タイヤの話

基礎知識と地道なルーティンで、TLRの最高性能を引き出す

2020年はインナーチューブのないチューブレスレディを手掛けるメーカーが、一気に増えました。しかし、ハッチンソンのエンジニア、ジョエル・バレさんは「まがい物が多く、チューブレスレディタイヤの魅力が分からない」人たちがたくさんいるという。

推奨空気圧が最適とはかぎらない

ーー
推奨空気圧って、どのタイヤにも表記されていますけど、その範囲内でも、上限と下限では走行感が大きく違いますよね。

ジョエ

もっとみる
嬉しい!
18

11ストームに秘められた現代タイヤの基礎知識

前回に引き続き、ハッチンソンのエンジニア、ジョエル・バレさんのインタビューの続きをお届けします。ディスクブレーキ時代の到来とともにワイド化しつつあるロードバイク用タイヤ。その魅力と気をつけるべき点を忌憚なく技術者に聞き、忖度ナシに答えてくれています。

ジョエル
タイヤメーカーが製品説明するときって、
コンパウンドの話が多いですよね?

ーー
ええ、ケーシングについては、
繊維密度(TPI)ぐらい

もっとみる
よろしければ、シェアもお願いします
15

はじめまして! ハッチンソンタイヤです

タイヤが大切だって、
みなさんも知っていますよね。
でも、どれくらいって言われたら、
ちゃんと答えられる人は少ないはず。
タイヤのこと、
ハッチンソンを、もっと知ってほしい。
それはプラネットポディウムを始める前からの課題でした。
それなのに、ハッチンソンが自信を持ってリリースした新しいフュージョン5について、しっかりと説明ができていない。
というわけで、今回はハッチンソンタイヤのエンジニアで自転

もっとみる
やったー
17