ある家族の肖像

【今日の1作】I Know This Much Is True(ある家族の肖像) / ★★★★☆

許すことでしか乗り越えられない不幸

 本当にヘビーな作品だった。こんなに不幸レベルの高い不幸は久々に観た。何よりマーク・ラファロの一人二役の迫真の演技が観客を物語に引き込み、地獄を一緒に体験させる。”出口のないトンネルはない”、そう言えるのは本当の絶望を経験したことがない人だけなのかもしれない。ドミニクが窓を交換するために2階まで梯子を登った際、作家である家主が銃自殺し、その衝撃でドミニクが落ち

もっとみる
拙い文章でしたがありがとうございます!
1

第11回 海外エンタメ考 意識高いとかじゃなくて

「yom yom vol.64」2020年10月号(2020年9月18日発売)より、冒頭部分を公開しています。

本稿で取り上げている主な作品は、映画「スペシャルズ!」「ある画家の数奇な運命」、海外ドラマ「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」ほか。

*第11回の全文はWEBマガジン「wezzy|ウェジー」に転載されています。

障害者の家族の「セルフケア」について考える。

もっとみる

【エミー賞主演男優賞受賞】「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」主演、マーク・ラファロが語る作品の裏側

本記事では"ハルク"でおなじみのマーク・ラファロが「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」について語ったインタビュー内容をご紹介。

原作小説に深く感動し、自ら映像化権を得て製作したという本作。難しい双子の役どころを演じ分けるにあたって、シアンフランス監督とはどのようなやりとりがあったのかなど、マーク・ラファロにとって全く新しい挑戦となった本作の裏側を知ることができます。

もっとみる
スキ、ありがとうございます。
4

「僕のイマジネーションが向かう先はカタルシスなんだ」デレク・シアンフランス監督インタビュー

スターチャンネルEXで絶賛配信中の『ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー』。本記事ではデレク・シアンフランス監督のインタビューを掲載。

9000字近くありますが、最終話後のクレジットの意味や、この一見悲劇的な物語の先にある救いについて、非常に興味深く語って頂いています。

全話見終わった方にこそ、絶対読んで頂きたい内容です。

Q:マーク(・ラファロ)からアプローチがある以

もっとみる
よければフォローも。
2