ベルトモリゾ

ベルト・モリゾの眼差し

連載「肖像画と女心」のスタートに向け、ネタの棚卸しをしている。

 今日は、ベルト・モリゾについて、手持ちの情報を片端から引っ張り出してみた。

エドゥアール・マネ、<スミレの花束をつけたベルト・モリゾ> 、1872年、オルセー美術館

 ベルト・モリゾ(1841~95)。

 印象派の女性画家。モネやルノワールに比べると、やや知名度で負けるかもしれないが、1874年の第一回から1886年の第八回

もっとみる

パリを振り返る〜圧倒的美人ベルト・モリゾ〜

有給消化中にパリへ行っていました。一人で!!(ちなみにフランス語は1ミリも話せませんし、読めません笑)

旅の一番の目的は美術館。好きな絵を生でみること。結果からいうと、目的達成。本当に心に残る旅でした。

パリは有名な美術館が沢山あるけれど、中でも断トツで良かったのは、印象派が多く所蔵されているオルセー美術館。もうねー、本当に胸がいっぱいになるような空間でした。

ちょうどBerthe Mori

もっとみる
貴方の本日の運勢:大吉!!
2