ねこと赤ちゃん 5ヶ月め

このベビーイスは、一人で座ることができない赤ちゃんに座っておいてもらえる優れものである。
じっとしていただきたいときや、離乳食を食べていただくに非常に重宝する。

座ると、一気に人間ぽさがでる。
猫もさぞ驚いたに違いない。

もっとみる
ありがとう!
1

ねこと赤ちゃん4ヶ月め

ねこのおもちゃと赤ちゃんのおもちゃは競合する。
転がるもの、揺れるもの、掴みやすいサイズ感のもの。

赤ちゃんが自発移動できないとわかってからは、猫は新しいおもちゃをエンジョイし放題なのだった。

もっとみる
ねこだいすき!
3

ねこと赤ちゃん 3ヶ月め

好奇心は猫を殺すのか。

赤ちゃんが無害化するときを狙って、においを確かめにいく。

敵なのか、ねこなのか、なんなのか。

もっとみる
ねこだいすき!
6

四コマエッセイを135日間毎日描いて思ったこと

コロナ騒ぎが徐々に大きくなっていった2月下旬から今まで、私はTwitter上で「はれのちはるち」という四コマエッセイをほぼ毎日更新していた。

飽き性で三日坊主の私がよくもここまで描き続けられたなぁという記念に、この「はれのちはるち」について色々語ってみたいと思う。

何故始めたのか

・仕事が無くなってやることがなかった

2月下旬の頃の私は、とにかく暇だった。

というのも、私はイベント系の派

もっとみる

ねこと赤ちゃん 2ヶ月め

3人と1匹の共同生活スタート。ねこ中心の生活が一変する。

私自身の変化として、特に問題なかった夫のにおいが嫌いになった。あんなにかわいいと思っていた猫がそうでもなくなった。出産とはかくも人を変えてしまうものなのか。

その節は申し訳ないことをした。

人はねこを視界に入れないように、ねこは人の視界に入らないように。

※左下は赤ちゃんの髪の毛

もっとみる

仕事がないから昔描いた政治漫画「トランプ君」を掘り起こした結果・・・

相変わらず仕事がないので、昔の四コマを掘り起こしてみました。
現大統領が当選したばかりの頃に、これからは政治漫画じゃーと意気込んでいたのですが、その後全然続かなかったものでございます。いくつかは描きましたけれど。
そして調子に乗ってインターナショナルバージョンまで作ってしまったのでありました。

日本語バージョン

インターナショナルバージョン(^^ 

反転したらデッサンのずれがわかりすぎて辛い

もっとみる
ありがとうございます、やったー
1