ラティーナ2020年9月

[2020.09]【連載|ブラジル(と新宿)から世界を見る “ペドロスコープ”①】熱帯の真実の「明るさ」と「影」



文●ペドロ・エルバー

ペドロ・エルバー(Pedro Erber)

哲学者、批評家。1975年リオデジャネイロ生まれ。現在は早稲田大学准教授。2019年まで米コーネル大学准教授。美術史ジャーナル「ARTMargins」編集者。アート、美学、政治思想、文学についての多くの執筆がある。主な著書に『Breaching the Frame: The Rise of Contemporary Art

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
9

[2020.09]塩谷 哲の「人生を変えた3枚、1作、1冊」



塩谷 哲●プロフィール
 ピアニスト/作・編曲家/プロデューサー
 東京藝術大学作曲科出身。在学中より10年に渡りオルケスタ・デ・ラ・ルスのピアニストとして活動(93年国連平和賞受賞、95年米グラミー賞ノミネート)、並行してソロアーティストとして現在まで12枚のオリジナルアルバムを発表する。自身のグループの他、小曽根真(p)との共演、佐藤竹善(vo)との”SALT & SUGAR”や上妻宏光(

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
6

[2020.09]角銅真実の「人生を変えた3枚・1作・1冊」



角銅真実(Manami Kakudo)
 音楽家、打楽器奏者。
 長崎県生まれ。マリンバをはじめとする様々な打楽器、自身の声、言葉、オルゴールやカセットテープ・プレーヤー等身の回りのものを用いて、自由な表現活動を国内外で展開中。自身のソロ以外に、バンドceroのサポートをはじめ、原田知世やORIGINAL LOVEなど、様々なアーティストのライブへの参加、レコーディングで携わるほか、CM・映像

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
10

[2020.09]フェビアン・レザ・パネの「人生を変えた3枚、1冊」



フェビアン・レザ・パネ●プロフィール
 東京生まれ。父はインドネシア人、母は日本人。1983年東京芸術大学音楽学部作曲科卒。
 ピアニストとして大貫妙子、小野リサ、川井郁子など幅広いジャンルのアーティストのサポート活動を長く行う一方、久石譲、千住明などの作曲家からの指名によるCMや映画音楽などのレコーディングにも数多く参加している。全曲オリジナル曲によるソロピアノのアルバム制作やライヴ活動も継

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます!
5

[2020.09]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ②】ヴァイオリン、教会の坊さん、「洗礼者ヨハネに捧げる踊り」 ―ミクロネシア・ヤップ島のカトリックと音楽―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 大航海時代、世界各地にカトリックを広めたのがイエズス会士でした。F.ザビエル (1506-1552)もその一人。この頃、宣教師たちはモノフォニー(単旋律)のグレゴリオ聖歌に加え、ポリフォニーのミサ曲等もうたっていました。複数のパートが同等に進行するポリフォニーに対して、メロディと伴奏からなるのはホモフォニー。宣教師たちは、耳からも文化の違いを感じ取りまし

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
4

【e-magazine LATINA】の編集長が今週聴いてほしい世界の新譜からの5曲[9/21更新]

[無料記事][2020.09.21]

文●花田勝暁

 こんにちは〜! 連休真ん中ですが更新します!  新企画3回目!!!
 連休後半のちょっとしたBGMにしていただけたら嬉しいです!

  【e-magazine LATINA】 は、すでに情報量が多いと思うので、何を聴いていいかわからないという人のために、
 編集長の花田が特に聴いて欲しいと思った曲を新譜を中心に毎週数曲紹介しています。

 

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
43

[2020.09]バルトロメイ・ビットマンの「人生を変えた3枚・1作・1冊」

[無料記事]

バルトロメイ・ビットマン(bartolomey bittmann)
 ウィーンを拠点に活躍する革新的ストリングス・デュオ。多くのフォーク系、クラシック系のグループで活躍してきた雑食系ヴァイオリン奏者クレメンス・ビットマン(マンドーラも演奏)と、120年間ウィーン・フィルに貢献する名門家系に育ったクラシックのサラブレッド、マティアス・バルトロメイ(チェロ)の二人組。とある音楽プロジェ

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます!
7