見出し画像

子どもと仕事

保育園での息子は女の子にモテるらしい。

おやつの時の俺の隣の席は取り合い、お絵かきの時の席も俺の横の取り合い。みんなと一緒に遊ぶのが好き。でも僕のせいで喧嘩するのは嫌派…。

…君なかなか、やるじゃない?

いーじゃんいーじゃん!と母は思っていた。モテ期早いんじゃない〜?なんて軽く思っていたけれど。ある日担任の先生が、「息子くん、みんなの相手してるから、みんな帰ったあとホッとして伸び伸びと過ごしています。」と教えてくれた。

あらま。そうなの?

なんとなくそれで思い返してみた。家に帰った後の彼のことを。欲しいと言ったものは欲しいし、抱っこにおんぶ、床に座ってたら後ろから登ってきて前に落ちていく。要は甘えん坊の坊坊やになっているなと。

そうか、反動か。

その彼の行動が過ぎると鬱陶しいと感じる時もあった。帰ったら保育園のものの片付け、夕飯の支度、洗濯物畳む、はいはい!おしっこ出るのね!(友だちとLINEもしたい)風呂入れる、乾かす、絵本〜、あ〜もうこんな時間、、となる日は少なくなかった。

息子は息子で、彼の社会で疲れていた。

その疲れを癒すのは家だとしたら、家で私が余裕がなかったら?


そんなふうに考えたら、程よく仕事しようと思いました。彼女と彼の目を見て過ごしていたいし、頬を触ってハグをしていたい。余裕って勝手にできるものじゃないよね。頑張って作り出すものでもないと思うけど。

1年生の娘もそうだけど、子どもたちも子どもたちで夕方は疲れてる。私も疲れている。私だけじゃないということ。それが気がつけてと良かったーって話でした。

でも金曜は忙しいのでちょっと延長する日が増えるかも。その次の日はいっぱい遊ぼうね、可愛い子どもたちよ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
イライラしたら太衝!
はりきゅうHARUのブログへようこそ。 岐阜市・柳ヶ瀬にて小さな鍼灸院を営んでいます。 鍼灸師・2児の母 趣味でロゴデザイン、出生時間からわかる諸々、フットワークは人一倍軽くてどこへでも行きます。