見出し画像

実技1【過去問私的解説&ヒント】第53回気象予報士試験

ここでは、令和2年1月の「第53回気象予報士試験の実技1」を、独学で実技試験を突破した私・晴野(はれの)だったらこう解くよ!という過去問解説をお伝えします。

▶︎第54回気象予報士試験の実技1はこちら


スクリーンショット 2020-07-12 19.40.09

もし第53回気象予報士試験の問題と解答を持っていなければ、まずこちらでダウンロードしてください。

気象予報士試験・問題と解答のダウンロード


模範解答に関しては「気象予報士試験・問題と解答のダウンロード」で手に入りますから、手元において、この記事をご覧ください。

このnoteは出版社が出してる「過去問解説」ではなく、晴野(はれの)的過去問解説…要するに「個人的な模範解答にたどり着くまでの情報」を共有していきます。


では早速やってみよー!


問1(1)の解説

(1)図1(4月27日21時の地上天気図)と図2(4月27日21時の850hPa天気図)を見ながら答えます。

①の答え東北東」と②の答え35」ノットは、図1の地上天気図の右下に書かれています。

画像2

③の答え海上暴風警報」は、低気圧の中心付近に書いてありますね。

画像3

[SW]は海上暴風警報のことです。

他の海上警報についても覚えておいた方が良いですよ。

隙間時間にチェック↓
▶︎海上警報の記号&意味一覧表


④の答え」よりの風は

近くの矢羽を見てもらったらわかりますよね。

画像4

低気圧の東側&高気圧の西側だから、「南」よりの風です。


⑤の答えは「海上濃霧」警報。

FOG[W]は海上濃霧警報のことです。

画像5

隙間時間にチェック↓
▶︎海上警報の記号&意味一覧表


⑥の答えの「ない」は、記入形式を見たらそのまんまですね。

画像6

秋田には高積雲か高層雲(中層雲)は観測されてるけど、下層雲は観測されてません。

下層雲は全雲量の下に描くものなので、秒で答えたいですね。

参考までに、「地上観測記入形式」です。↓

画像7


⑦の答え上昇後下降」も、記号を見るだけで答えられます。

画像8


⑧の答え低く」も記号を見たままなので、わかりますよね。

⑨の答え下降後上昇」も同じく見たままです。

画像9


⑩の答え低く」は、見たままです。

一度下がった気圧が上がってる気圧変化記号ですが、最後の右端が左端より上がってないので、「3時間前より下がってる」と思ってOK!

でも国際式天気記号の意味としては、この記号は「0-」なので「同じに」でもOKです。


⑪の答え寒気」移流は、チェジュ島の矢羽と近くの等温線を見たらわかりますね。

画像10

風は北西から等温線を横切って、温度が低い方から高い方に吹いているので「寒気移流」です!


⑫の答え暖気」移流は、潮岬の矢羽と近くの等温線を見たらわかりますね。

画像11

風は南西から等温線を横切る向きで、温度が高い方から低い方に吹いているので「暖気移流」です!



問1(2)鹿児島の前3時間の気温変化傾向についての問題

(1)の①②の問題を使うようにとの指示で、日本海の低気圧が3時間前には低気圧の中心が鹿児島から「近づいていたか?」「遠ざかっていたか」を考えます。

「3時間前には」って3時間前にタイムスリップして解答する感じでしょうか?


①②より、この日本海にある低気圧は「東北東に35ノット」で進んでいます。

画像12

問題文は、①②の情報を使えと言っているので使いましょう!

というわけで・・・

3時間前に、低気圧は西南西105海里(35ノット×3)のところにいたわけですよ。

・・・・・・・・・って、どこだよ?

ココだよ!!!!

画像13

105海里の距離の測り方がポイントです!

1海里=緯度1分」。

緯度1分=緯度1/60度」なので、「緯度1度=60海里」。

からの「緯度10度=600海里」を目安に使います。


試験中なので、物差しや定規を持っているはずなので、使ってください。
(о´∀`о)

緯度30度から40度までの直線使って、ざっくり6分の1の長さが105海里ってことで、低気圧の進路上に×印を書きました。

どうですか?

低気圧ちゃん、鹿児島から遠ざかっている最中ですね!

というわけで、①の答えは、鹿児島から「遠ざかっていた」となります。


②の答えは、模範解答のまんま、体に叩き込んでください。

18時〜21時までの気圧の変化傾向前半は、「下降」。

3時間前も低気圧の中心は鹿児島から遠ざかってたのに・・・単純に気圧が上昇するのではなく、一旦気圧が下降してたのはなぜ?っていう問題なんですね。

21時の地上天気図の等圧線を見ると、ちょうど寒冷前線が通過する頃です。

気圧の下降は「低気圧の中心との距離」だけではなく、「前線の通過」もあることも理解して覚えておきましょう!


問2(1)バルジの特徴を雲頂高度と共に語る問題

この問題が解答者に要求しているのは

・低気圧中心から北〜北東に広がる雲域の形の特徴について
・発達中の低気圧に伴う典型的な雲の特徴について
・雲頂高度についても触れつつ語って欲しい

というものです。

模範解答にもあるように

・雲頂高度は高く(雲長高度に言及してる!)
・雲域の北縁が明瞭(発達中の低気圧に伴う典型的な特徴!)
・高気圧性の曲率をもっている(バルジの形状を表現している!)

これらのワードを、自然な日本語になるように35文字程度で書けばOK。


問2(2)日本海の低気圧の前線について!

①の答えは「12」℃。

この問題は、「温暖前線を探すポイント」を知っていれば、すぐわかります。

温暖前線の寒気側と暖気側では気温も変わりますが、湿度にも注目!

具体的には・・・

まず「湿数≦3°C」の網掛け域の縁を見ます。

次に気温と湿数を見ます。

画像14


②は模範解答に、お手本がありますね。↓

スクリーンショット 2020-07-13 19.59.01

温暖前線は、①で出た12℃線です。

寒冷前線は、まず「湿数≦3°C」の網掛け域の縁に注目。

画像17

次に風向きに注目。

画像16

次に湿度(湿数)に注目。

画像18

青の四角で囲んだ部分は、風向き的には寒冷前線の南側か迷うところですが、赤い四角で囲んだ部分より湿数が大きいので「寒冷前線のギリギリ北側か寒冷前線上」だと判断しました。


③の答え「600hPa」は、気温と湿度で見つけることができます。

図4を見ると、逆転層は次の2つがあります。

・620hPa~600hPa
・900hPa~950(940)hPa

前線性の逆転層は気温と露天温度が近くなる(湿度が高い)ので、「620hPa~600hPa」の逆転層の方が前線です。

そして、前線は暖気側の縁なので、前線は「600hPa」でOK!


④の答え「4280」m。
確実に点数稼げて、ありがたくて優しい計算問題ですね。(  ᵒ̴̶̷̥́ _ᵒ̴̶̷̣̥̀  )

問題で言われている情報を整理すると、こうなる↓

画像19

もう式は簡単にわかりますね!

5580m-(100m×13)
=5580m-1300m
=4280m・・・答え


⑤の答え、1:「120」は、綺麗な数字が出てこないから、苦手な人もいるかも。

つまり(?)の部分を求めろって問題ですよね。

画像20

④の答えから、秋田の600hPaの高度は「4280m」とわかっています。

あとは850hPa面にある温暖前線の「高度」と秋田との「距離」が分かれば良いんですよね。

では天気図を見てみましょう!

画像21

↑の850hPa面の前線の高度ですが、ちょうど等高度線が通ってるので簡単です。

等高度線は60mごとなので、上の天気図の矢印(温暖前線)部分の高度は、1320mです。

画像22

・600hPaの高度は、4280m。
・850hPaの高度は、1320m。

つまり高度差は2960m。


次は秋田までの距離ですね。

ここでまた緯度30度から40度までの距離を拝借して・・・

・緯度30度から40度が定規で測ると、ちょうど40mm。
・秋田から温暖前線までが、13mm。

緯度30度から40度は「600海里」なんだけど、試験用には約1100kmと覚えてOK。

そこから温暖前線と秋田までの距離は

1100km×13/40=357.5km

画像24

そのまま計算すると

357.5/2.96=120.78

だから答えは「1:120」になります!


問2(3)【サービス問題】見たまんま答えるよ!

答え、下端:「900」hPa,「850(860)」hPaってのは、図4の逆転層そのまんまですね。

鉛直分布について述べるのも、25文字と少ないので、見たまんま短く答えれば良いので、模範解答の内容を理解して覚えておくと良いですよ。

・湿度が低い。
・上空に向かって気温が高くなっている。

これ以上ないくらい、見たまんまですね。(о´∀`о)


問2(4)学科・専門知識で覚えたよね!

この問題の模範解答の内容も、理解してよく覚えておきます。

レーダーの電波は、水平距離が大きくなれほど高い高度を観測してしまいます。

降水粒子が観測されても、地上で落ちてくるまでに蒸発してることもある!


問3(1)福島県から関東地方の内陸部にかけての「低圧部」に注目!

①は模範解答を、そのまま咀嚼してアウトプットできるようにするのがおすすめです。

問題では

・700hPaの鉛直流と湿数の特徴を
・関東の南東海上と比較して述べてね。

と書かれているので

・関東の南東海上で上昇流
・低圧部で下降流

・関東の南東海上で湿数が小さい→湿っている
・低圧部で湿数が大きい→乾燥している

ということが書かれていればOK!


低圧部の気温の特徴は「W」の印を見れば、「低圧部には、高温の極値がある。」ってわかりますよね。

②で答えた「高温の極値」ができた理由を答えます。

問題によると

・風
・地形

を「高温になった理由」にしたら良いってことなので、これはフェーン現象ですな!

そんなわけで、模範解答の答え方を脳にすり込んでおきましょう!


問3(2)寒冷前線&閉塞前線を記入せよ!

前線の記入は、数をこなして職人を目指したいですよねー

しかも「閉塞前線がある」ってわかってるのがありがたい!!!!
(わかりにくい温暖前線が描かれているのもありがたい(இдஇ))


これは私のやり方ですが

1.まずざっくりと寒冷前線の位置を決める。
2.閉塞点を決めます。

寒冷前線を見つけるポイントは、次のものに注目することです。

・風向
・風速
・気温
・湿度
・気圧


もっと詳しくいうと・・・

・気圧傾度が急激に不連続
・等圧線がくさび状に折れ曲がる
・風向・風速が不連続
・風向の水平シアーがある
・水蒸気傾度が不連続
・露天温度差がある
・組織的な雲や降水分布

図7の「500hPa 気温,700hPa 湿数 12 時間予想図」がわかりやすくて助かりますよね。

図 8 「850hPa 相当温位・風 12 時間予想図」でも同じような場所に前線が見えるので、もう決まりですよ。


次に閉塞点を探します。

閉塞点の見分けポイントは

・くさび状の等圧線密集域の頂点
・上昇流域極大域付近
・降水量極大域付近
・ジェット気流が吹いているところ

くさび状の等圧線密集域の頂点↓

画像24

上昇流域極大域付近↓

画像25


降水量極大域付近↓

画像26


ここまで説明したところを、無理なくつなげると、だいたい模範解答のようになりますね。

完璧に模範解答と同じ位置に前線を描けなくても、何点かはもらえると信じてます!´д` ;


問3(3)閉塞点の高度

答え「5520」m

見たまんま、等高度線は60mごとですね。

問3(4)鉛直分布の特徴

日本海の低気圧付近の700hPaの鉛直流分布について

・前線付近の特徴
・本州付近の地形の影響による特徴

45文字くらいで答える。

使うのは図9と図10。

ということは、「風と地形を使って説明してね。」ってことですね。


図9の850hPa 気温・風 ,700hPa 鉛直流解析図を見ると、なんとなく全体的に「前線の影響で上昇流なんじゃない?」って見えますが・・・

よーく見ると違います。

画像27

上昇流の極値を赤、下降流の極値を青で印を付けてみると。ヘクトパスカル戦線付近であっても上昇流と下降流が混在しています。

その理由を風と地形をネタに45文字程度にまとめます。

要点は

・前線付近は上昇流
・山地の南から南西斜面も上昇流
・山地の北から北東斜面は下降流

これが日本語としておかしくないように書ければOK!


問3(5)GSM&MSMガイダンス

①の答えが「2.1」倍になる理由は・・・

図6の地上天気図にある東海地方の12時間降水量の最大値は、97。

画像28

GSMガイダンスの予想している最大値は、12時間で200mm。

だから 200/97=2.062。

少数第1位までの数値で答えれば良いので、「2.1倍」になります!


②記述式の問題なので、模範解答の答え方を脳にすり込んでおきましょう!

図11のGSMガイダンスとMSMガイダンスに見られる共通点図10(地形図)に着目しながら答える問題です。

ポイントは

・「地形」
・「強雨域」

なので、「山地の南から南西斜面で強雨域が分布している。」がベストアンサ〜!


記述式の問題なので、模範解答の答え方を脳にすり込んでおきましょう!

GSM ガイダンスと MSM ガイダンスについて

・降水量が多い場所の違い
・降水量が多い場所の違いの要因

・・・見たまんまですね。MSMの方が繊細(?)っていうか、画素数(?)が大きい。

じゃなくて、格子点が多い=モデルの地形の分解能が高い=きめ細かく予想できる。ってことです。

学科試験・専門知識で勉強したし、あなたもちゃんと答えられるはず!


問3(6)ラストスパート!休憩時間まであと少し!!!

①は寒冷前線が御前崎を通過した「時刻」と「根拠」について。

寒冷前線が通過した時刻は「4時40分」。

その根拠は

1.風向き
2.気温

風向きはわかりやすいですね!

気圧が下がってから風向と気温が「ガッ!」っと変わってます。

記述の方は、模範解答を脳に刷り込んでおいてください。


「前30分間降水量の最大値」、「前30分間降水量の最大値を観測した時刻(10分刻み)」、「30分間における平均の降水強度」について答えます。

答え
・降水量「40」mm
・時刻「5時20分」
・平均降水強度「80」mm/h

について、それぞれの根拠をまとめます。

まずは・・・30分間降水量の最大値ってどこか。

ここだ。↓

画像29

「前30分間降水量の最大値を観測した時刻」は、上の3本の降水が終わった時刻→「5時20分」。

4時50分から5時20分までの30分間の降水量は、12mm,15mm,13mm。

合計すると「40」mm。←これは30分あたりなので

1時間あたりの降水量にすると、「80」mm/h。


の答え「11.1」m^3/sの根拠は

降水強度 40mm/hを計算したらそのまんま出るから。´д` ;

画像30

試験本番にこの計算を落ち着いてできるか・・・

私だったら焦って手が震えますね。


④の答え「22.2」が出た根拠は・・・

②より、「前30分間降水量の最大値に対応する平均降水強度」は、「80mm/h」なので、③と同じ計算で(というか③の2倍なので)、「22.2」が表面雨量指数になります。


⑤の答えは、基準:「基準Ⅱ(警戒)」または「基準Ⅱ」。

根拠は表面雨量指数が「22.2」だから、表1より、基準:「基準Ⅱ(警戒)」または「基準Ⅱ」が答えですね!

画像31


これで第53回気象予報士試験の【実技1】の晴野(はれの)的解説を終わります!

お疲れ様でしたー!!!!!

▶︎第54回試験【実技1】の解説はこちら

▶︎第53回試験の【実技2】の解説はこちら

▶︎第53回試験の【学科】一般知識&専門知識の解き方・解説はこちら

▶︎第52回試験の【実技1】の解説はこちら

▶︎気象業務法関連の問題ってどんな問題がどんな頻度で出題されているのか?

見出しを追加 (3)



またこのnoteは、私一人で書いており、誰かの監修は受けておりません。
「ここオカシイよ!」というところがありましたら、遠慮なくメッセージをいただけると嬉しいです。m(*_ _)m

晴野へのご連絡・お問い合わせ→→→晴野ポスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(о´∀`о)
1
気象予報士の「はれの」です。 メインの仕事は主婦。 子育てしながら、ほぼ独学で気象予報士試験に合格。 現在ブログ(https://harenote.com/)にて、試験勉強にオススメのテキスト・問題集などを経験談も交えて紹介しています。(о´∀`о)

こちらでもピックアップされています

【気象予報士試験】過去問解説
【気象予報士試験】過去問解説
  • 5本

気象予報士試験過去問の個人的な解き方をまとめています。 試験勉強中の方の参考になるように、わかりやすい説明を心がけました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。