井上春香

暮らしをテーマとした月刊誌の編集部に所属し、取材・執筆に携わる。その後、実用書やエッセイ、絵本を中心とした書籍の出版社で広報・流通業務などを担当。現在はフリーランスの編集・ライターとして活動中。山形生まれ、東京在住。

コロナ禍と宇多田ヒカルの音楽

2021年にSpotifyで最も再生回数が多かったのは、私の場合、宇多田ヒカルの「One Last Kiss」だった。 ロンドンがロックダウン中だったこともあり、全編リモート制作による…

1か月前

ひらかれる介護とその周辺。『かいごマガジン そこここ』

私にとっての介護とは、身近なはずなのにどこか遠く、想像ができないぶん暗く、重かった。実際のところはどうなのだろう。介護にまつわるいろいろは、ごく自然に、日常のそ…

1か月前

ベターでもベストでもなく“ナイス”。『松野家の荒物生活』

実体があるようで無い「ていねいな暮らし」というフレーズ。そもそも、暮らしというものは一人ひとり違う。ひとりぐらしの人もいれば、家族や親しい人と暮らしている人もい…

1か月前

はじめに

2020年以降、コロナ禍という状況と個人的な環境の変化もあり、自分の内面に意識が向くことが多くありました。私という人間の性格や個性。人と比べてどうなのか。他人からみ…

2か月前