公募生活

エッセイ② 不安と恐怖が私に小説を書かせている。それは結構辛い。

相変わらず不安感が酷い。なにもかもが不安で、不安の対象が分からないから、対処のしようがない。

 そのため、出そうとしていた長編文学賞を一つ諦めた。その替わりに、締め切りが同じ短編の賞に出してみようと思った。プロットをノートに書き始めたのだが、上手くいかず、頭の中にストーリーだけが滅茶苦茶に詰まったまま書き出さなければならなくなった。短編だからいいが、これが長編だったらやっぱり不可能だったと思う。

もっとみる