日原街道

奥多摩の景色016

こちらの写真も初期の代表作だ。 日原街道を仕事の為にカブでくだっていくと、霧に包まれたところに突如光が刺す。 それはそれは神秘的な風景だった。 PENTAXのk-10で撮影したこの頃、 写真への熱くて煮えたぎる情熱に満ちていたな。 初心へ帰ろうか。

奥多摩の景色003

奥多摩は靄が発生する事が多い。 雨が降った次の日に晴れると特に。 道をバイクで進む私がカーブを曲がった時に突如現れるこのような景色。 まるで神が降臨するのではないかと思うほど、神秘的である。

スキ
1

未解決の死体遺棄事件と「手」と「髪」……日原バラバラ怪談/吉田悠軌・怪談解題

20年ほど前に、東京西部・奥多摩の山中で発生したバラバラ死体遺棄事件。その調査をはじめた筆者は、現場周辺が事件と怪談の頻発スポットであることを探り当てた。それは単なる偶然の一致なのか、それとも……? 文=吉田悠軌 吉田悠軌(よしだゆうき) 怪談サークル「とうもろこしの会」会長、「怪処」編集長。怪奇スポットや都市伝説現場へのリサーチを各種メディアで発表する“オカルト探偵”。写真は今回の現場、蜂谷橋前にて。 一 夜のキャンプ場に響きわたる怪音 2003年、まだ肌寒い初春のこ

スキ
13
有料
100
+27

8月7日 1/3 奥多摩駅から日原鍾乳洞への道

スキ
33