見出し画像

蔵王連邦|はじめての雪山とキツネ村、ときどき子ヤギ

noteの登山部 with THE GUILDの面々で雪山ハイクに行ってきました。

わたしは京都出身で現在東京で働いていますが、どちらもあまり雪が降らないため雪にはかなりの憧れがあります。そのため誘っていただいたときはとても嬉しかったです。

今回行った蔵王連邦の地蔵山はロープウェイで頂上まで登ることができます。「雪山行くよ!」とまわりに報告したところ、いろんな方々に「危険だよ、生還してな」と言われ怖くて若干怯みましたが、蔵王は雪山初心者でも安心できる優しい雪山だったと思います。ぜひ登ってみてほしい。

行程

いつもに増してざっくりとしたスケジュール感でお届けします。

2/15 14:30ごろからロープウェイで地蔵山山頂へ
2/16 キツネ村散策

実際歩いたのはほんの少しで、ほとんど蔵王ロープウェイで山頂まではこんでもらいました。

画像17

蔵王連邦 地蔵山

スキーやスノーボードでもお馴染み、宮城県の蔵王です。

ロープウェイからの景色。だんだん木々が雪をまとって白くなっていきます。標高が上がるにつれ、テンションもどんどん上がっていく。

画像9


どこかのおちゃめな誰かが作った雪だるま。

画像2


意気揚々とのぼる初心者多めのnote登山部。

画像3


小さくなっていくみんな。容赦なく置いていかれる。

画像4

画像5


おわかりいただけるだろうか、風が非常につよいため、風の流れに寄って氷が一方に伸びています。こんな風になっている氷や雪をエビの尻尾と言うらしい。ネーミングにちょっと笑ってしまいました。

画像6


振り返ってもきれい。

画像7

画像8


次の山の頂上まで行けたらと思いましたが、時間が足りず今回は断念。都心からは考えられない別世界。

画像10


傾いていく夕日がうつくしい。

画像12

さよなら雪山。

画像13

キツネ村

霧の中、午前中に到着しました。
謎の威圧感を放つゴリラ像が出迎えてくれます。ここはキツネ村だがな。

画像16


威嚇しあうキツネたち。
真剣なんだろうがアザラシっぽくて可愛さしか感じない。

画像14


ロマンティックな雰囲気を醸し出してるキツネたち。
この黒いやつちょっとタヌキっぽくないですか?

画像12


しばらくすると突如ばらまかれるキツネのごはん、瞬時に集まる溢れんばかりのキツネ。人生でこんなにキツネに囲まれたことはない。ゲシュタルト崩壊に陥りそう。

画像15


売店エリアに行くとなんと子ヤギが ...!!!
そばに居たおじさまが生まれて3日くらいかなと予測してました。ヤギに詳しそうだったのできっとそうなのでしょう。

画像1

売店をピョンピョン跳ね回ってました。アニメの世界だけじゃなくて本当に跳ね回るもんなんだなとちょっと感動しました(跳ね過ぎて写真が取りにくかった 笑)。

雪山におすすめの持ちもの

夏山の装備しか持ってなかったのですが、今回のために以下のものを揃えました。今後登ってみようかなという方々、参考までにどうぞ。

ニット帽、サングラス、軽アイゼン、防水手袋

これの中にセブンイレブンの毛糸手袋つけていましたが、個人的にはこれだけでもかなり暖かかったです。

頼りなく見えますが、これでもかなりしっかり歩くことができました。

その他の服装は以下になります。

■ 上半身
長袖インナー
 薄めのフリースジャケット
ダウン
レインウェア(ゴアテックス製で夏も使っているもの)
■ 下半身
タイツ(スウェットが温かかったのでいらなかったかも)
スウェット(ぶ厚めの生地)
レインウェア(ゴアテックス製で夏も使っているもの)
■ 靴
夏登山で使用している登山靴

Yamapログ

より詳しくはこちらのYamapログをどうぞ。

蔵王山・雁戸山・不忘山-2020-02-15 https://yamap.com/activities/5635763

Special Thanks

見出し画像はTHE GUILDのGo Andoさんに撮ってもらいました 📷✨
かつてないカッコイイ写真でうれしい。

この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

統計の本、もしくはわんこにおいしいお菓子を買うのに使わせていただきます( *ˆoˆ* )

また来てくださるとうれしいです
22
noteでエンジニアをしています。 絶賛統計を勉強中です。今統計を勉強中の方やそんなに詳しくないよ、という方でも楽しんでもらえたり分かりやすいと思ってもらえるようなノートを書いていきたいなと思っています。ときどきワンコや山の記事も書きます。

この記事が入っているマガジン

山にっき
山にっき
  • 8本

登山の記録+日常のあれこれ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。