新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

差別されたのはヨーロッパでなく、日本でだった。[3/27追記]

閉じ込められている。

今の気持ち。私は先日ヨーロッパから留学を急遽取りやめ帰国し、今都内のホテルにいる。留学がとりやめになったとき、私は泣かなかった。今になってようやく涙が出てきた。あの留学期間は夢だったのかもしれない。私はずっと、長年行きたかった国の夢を見ていたんだ。

「ヨーロッパでのアジア人差別」が沢山報道されていた。私も道ばたで怒鳴られたことがある。それでも、日本の差別の方がずっと酷かった。
今、たくさんの留学生が帰国し、不安になっている人も多いと思う。ただ、怖がる前に今私たちが置かれている状況を分かって欲しい。そのために経緯と問題点をまとめました。

経緯

政府が「危険レベル」を2(不要不急の渡航はだめ)にした時点で、大学から一時帰国の要請があり、奨学金も給付されないとのことで急遽帰国した。帰るのはそれほど大変ではなかったが、「ヤバい」のはここからだ。

帰国した際政府から次のような「要請」があった。

〇14日間自宅またはホテルで待機
〇公共交通機関を使わない

の2点。自家用車もしくはレンタカーで自宅まで帰ることはオーケー、それができない場合はホテルに待機しろとのこと。そして、これがびっくりなんと自費である。意味わからん。
政府がホテルや移動手段を手配してくれることもお金を援助してくれることもない。「要請」なんだから無視して帰れば?と言われたが、私は帰れなかった。理由は

1.申告書にホテルに滞在することを記入し署名した(させられた)
2.実家が地方のため「公共交通機関」を使わないことには帰ることができない
3.もし私が帰宅後に「感染」しているとなった場合バッシングを受けることは確実

の3つ。1の拘束力がどれほどかは分からないが、私は感染していた場合のバッシングが一番怖かった。人は怒り、政府は責任を私に押し付けるだろう。ネットニュースのコメント欄を見てみるといい。「ヨーロッパからの帰国者は日本に入れるな」の呪詛で溢れている。私の家族にもバッシングが及ぶかもしれず、個人情報を晒されたらきょうだいも傷つくかもしれない。仮に感染したからと言って私のせいではないが、「世間」は私のせいにしたがるだろう。

今泊っているホテルに宿泊延長を申し込んだところ、理由を聞かれ、正直に答えると延長を拒否された。今後徒歩圏内の別のホテルに移動する予定だ(なぜなら公共交通機関を使ってはいけないから)。


問題点とお願い

今回の帰国にあたり、問題点は以下のことだと思う

1.奨学金の支給停止
2.政府が要請を出しているにも関わらず宿泊先を手配しない。
3.政府、奨学金団体、大学からの金銭支援が一切ない。
4.「帰国者が病気を持ってくる」という「空気」(印象)作り
5.ホテル側の宿泊拒否
6.感染者への不当なバッシング
7.そもそもこの方針に意味あるのか?

まずは1。日本政府が「危険レベル」を2以上にした時点で多くの奨学金団体が給付の停止を決定。これで、多くの学生が帰らざるを得なくなった。アルバイトもしにくい留学では、奨学金がないと現地で暮らしていくことは難しい。そこに追い打ちをかけるように2。支援どころか金を使わせる国ってどうよ。2週間滞在すれば、少なくとも20万はかかる。それを払うのは私と私の家族。そうでなくとも、私の両親はコロナウイルスの流行の影響で収入が減っている。ちなみに政府はそれも支援していない。また、自家用車で帰るなら良いという東京中心主義。どうやら政府の日本地図には関東しか載っていないようだ。

3に関しては、大学によっては支援をしているところもあるよう。それでも政府が支援(以下略

4。確かにヨーロッパでの感染拡大はすごいが、日本国内での感染もあるはずだ。帰国者の「感染」が多いように見えるのは、検査を受け「○○からの帰国者」と報道されるからということにもあると思う。私には、病気を「海外」のせいにしたがっているように見える(なお、人間が病気を「外国」のせいにしたがっているのは昔からで、病気と文学をみるとよく分かる)。これに関連し、5,6が起こる。でも、感染者に責任はない。また、今この状況では、どこから感染してもおかしくない。特定の人(人種、階級など)に結び付けるのは明確な差別だ。

7は、感染してからの潜伏期間が長いこの病気に対し、14日間の自主隔離が果たして効果的なのか疑問がある。東京でも感染者が増加しており、ホテルだって環境が良いとは言えない。これが本当に「感染拡大防止」として役立っているのか疑問だ。


これにあたって「当事者」からのお願いとしては、どうか帰国した留学生を邪険にしないでほしい。留学を中断され、不要にお金を払わされた学生をこれ以上爪弾きにしないでください。バッシングがないだけでも、精神的にとても楽になります。ウイルスをばらまこうなんて思って帰ってきてません。また、政府に支援を要求するのは我がままでもなんでもありません。14日間の待機と公共交通機関の利用自粛を要求するなら、相応の支援をすることが本来は当たり前です。

また、現在署名運動を行っている学生もいます。私も署名しました。


そして、地方出身で今東京に滞在している帰国者の方、乗り越えよう...と言いたいけれど、私もどうしたら良いか分からない。孤独で、辛いですよね。でも、酷いことを言われたとしても、これは私たちのせいではない。何とか多くの人にこのことを知ってほしい。

【追記】(3/25)

奨学金に関して。日本学生支援機構は、帰国が困難な学生、帰国後オンラインで留学先での勉強を続ける学生にも奨学金が支給されることを決めたようです。

【追記2】(3/27)
サポートやメッセージを下さった方、ありがとうございます。
現在返信をしているのですが、相手のお名前を間違って書いたまま返信してしまったことがありました。ごめんなさい!!送ってから「あ!」と思ったのですが、もう一度送ることはできないみたいなのでここに書きました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

おすすめ本は氷菓
428
ジェンダーと英文学を勉強している大学生です。
コメント (13)
いきなりすみません。私も先週アメリカから緊急帰国しました。大変な中、この現状について出してくださり、ありがとうございます。先日私と他の緊急帰国したメンバーで緊急帰国者の経済面、衛生面の改善を求める署名活動始めました。もし賛同してくださりましたら、署名してくださると嬉しいです。共に乗り越えていきましょう!http://chng.it/BydVbjNtZ2 ←署名ページです
ジャネテさん
素敵な記事と言って下さりありがとうございます。
ウイルスに加え、差別はより怖いですよね……。せめてそうした不安がなくなるように、私もできることをします。
Sayaさん
ありがとうございます。
署名ページ見てみます!
少しは何処から発症して日本や世界に持ちこまれたかってのを考えればいいのじゃないかねぇ。
日本の行政の不備を【差別】に置き換えるのは【卑怯・卑劣】と考えますわな。
そのまま、海外の留学地に居られた方が良かったんじゃないかねぇ。
海外の方が酷い状況じゃなかったからじゃないのかい?
もし追い返されたのなら、それこそ【差別】ではないのかい?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。