実技1【過去問私的解説&ヒント】第53回気象予報士試験
見出し画像

実技1【過去問私的解説&ヒント】第53回気象予報士試験

hareno@気象予報士×ブロガー

この記事では、気象予報士試験(実技試験)を独学で突破した晴野(はれの)が、令和2年1月の「第53回気象予報士試験の実技1」の問題を解いてみた「解答までの考え方&解答例」をお伝えしています。

問1(2)まで無料で公開しております。

出版社が出してる「過去問解説」とは違い、「晴野はれの的過去問解答までの道のり」を私一人で書いており、誰かの監修は受けておりません。
私の考え方が必ずしも正解とは限らないことをご了承の上、ご利用ください。

▶︎第54回気象予報士試験の実技1はこちら


スクリーンショット 2020-07-12 19.40.09

もし第53回気象予報士試験の問題と解答を持っていなければ、まずこちらでダウンロードしてください。

気象業務支援センター
気象予報士試験・過去の試験問題と解答例


模範解答も「気象予報士試験・問題と解答のダウンロード」で手に入りますから、手元において、この記事をご覧ください。

では早速やってみよー!


問1(1)の解説

(1)図1(4月27日21時の地上天気図)と図2(4月27日21時の850hPa天気図)を見ながら答えます。

①の答え東北東」と②の答え35」ノットは、図1の地上天気図の右下に書かれています。

画像2

③の答え海上暴風警報」は、低気圧の中心付近に書いてありますね。

画像3

[SW]は海上暴風警報のことです。

他の海上警報についても覚えておいた方が良いですよ。

隙間時間にチェック↓
▶︎海上警報の記号&意味一覧表


④の答え」よりの風は

近くの矢羽を見てもらったらわかりますよね。

画像4

低気圧の東側&高気圧の西側だから、「南」よりの風です。


⑤の答えは「海上濃霧」警報。

FOG[W]は海上濃霧警報のことです。

画像5

隙間時間にチェック↓
▶︎海上警報の記号&意味一覧表


⑥の答えの「ない」は、記入形式を見たらそのまんまですね。

画像6

秋田には高積雲か高層雲(中層雲)は観測されてるけど、下層雲は観測されてません。

下層雲は全雲量の下に描くものなので、秒で答えたいですね。

参考までに、「地上観測記入形式」です。↓

画像7


⑦の答え上昇後下降」も、記号を見るだけで答えられます。

画像8


⑧の答え低く」も記号を見たままなので、わかりますよね。

⑨の答え下降後上昇」も同じく見たままです。

画像9


⑩の答え低く」は、見たままです。

一度下がった気圧が上がってる気圧変化記号ですが、最後の右端が左端より上がってないので、「3時間前より下がってる」と思ってOK!

でも国際式天気記号の意味としては、この記号は「0-」なので「同じに」でもOKです。


⑪の答え寒気」移流は、チェジュ島の矢羽と近くの等温線を見たらわかりますね。

画像10

風は北西から等温線を横切って、温度が低い方から高い方に吹いているので「寒気移流」です!


⑫の答え暖気」移流は、潮岬の矢羽と近くの等温線を見たらわかりますね。

画像11

風は南西から等温線を横切る向きで、温度が高い方から低い方に吹いているので「暖気移流」です!



問1(2)鹿児島の前3時間の気温変化傾向についての問題

(1)の①②の問題を使うようにとの指示で、日本海の低気圧が3時間前には低気圧の中心が鹿児島から「近づいていたか?」「遠ざかっていたか」を考えます。

「3時間前には」って3時間前にタイムスリップして解答する感じでしょうか?


①②より、この日本海にある低気圧は「東北東に35ノット」で進んでいます。

画像12

問題文は、①②の情報を使えと言っているので使いましょう!

というわけで・・・

3時間前に、低気圧は西南西105海里(35ノット×3)のところにいたわけですよ。

・・・・・・・・・って、どこだよ?

ココだよ!!!!

画像13

105海里の距離の測り方がポイントです!

1海里=緯度1分」。

緯度1分=緯度1/60度」なので、「緯度1度=60海里」。

からの「緯度10度=600海里」を目安に使います。


試験中なので、物差しや定規を持っているはずなので、使ってください。
(о´∀`о)

緯度30度から40度までの直線使って、ざっくり6分の1の長さが105海里ってことで、低気圧の進路上に×印を書きました。

どうですか?

低気圧ちゃん、鹿児島から遠ざかっている最中ですね!

というわけで、①の答えは、鹿児島から「遠ざかっていた」となります。


②の答えは、模範解答のまんま、体に叩き込んでください。

18時〜21時までの気圧の変化傾向前半は、「下降」。

3時間前も低気圧の中心は鹿児島から遠ざかってたのに・・・単純に気圧が上昇するのではなく、一旦気圧が下降してたのはなぜ?っていう問題なんですね。

21時の地上天気図の等圧線を見ると、ちょうど寒冷前線が通過する頃です。

気圧の下降は「低気圧の中心との距離」だけではなく、「前線の通過」もあることも理解して覚えておきましょう!


この続きをみるには

この続き: 4,442文字 / 画像19枚

実技1【過去問私的解説&ヒント】第53回気象予報士試験

hareno@気象予報士×ブロガー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
hareno@気象予報士×ブロガー
気象予報士の「はれの」です。 現在働くお母さんやってます。 子育てしながら、ほぼ独学で気象予報士試験に合格。 noteとブログ(https://harenote.com/)にて、過去に自分が欲しかった試験勉強に役立つ情報発信中。(о´∀`о)