島津義久逆修塔)

名称:今熊野観音寺層塔、宝塔、五輪塔

伝承など:藤原長家、藤原忠通、慈円(以上宝塔)、島津義久逆修塔(五輪塔)

所在地:京都府京都市東山区泉涌寺山内町 今熊野観音寺

泉涌寺の塔頭の一つである観音寺は、「今熊野観音寺」と通称され、寺伝では弘法大師空海の創建と言う。

本堂に向かって左に建つ寺務所の前に、古様の三重の層塔が建っており、寺伝ではこれを創建当初のものとしている。

平安初期までは遡れ

もっとみる

京都府内の石造物⑯:即成院宝塔(伝・那須与一の墓)

名称:即成院宝塔

伝承など:那須与一の墓

所在地:京都府京都市東山区泉涌寺山内町 即成院

即成院は皇室の菩提所として知られる泉涌寺の塔頭であり、平安時代後期に橘俊綱(藤原頼通の子)によって創建されたと言う。

同寺は弓の名手として名高い那須与一宗高ゆかりの寺で、屋島の戦いの後で病気平癒のためにこの寺を訪れた与一が、阿弥陀如来の前で没したと言う伝承がある。

境内には那須与一の墓と伝えられる宝

もっとみる

京都府内の石造物⑩:京都国立博物館層塔(伝・佐藤兄弟の墓)

名称:京都国立博物館層塔(旧馬町層塔)

伝承など:佐藤継信・忠信兄弟の墓)

所在地:京都府京都市東山区 京都国立博物館

京都国立博物館の敷地内の庭には、中世の石造物が多く展示されているが、その中でも一際目を引く大型の石塔が、旧馬町の層塔である。

元々は同じ京都市東山区の馬町の路地にあり、二基並んで建っていたことから源義経に仕えた佐藤継信・忠信兄弟の墓と言う伝承が生じた。

もとより伝承の域

もっとみる

京都府内の石造物⑧:安養寺宝塔(慈円の墓)

名称:安養寺宝塔

伝承など:慈円の墓

所在地:京都府京都市東山区円山 吉水(円山)弁財天堂

京都の円山公園の奥に「円山弁天堂」と通称される弁財天をまつった吉水弁財天堂があり、その堂裏に一基の宝塔が建っている。

弁財天堂は、北に隣接する安養寺の境内外仏堂であるために、宝塔は「安養寺宝塔」と通称され、安養寺を開いた平安時代末期から鎌倉時代初期の高僧・慈円の墓とされている(案内板には慈円の諡号で

もっとみる