ミノサン

2019年振り返り #ヘップサンダル

川東履物商店のむねです。

履物産地である奈良から、その良さを発信しています。

2019年は自分にとって準備の年であり、たくさんの方と出会うことができました。ありがとうございました。

そのご縁もあって、たくさんの方と履物・サンダルを作ることが出来ました。2019年にぼくが手掛けたサンダルを振り返ります。

■ミノサン(初)

最初にして最大のインパクトを放ったサンダル。

幻冬舎で編集者の箕輪

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!
19

『#ミノサン 誕生秘話』熱狂を生み出したサンダル制作の舞台裏【夕刊ミノ】関西チーム

こんばんは。箕輪編集室関西チームのむねです。1月18日(土)の夕刊ミノをお届けします。

箕輪編集室から生まれた「ミノサン」というサンダル制作の担当をしています。一部の人々には、「サンダルの人」というキャラが少し定着してきました。奈良の履物文化を発信したい! と思う私にとっては嬉しい限りで、これも沢山の方々に面白がっていただけているおかげです。

令和元年の夏。公共施設などで長く愛される便所サンダ

もっとみる

阿波おどり限定ミノサン

いよいよミノサン”阿波おどり限定モデル”が発売です。

箕輪さんがオンラインサロン内で「グッズを作りたい」という発案から始まったこの商品企画。

第一弾はオンラインストアにて、1日で完売するという人気ぶり。
さらに価格は黄色1足を13万円、残りは全て100円という驚異の価格設定。世間に大きなインパクトを与えました。

ミノサンは、全国で手に入れられなかった人が続出しました。そして13万円で大衆から

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
5

ミノサンは最先端である

縁あってミノサンを、箕輪さんに届けたむねです。

ファッション関連の記事をザッピングしていたら「これはおもしろい!」と思った記事がありました。英語でしたので、私も満点の翻訳はできないのでここはどなたか訳してくれる方が現れないかと呟いてみたところ…

同時通訳のプロの方が箕輪編集室におられ、快く記事を翻訳してくださいました!

轟さん、早速取り組んでいただきありがとうございます!

以下が個人的に感

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
1

つっかけサンダルが新たなダッドスニーカーに?

物議をかもすこのサンダルのトレンドは、サスティナブルにも見える。
ヴァネッサパウエル 2019年7月2日

昨今の最新ファッションのひとつはマニキュアブームの後、プールサイドの履物:フリップフロップでした。 非常に物議を醸すモノにも関わらず、ゴム草履(米/豪:Thong) は、特に今シーズンのファッションブランドやファッショニスタと共に、業界から受け入れられた。 Yeezy Season 8のPV

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!
7

『恩の循環』を体感した話

ここ1ヶ月ほどでつくづく感じたこと。

最近、色んなコミュニティに参加させていただいてる。っていうのは、ただただオーディエンスとしての参加ではなく、手を動かして時間を割いて、ときにはお金を出して積極的に動いたりしている。

普段、自分は履物の卸を営んでいるもんだから、”コミュニティへの参加”は完全に仕事の合間にやっている感じ。そして、それは決して嫌々ではなく、自分が参加できて作り上げられていく過程

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!
20