見出し画像

カレーですよ4353(甲府昭和 ヒノマルステーキ)カレーはセットで食べ放題。

甲府のカレー店であてにしているといえば、一刀斎。オリジナリティが高いカレーライス。雰囲気ある昔の山小屋喫茶風の古い店内、好きな要素ばかりなのだ。唯一の難点もある。

カレーですよ。

難点は、わりと売り切れること。売り切れると店が閉まること。この日も大好きな「大盛りチキンカレー + コールスロー」は幻となった。甘さ要素控えめのさらりとしたべとつかない良カレー。ああ、ツライ、、、

それで、どうしようかと昭和あたりを彷徨っていたのだが。いつもの「じゃがいも」にしてしまうか、と思ってGoogle mapを眺めていると、カレーの文字。 「カレーが一番人気の「ヒノマルステーキ甲府店」」 という店が。

登録でそんなふうにもできる訳だが、自ら「カレーが一番人気の」と書いてしまっているステーキ店である。これはちょっと確かめなければ。 やってきた

「ヒノマルステーキ甲府店」

はなんだかどことなくかわいらしい雰囲気の店。

ウェスタンが流れるも、木の内装とチェックのかわいいテーブルクロスがそう思わせるのか。
コの字型に配されたテーブル席の中央にちょっと高めのカウンター席が設けられ、それを衝立的にして食べ放題メニューのブッフェコーナーが設けられている。

**「テキサスカットステーキ」 **

を注文。

それと、セットメニューの「おかわりライス、牛すじカレー、スープセット」も一緒に。これが大事なのだ。これでカレーが食べ放題である。

メニューには他にもカレーだけのメニューが数種類用意されており、炙りチーズ牛すじカレーやチーズたっぷり牛すじカレードリア、生卵のせ牛すじカレーライスなど工夫がある。ブッフェコーナーからカレーソース、ごはん、スープのおかわりができるようで、なるほどこれはうれしい人も多かろう。

さて、カレーをとりに行かなくては。

ブッフェコーナーには前述のカレー、ごはん、スープの各ウォーマーが鎮座、勝手に盛り付けられるのを待っている。

お肉もやってきた。

カットステーキは、お値打ちのカットステーキとして及第点。量も味も十分な内容だ。この値段でHPにはインジェクション肉不使用を謳う漢らしさ。価値がある。

楽しいのがその調味で、テーブルに出してもらった調味料、その数7種。それにミルに入った塩、胡椒があって自在に好みの調味ができるという寸法。まんまと全調味料を試してしまった。

カレーソースは家庭風の変に凝っていない、いわゆる「普通のカレーライス」である。

が、しかしそこにステーキの端肉などを入れてあるところで価値が出てきているのだと思う。多くの人が求めるカレーとは、まさにこういうものなのだと思い知る。

帰り際、マスターが気さくに声をかけてくださって、うれしかった。感じの良い方であった。

使いやすい、良い店だった。


#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ #カレー #甲府昭和 #ヒノマルステーキ #カレーライス #ステーキ #食べ放題 #curryheads #curry

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしい!
4
フードジャーナリスト、ブロガー。2005年開設の食をテーマとしたライフスタイルブログ「カレーですよ。」に5000記事超の実食記事掲載。著書 技術評論社「iPhone x Movie スタイル」笠倉出版社「カレーの本」ぶんか社月刊男性誌「エキサイティングマックス!」にて連載9年目。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。