見出し画像

実技1【過去問私的解説&ヒント】第54回気象予報士試験

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのnoteです。

ここでは独学で実技試験を突破した晴野(はれの)が、令和2年8月の「第54回気象予報士試験の実技1」を「自分だったらこう解くよ!」という過去問解説をお伝えします。

令和2年8月の 第54回気象予報士試験の 実技1の問題と回答を 持っている人向けの 内容です。

もし第54回気象予報士試験の問題と解答を持っていなければ、まずこちらでダウンロードしてください。

気象予報士試験・問題と解答のダウンロード


模範解答に関しては「気象予報士試験・問題と解答のダウンロード」で手に入りますから、手元において、この記事をご覧ください。

このnoteは、出版社が出してる「過去問解説」ではなく、晴野(はれの)的過去問解説…要するに「個人的な模範解答にたどり着くまでの情報」を共有していきます。

令和2年8月の 第54回気象予報士試験の 実技1の問題と回答を 持っている人向けの 内容です。 (1)

問1(1)地上天気図解析


【問題文】

スクリーンショット 2020-09-17 17.44.42

(1)地上天気図では、九州に中心気圧1018hPaの低気圧があって、(①)に(②)ノットの速さで進んでいる。
この低気圧の中心から華南および東海道沖にかけて停滞前線がのびており、この前線周辺の南シナ海、東シナ海、東海道沖、および関東の東の海上では、(③)警報が発表されている。

前線の北にある松江では、中層及び下層の雲は(④)が主となっており、前1時間内に止み間が(⑤)(⑥)が観測されている。
また、前線の東北東に位置する東京では前1時間内に止み間が(⑦)(⑥)が観測されている。
一方、前線の南にある鹿児島と名瀬では、いずれも下層で(⑧)が観測されており、天気は鹿児島では(⑨)、名瀬では(⑩)となっている。
前線に対応するように、500hPa天気図では概ね、(⑪)mから(⑫)mにかけての等高度線に沿って強風軸がみられる。
また、850hPa気温・風、700hPa鉛直流解析図によると、九州から台湾海峡にかけて、500hPaの(⑫)mの等高度線のすぐ南側に沿って(⑬)の大きな領域が連なっており、この付近の850hPaでは(⑭)℃と(⑮)℃の等温線の間隔が狭くなっている。

スクリーンショット 2020-09-17 18.05.17

①の答え「東」②の答え「15」ノットで進んでますね。

スクリーンショット 2020-09-17 18.12.51

③の答えは「海上濃霧」警報。

スクリーンショット 2020-09-17 21.53.11

▶︎海上警報の記号はこちら

④の答えは「層状雲」。

スクリーンショット 2020-09-17 22.01.47

▶︎雲の記号まとめはこちら

⑤⑥の答えは止み間の⑤「ない」⑥「弱い雨」。

松江の現在天気を問われてますね。

スクリーンショット 2020-09-17 22.01.47

▶︎天気記号まとめはこちら

⑦の答えは「ある」。
止み間が⑦「ある」⑧「弱い雨」

東京の現在天気を問われてます。

スクリーンショット 2020-09-17 22.43.52

▶︎天気記号まとめはこちら

⑧の答えは「対流雲」。

鹿児島と名瀬の下層雲を問われてます。

スクリーンショット 2020-09-17 22.49.07

▶︎雲の記号まとめはこちら

⑨の答えは「並または強いしゅう雨」。
⑩の答えは「弱いしゅう雨」。

⑨鹿児島と⑩名瀬の現在天気を問われてます。

スクリーンショット 2020-09-17 22.49.07

スクリーンショット 2020-09-18 10.27.14

▶︎天気記号まとめはこちら


⑪と⑫の答えは「5700」と「5760」。

前線に対応する強風軸がどこにあるのかを問われています。

500hPaの天気図と地上の前線を重ねてみると・・・地上の前線の北側に強風域がありますよね。↓

前線とのレイヤー

パッと見た感じ、5700m前後から5760mくらい(ピンクの部分)に強風軸があるのがわかりますね。↓

強風軸

※500hPa天気図の等高度線は60mごとです。

⑬の答えは「上昇流」。

500hPaの強風軸が存在している5700m前後から5760mくらい(ピンクの部分)を、850hPa気温・風、700hPa鉛直流解析図に重ねるとこうなります。↓

強風軸レイヤー

↑上の天気図のピンクのラインの南側に 鉛直P速度の負の領域があるのがわかりますね。


⑭と⑮の答えは「9」と「12」。

鉛直P速度が負(上昇流)の領域で等温線の間隔が狭くなっているところを問われています。

ということは・・・6℃線と9℃線の間はやや広いから9℃線と12℃線が答えとして適当ですね!

強風軸レイヤー 温度線


では次やってみよー

問1(2)どっちの[GW]が移動する?理由は? 

【問題文】図1には、日本の南と日本のはるか東に[GW]の表示がある。
この[GW]で示された海上警報の範囲が、時間の経過とともに移動するのはどちらか、下枠の中から選んで答えよ。
また、移動する理由を30字程度で述べよ。

※[GW]=海上暴風警報

スクリーンショット 2020-09-18 11.44.13

スクリーンショット 2020-09-18 11.51.44

日本の南の[GW]は、その北側の低気圧(東に15ノットで移動している)に伴うものでしょうね。

日本のはるか東の[GW]は、その北側の低気圧(ほとんど停滞している)のせいかな。

それぞれの[GW]の原因となっている低気圧が、移動しているものと停滞しているものなので・・・

答えは

対象範囲が移動するのは:日本の南の[GW]

理由:日本の南の[GW]は東に移動している低気圧に伴うものであるから。

↑模範解答は「であるため。」で終わってますが、自分だったら「〜だから。」って書きそうです。

でも模範解答の文章を繰り返し真似ていれば、似たような文体で書けるようになりますよ〜

では次やってみよー

問1(3)強風軸・風・雲の関係

【問題文】図2と図4を用いて、以下の問いに答えよ。

スクリーンショット 2020-09-18 13.11.03

①は強風軸を記入する問題です。
もし強風軸が2本以上あったら、南側を優先っと。

300hPaの天気図には、破線で等風速線が描かれています。

画像48

この等風速線のくさび型の先端を結んで強風軸を描くと・・・

画像49

黄緑の線が、私の描いた強風軸です。

模範解答と比べてみますね。↓

画像50

どうでしょう…合格点もらえそうですよね?(画像がぶれてるのは許して´д` ;)

では次!



スクリーンショット 2020-09-18 13.11.30

「等高度線の走向との関係」といえば、地衡風。

地衡風は等高度線に並行に吹くんでしたよね?

ということは、強風軸と等高度線を見比べると、等高度線の走向に沿ってない(反時計回りにズレています)ので・・・

画像52

だから②の答えは「風向は地衡風に対して反時計回りにずれている。」(22字)が私の解答。

模範解答はこちら↓

スクリーンショット 2020-09-18 15.11.43


はい次!


スクリーンショット 2020-09-18 13.11.45

図4と①の強風軸を重ねると・・・↓

強風軸と雲域

木の葉状の雲域の北側に、強風軸がありますね。

なので、私の回答は「雲域の北側の縁に沿って強風域が位置している。」(22字)

模範解答は↓

スクリーンショット 2020-09-18 16.04.28

余計な言葉を入れてしまって反省。( ˊᵕˋ ; )

はい、次ー!!!!

問2名瀬と舘野の様子

スクリーンショット 2020-09-18 13.46.25

状態曲線はややこしいけど読めますよね!

問2(1)名瀬の状況

スクリーンショット 2020-09-18 13.48.52

スクリーンショット 2020-09-18 13.49.18

名瀬の逆転層はこのへんだから・・・↓

スクリーンショット 2020-09-18 16.59.46

この高度の気圧は・・・↓

スクリーンショット 2020-09-18 16.59.46

上が740hPa、下が810hPaですね!

よって答えは
・上端:740hPa
・下端:810hPa

模範解答は「①上端:740(730)hPa, 下端:810(820)hPa」でしたので正解ですね♪

次!

スクリーンショット 2020-09-18 13.49.43

「雲が発生する高度」だから「持ち上げ凝結高度」のことですね。

しかも地上の空気の「持ち上げ凝結高度」なので、地上(985hPa)の空気を乾燥断熱減率に沿って上昇させ、露天温度と交わるところを探します。

持ち上げ凝結高度

上の状態曲線によると、960hPaまで持ち上げたら凝結するので雲が発生しますね。

なので私の答えは「960hPa」!

模範解答は「960(970)hPa」。

OKー!!!   次!


スクリーンショット 2020-09-18 13.50.05

②持ち上げ凝固高度から、湿潤断熱線に沿って上昇させた空気が、状態曲線と交わるのがここ↓

まる3

↑上の図によると、③は「780hPa」ですね。(о´∀`о)

模範解答は「③780(770,790)hPa」。

よっしゃー!  次!!!

スクリーンショット 2020-09-18 13.50.28

逆転層には次の3種類があります。

・接地逆転(放射逆転)
・沈降性逆転
・前線性逆転

①の逆転層は地面に接してないので「接地逆転層」じゃないです。

では沈降性か前線性か・・・

前線性の逆転層だと、逆転層内での湿度の変化は少ないです。

スクリーンショット 2020-09-18 21.57.00

沈降性の逆転層だと、逆転層内で上層ほど乾燥しています。

この時間の名瀬は停滞前線から少し離れていることを考えても、名瀬の逆転層は「沈降性逆転層」だと考えられます。

模範解答も「沈降性逆転層」!

では次!


問2(2)舘野の逆転層

スクリーンショット 2020-09-18 13.51.00

上の方の逆転層の上端の高度(hPa)と、その逆転層の種類を答えれば良いんですね!

画像60

舘野の状態曲線より、逆転層の上端は「790hPa」

・この逆転層は地面に接してないので接地逆転層ではないです。
・逆転層内が湿潤なので沈降性逆転層ではないです。

消去法では「前線性逆転層」です。

そして舘野は500hPa面の強風軸に近い・・・という条件を合わせて考えても「前線性逆転層」と判断して良さそうです。

模範解答は、
・上端:800(790)hPa
・逆転層の種類:前線性逆転層

令和2年8月の 第54回気象予報士試験の 実技1の問題と回答を 持っている人向けの 内容です。 (2)


問3日本にかかる低気圧を分析せよ!

図6は500hPa高度・渦度の予想図、図7は地上気圧・降水量・風の予想図、図8は850hPa気温・風,700hPa鉛直流の予想図、図9は925hPa気温・風の予想図であり、図6〜図8は12時間後(上)、24時間後(下)の予想図、図9は12時間後の予想図である。これらと図1〜図3を用いて以下の問いに答えよ。

使う天気図は
・図1〜図3
・図6は500hPa高度・渦度の予想図
・図7は地上気圧・降水量・風の予想図
・図8は850hPa気温・風,700hPa鉛直流の予想図
・図9は925hPa気温・風の予想図

問3(1)トラフを見つけて速度を計算しよう!

スクリーンショット 2020-09-18 13.51.39

500hPaの実況と予想天気図です。

スクリーンショット 2020-09-18 13.54.09

トラフが12時間後に「どこまで移動したか(経度)」と「移動方向」と「移動速度」を問われています。

まずは「どこまで移動したか」です。

12時間後のトラフの位置はここ↓

トラフ

正の渦度の極大値をと等高度線の折れ曲がり、狭くなっているところがトラフです。

高度5580m線とトラフが交わる場所の経度を出すわけですが・・・

目分量で「125°でしょー!」とわかる方はそれで良いと思います。(たぶん過去問で問題慣れしてる人ね。)

答えは「125°」です。


「いやいや目分量じゃなくて、確実な方法はないのか?!」と言う方には、多少時間はかかりますが、コンパスと定規を使う方法があります。


まず、経度を知りたい地点の近くにある「同じ緯度の経度線との2つの交点」から、コンパスで弧を描きます。

「同じ緯度の経度線との2つの交点」っていうのは、ここと↓

画像113

ここですね。↓

画像114

実際に弧を描くとこうなります。↓

画像115

画像116

次に、弧の交点を結びます。↓

画像117

この「弧の交点を結んだ線(青)」と「同じ緯度の経度線との2つの交点を結んだ線(黄緑)」の交点を出します。↓

画像119

もうお分かりですよね?

黄緑の線は、経度10°なので・・・ここからは定規(ものさし)で長さを測って割合計算をします。

画像118

でもこの方法は、ちょっと時間が必要なので、もっと良い方法募集中(私ももっと考えます!)。


で、移動方向は「東」。

トラフ  02

速さはトラフの移動距離を12時間で割れば時速(ノット)を計算できます。

まずトラフの移動距離を測るために、緯度10°のものさしをつくりまして。
(実際の試験では、トレーシングペーパーなどの端を使っても良いです。)

トラフ  03

この緯度ものさしで移動距離を測ります。

トラフ  04

↑移動距離は33/50ですね。

緯度10°が600海里だから・・・

600 × 33 ÷ 50 = 396 海里

396 海里を12時間で移動したので、396 海里 ÷ 12時間 =33ノット。

答えは5ノット単位で答えれば良いので、私の答えは「35ノット」! 


そして模範解答も
・東経125(124,126)°
・移動方向:東
・速さ:35(30, 40)ノット


では次やってみよー


スクリーンショット 2020-09-18 13.54.39

30日9時の天気図に、29日9時のトラフと29日21時のトラフの位置を加えました。

この30日9時の天気図からトラフの位置を・・・

トラフ  05

どこ?

正の渦度の極大値はあれど、等高度線が折れ曲がってない・・・トラフが不明瞭!

というわけで、②の答えは「不明瞭になった」!

模範解答も「不明瞭になった。」


では次やってみよー


問3(2)見たまんまの気圧と気温をまとめる!

スクリーンショット 2020-09-18 13.56.33

紀伊半島の南東に中心を持つ低気圧の前面の「関東の地上気圧」の
・特徴
・分布
さらに関連する大気下層の気温分布の特徴をまとめろって問題ですね。

みたまんま

関東地方の地上気圧の分布はこれ↓

スクリーンショット 2020-09-20 11.37.55

関東地方の等圧線が北東部から南西部に向かって凸状に突き出してます。(関東地方の気圧が周囲より高くなってます。)

下層(850hPa)の気温は(図8)こちら

スクリーンショット 2020-09-20 11.44.12

850hPaの等温線が、地上の等圧線のように南側へ凸状になっています。(関東地方の気温は周囲より低い。)

これをまとめると…「北東部から南西部に向かって周囲より気圧が高くなっており、下層の気温は周囲より低い。」(41字)


模範解答は→「北東部から南西部にかけて周囲より気圧が高く、下層の気温は周囲より低くなている。」(40字)

ま、ほぼ良いのではないでしょうか!
あなたは模範解答をまるっと覚えてください〜

では次やってみよー


問3(3)24時間後までの気温

スクリーンショット 2020-09-18 13.56.57

気温の問題です〜

スクリーンショット 2020-09-18 14.03.20

これが初期時刻の0°線位置(東経140°)↓

スクリーンショット 2020-09-20 12.45.57

で、12時間後の0°線の位置がこれ↓

スクリーンショット 2020-09-20 13.37.41

初期時刻と12時間後の0°線を重ねて見ると

画像85

初期時刻から12時間後の0°線の「移動方向は北」

移動範囲は平行線と定規を使うと測りやすいです。

画像86

↑上の図のようにして測ると、移動範囲は緯度10°の1/50です。

10° × 1/50 =0.2°

0.5°刻みで答えれば良いので、「移動距離は0.5°」


次、24時間後の0°線がこれ↓

スクリーンショット 2020-09-20 13.38.33

12時間後の0°線と合わせて見るとこうなる。(水色が12時間後・黄緑が24時間後)↓

画像87

「移動方向は南」。

移動範囲は、10° × 2/50 = 0.4°

画像88

0.5°刻みで答えれば良いので、「移動範囲は0.5°」!

まとめると

初期時刻から12時間後まで
移動方向:北
移動範囲:0.5°

12時間後から24時間後まで
移動方向:南
移動範囲:0.5°


模範解答も同じ↓

初期時刻〜12時間後の移動:北に0.5°
12時間後〜24時間後の移動:南に0.5°

では次やってみよー

スクリーンショット 2020-09-18 14.03.43

地点Aが暖気移流か寒気移流かを答えます。

まず初期時刻の天気図です。↓

スクリーンショット 2020-09-20 14.39.50

初期時刻は暖気移流ですね。

12時間後も暖気移流に見えます。↓

スクリーンショット 2020-09-20 14.52.43

24時間後は寒気移流に見えます。↓

スクリーンショット 2020-09-20 14.53.38

模範解答はこちら↓
②初期時刻:暖気移流の場
 12時間後:暖気移流の場
 24時間後:寒気移流の場

では次やってみよー

問3(4)12時間後の前線を解析せよ!

スクリーンショット 2020-09-18 14.05.02

図1の前線が12時間後にどこにあるのか
図8に着目して、図7にの天気図に記入するミッションです!

まず850hPa面での前線をトレーシングペーパーを使って描きます。
風向きと等温線の混んでいるところの南端が目安。↓

画像92

次にこの850hPa面の前線と地上天気図を重ねると・・・

画像93

次に地上の風向と降水域を考慮して、地上の前線を描きます。

※低気圧の中心より東側は、等圧線が「>」の形になっているところ(気圧の谷)に。
低気圧の中心より西側では、沖縄付近の低気圧の中心と風向き、降水域にも注目します。

画像94

今回の自分的1番のポイントは、沖縄付近の「Lマーク(低気圧)」です。

ちょうど「Lマーク」のところで降水域始まってますし、風向的にもぴったりかと考えました!

さて模範解答は・・・↓

スクリーンショット 2020-09-19 23.01.41

自分の描いた前線と重ねてみますね。

画像95

だいたい同じ〜〜〜〜〜!!!!!!

では次やってみよー


問4 舘野と水戸のリアルな天気をつかめ!

スクリーンショット 2020-09-18 14.06.14

問4(1)舘野の気温変化(鉛直・時間経過)

スクリーンショット 2020-09-18 14.06.38

スクリーンショット 2020-09-18 14.06.57

逆転層の上端の高度(m)と気温
逆転層より下の層で最も低い気温になっているところの高度と気温を答える問題です。

舘野の鉛直分布見ればすぐわかりますね♪

画像97

逆転層の上端は790hPaで、気温は1℃。

850hPa面が高度1500mで、1hPa下がるごとに高度が10m上がるので…

1500m + 10m × 60 = 2100m

というわけで、「逆転層上端の高度:2100m」、「気温:1℃」

次に一番気温が下がっているところはここ↓

画像98

気温は-3℃、高度は870hPa。

高度は1500m ー 10m × 20 =1300m!

というわけで、「気温が最も低いところはの高度:1300m」、「気温:-3℃」

模範解答は
逆転層上端の高度:2100 , 気温:1℃
気温が最も低い高度:1350(1300)m , 気温:-3℃

気温が低い方の高度ね、865hPaでも良かったかなぁというのが反省点ですが、とりあえず正解しました!( ˊᵕˋ ; )

では次やってみよー



スクリーンショット 2020-09-18 14.07.16

逆転層の上端付近の気温と
850hPaから地上にかけての気温を

12時間前と比較します。

まず逆転層上端の気温を比較。

画像99

気温はほぼ同じ。1℃です。

時間変化なしと言えますね。


850hPaから地上にかけての気温は・・・

画像100

時間と共に、地上ほど気温が低くなっています。

というわけで、まとめると…

「逆転層上端付近の気温はほぼ変化がなく、850hPaから下層は地上に向かうほど気温が下がっている。」(48字)


模範解答は・・・「逆転層上端付近の気温はほぼ同じだが、850hPaから地上にかけての気温は低下している。」(43字)

やっぱり模範解答は無駄がない・・・

では次やってみよー


問4(2)ブライトバンド

スクリーンショット 2020-09-18 14.07.40

まずブライトバンドの高度を答え

この層の降水粒子の特徴を気温を用いて答えるって問題です。


高層風時系列図を見ると、ブライトバンドの高度は「2.4km」とわかります。

画像101

ブライトバンドは、雪が降ってくる途中に溶けて雨になる層で観測されるものです。

よって降水粒子の形態は、雪が融解しながら降っており、そこは気温が0℃程度の層ということでしょう。

降水粒子の形態をまとめると、「気温0℃程度の層で、雪が融解しながら降っている。」(24字)

模範解答は・・・
高度:2.4km
降水粒子の形態の特徴:0℃層付近で、雪片が融解しながら落下している。(23字)

では次やってみよー


問4(3)凍雨が降ったわけ

スクリーンショット 2020-09-18 14.08.16

大気下層の気温の低下に関係する風向の時間変化を、高度を用いて答えるんですね。

気温低下だから、寒気移流になってるところで…ココ!↓

画像102

高度1.2kmの層では、風向が時間と共に南から東(東北東?)に変化。

高度0.9kmの層では、風向が時間と共に東から北東に変化。

まとめると「1.2kmの層で風向きが南から東に、0.9kmの層では東から北東に変化している。」(40字)

模範解答は・・・「0.9kmの風が東から北東に変わり、1.2kmの風が南から東に変わっている。」(38字)

では次やってみよー


問4(4)雪水比を求めよ!

スクリーンショット 2020-09-18 14.08.42

雪水比は      降雪量(cm)÷ 降水量(mm)で求めます。

図12にから降雪量と降水量を求めます。

画像103

降雪量は合計10cm、降水量は合計11.5mm。

降雪量÷降水量=10 ÷ 11.5 = 0.86・・・・

四捨五入して少数第1位まで答えれば良いので、答えは「0.9」!   

模範回答も…「0.9」!

では次やってみよー


問4(5)水戸の降水量

スクリーンショット 2020-09-18 14.12.37

スクリーンショット 2020-09-18 14.12.53

予想図の降水量の等値線は10mmごと。

ということは、29日21時までの12時間で「20mm」の予想

スクリーンショット 2020-09-20 20.47.38

30日9時までの12時間で「20mmの予想」

スクリーンショット 2020-09-20 20.50.41


模範解答も
29日9時〜29日21時:20mm
29日21時〜30日9時:20mm

一緒!(≧∇≦)

では次やってみよー


スクリーンショット 2020-09-18 14.13.05

求めるのは、30日0時〜9時に予想される水戸の降雪量(降雪の深さの合計)の最大値。

値は四捨五入して1cm刻みで答える。

ただし予想降水量は
「①で求めた値」ー「観測された29日21時〜24時の降水量」です。

「①で求めた値」=20mm(29日21時〜30日9時)
「観測された29日21時〜24時の降水量」=5mm

「①で求めた値」ー「観測された29日21時〜24時の降水量」
= 20mm - 5mm
= 15mm

雪水比は0.7だから・・・

降雪量(cm)= 降水量(mm)× 雪水比(cm/mm)
=15mm × 0.7
=10.5cm

1cm刻みで四捨五入して答えれば良いので、積雪量は「11cm」

模範解答も「11cm」٩( ᐛ )و


令和2年8月の 第54回気象予報士試験の 実技1の問題と回答を 持っている人向けの 内容です。 (3)


スクリーンショット 2020-09-18 14.13.22

「大雪注意報・警報が出るんかい出んのかい」です。

30日の0時から9時までの9時間で、11cmの積雪が予想されてるわけなので、水戸市では「大雪警報」の発表が想定されます。

模範解答も「大雪警報」


やりました!!!!!

これで第54回気象予報士試験の【実技1】の晴野(はれの)的解説を終わります!

お疲れ様でしたー!!!!!

受験された方々、本番お疲れ様でした。m(*_ _)m

過去問として利用される未来の受験生の方々へ
私の解説がお役に立てましたか?

なるほど〜と思われたあなた!
いいね♡や「見たよ!」メッセージいただけると嬉しいです(о´∀`о)♡


またこのnoteは、私一人で書いており、誰かの監修は受けておりません。
「ここオカシイよ!」というところがありましたら、遠慮なくメッセージをいただけると嬉しいです。m(*_ _)m

晴野へのご連絡・お問い合わせ→→→晴野ポスト


学科試験の解説は、ブログの方でやってます!
↓ ↓ ↓

第52回気象予報士試験 (7)

第52回気象予報士試験 (8)


まだ学科一般に合格されてない場合は、気象業務法の正解率をあげましょう!
▶︎気象業務法関連の問題ってどんな問題がどんな頻度で出題されているのか?

※以降に文章はありません。「投げ銭」での応援をしていただけると、今後もますます頑張れます。(о´∀`о)

この続きをみるには

この続き: 0文字

実技1【過去問私的解説&ヒント】第54回気象予報士試験

hareno@気象予報士×ブロガー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(•ө•)♡
2
気象予報士の「はれの」です。 現在兼業主婦。 子育てしながら、ほぼ独学で気象予報士試験に合格。 現在ブログ(https://harenote.com/)にて、試験勉強にオススメのテキスト・問題集などを経験談も交えて紹介しています。(о´∀`о)

こちらでもピックアップされています

【気象予報士試験】過去問解説
【気象予報士試験】過去問解説
  • 6本

気象予報士試験過去問の個人的な解き方をまとめています。 試験勉強中の方の参考になるように、わかりやすい説明を心がけました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。