見出し画像

月収5万円の貧乏カメラマンが月収100万円稼ぐまでにした7つのこと

ども、其田(@haletoke : 取材された記事はこちら)です。20歳から7年間、紆余曲折を経て経験した「月収5万円の貧乏カメラマンが月収100万円になるまでにしたこと」についてお話していきたいと思います。

月収5万円の貧乏カメラマン時代(18~20歳)

写真をはじめたのが2010年18歳。当時学生だった其田はたてつけのあやしいユニットバス・ワンルームに一人暮らし。月3万円ですみつつ、松屋の280円の牛丼でお腹をみたす日々を送っておりました(ちょっと頑張った日に奮発してビビン丼を食べるのが楽しみでした)。本格的にカメラを仕事にしたいと20歳になってから、東京のフォトスタジオで時給900円で週3日ほどで働き、月収5万円ほどを稼ぐもお金がたまるはずもなく。楽しかったのですが、月5万円では食べていけなかったので、仕送りをしてもらい親のスネをかじる日々でした(父母ありがとう)。

フリーランスで月収30万円になるも身体と心を壊す(21~22歳)

大学を休学してフリーランスカメラマンとして食べていけるかチャレンジをしました。主な撮影領域は日本人向けの

・ウェディング(ロケーション・挙式披露宴)
・カップル(記念日・婚約)
・ファミリー(七五三・誕生日)
・プロフィール(個人事業主・起業家向け)

このときの単価は1時間5000円~1万円、月収は最高で30万円ほど。なんとか食べていけるけど、労働集約型かつ低価格で大量の撮影を行っていたので、夜遅くまでデジタル現像やレタッチ作業に追われ、不眠症になり、身体と心を壊しました。クライアントや先輩カメラマンから激しい罵声を浴びたりして、このときが一番つらかったです。

稼げるインバウンド観光に特化して月収100万円(26歳)

フリーランスをあきらめ、民間の気象会社にて気象予報士・Webデザイナーとして働きはじめます。3か月の東京研修後、転勤で京都に住むことになりました。フリーランスの挫折経験がかなり深手だったのですが、なんとか好きなことをしていきたい其田は大量の書籍を読みつつ戦略を練りました。具体的には、

・大切な人を大切にするためにはお金を継続して稼ぐ必要がある
・そのためには、高単価かつ伸びていく領域で仕事をする必要がある
・しっかり稼げば、想いはあるけどお金がない人を助けられる
・そのためには、スキルを掛け算して勝てる領域で勝負することが大切

このあたりをとても意識しました。その結果、まだまだ月によって大きな変動があるのですが(春秋は稼げるけど夏冬は稼げないのが課題)、Web・SNSマーケティングがあたり、2018年4月には月収100万円、2019年4月には月収120万円を稼げるまでになりました(※1・2)。

※1
実際に行った検索されるキーワードの設定やSNSとWebサイトのUI/UXの設計はこちらの参考記事で詳しく解説をしています。

【関連】過去最高益が出たので戦略と戦術を公開します

※2
お金の使い方や投資先について具体的な考え方や銘柄を知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
【関連】社会不適合者の投資戦略と戦術(個別銘柄リストもぜんぶ公開します)

月収100万円を稼ぐためにした7つの工夫

つづいて、月収100万円を稼ぐためにした工夫について具体的に解説していきます。これからフリーランスを目指す人のお役に立てれば幸いです。

01 参入障壁が低く競合が多い領域から逃げる

カメラマンについて言うと、フルサイズカメラ+単焦点でボケのきれいな写真を撮って、Lightroomでグイッとハイライト下げてシャドウをあげつつ、フィルムライクなプリセットをあてれば、誰でもキレイな写真を撮れるようになってしまいました。さらに「安い・若い・キレイ」なカメラマンが大量に参入してきているので、価格競争で消耗してしまうわけです。副業や趣味程度でやる分には全然OKなのですが、この領域を本業にするのは、よっぽどマーケティングやブランディングが上手な人以外はおすすめしません。不器用な其田は、学生時代にフリーランスを一度失敗したこともあり、日本人撮影市場から撤退しました。

02 伸びていく領域にとびこむ

じゃあどうしたらいいの?というところなのですが、伸びていく領域に飛び込むのが有効な処方箋になります。其田はインバウンド観光を勝負する領域に選びました。緩やかに衰退していく日本で伸ばしていける産業に限りがあります。その数少ない伸ばせる領域のひとつがインバウンド観光だったんですね。具体例をあげると、タイ、マレーシアへのビザ免除、インドネシア、フィリピン、ベトナムなど東南アジアの国々、そして中国に対してビザ発給要件の緩和措置など、日本政府は「2020年に4000万人の訪日旅行者を迎え入れ、消費額8兆円を目指す」と掲げています。縮小していく領域にいてもジリ貧なので、国として伸ばしていくぞ!という波に乗って勝負するのが得策です。

その他にも

・VR、AR、MR
・ドローン
・5G
・Youtube、ブログ、SNS
・健康
・予防医療
・マインドフルネス
・自動運転
・田舎移住
・終活
・副業、複業、パラレルキャリア
・ブロックチェーン

あたりは伸びていく分野でしょう。

03 スキルを組み合わせて高単価な少数案件に注力する

よく言われていることですが、1つのスキルで一流を目指すのはたぐいまれな才能と長時間が必要です。一方で、それぞれのスキルは2流3流だけど、組み合わせて価値を最大化するのは工夫次第で誰にでもできます。其田の場合は

・気象予報士
(天気・桜・紅葉を予測してルートの最適化)
・通訳案内士
(文化・歴史・風土・お土産屋・旅程管理)
・写真
(想い出の可視化)

を組み合わせて1時間撮影で400USD(約44000円)を基本としています。インバウンド観光+ロケーション撮影をしたいクライアントに価値のあるスキルをそろえた感じですね。

04 地域や時期を変えて稼ぎを増やす

東京一極集中化が激しい日本ですが、同じことをやるにしても地域や時期を変えれば勝負できることがあります。都市部ではなくローカルで展開する例ですね。例えば東京などの都市部での撮影はクオリティが高く安価なカメラマンがたくさんいるので、コネがないと食べていくのはちょっとしんどいです。一方で、地方に行くとカメラマンの数も少ないですし、品質も圧倒的に落ちるのでねらい目なわけですね。

其田の場合は東京と京都をメインに撮影をしていますが、繁忙期の桜シーズンは満開の時期が1週間ほど東京のほうが早いんですね。なのでまず東京で1日5件ほどゴリゴリ撮影して、そのあとに京都に移動して撮影するみたいな地域と時期をずらして稼ぎを増やしています。風の人タイプなのでわりとこの働き方が好きです。ほかの例をあげると、春から秋は伊豆大島でゲストハウス、冬は白馬でゲストハウスをしているもりおさんなどがいい例です。

05 作業を自動化する

とはいえ労働集約型サービスには限界があります。最大の資産である時間をどう捻出するか?がカギです。ポイントは「自分の時間を捻出する仕組みに投資をする」ということ。

例えばフォトグラファーの大きな悩みであるデータ管理はアマゾンプライムフォトでRawファイルごとクラウドに保存するのはもちろんですが(映画も見れて無制限保存で年間5000円はコスパ最強すぎるまだの人は入っておきましょう)、NASを導入して自動的にRawと納品用Jpegを複数HDDに保存するようにしています。これめっちゃ便利。

【関連】カメラマンのためのおすすめ写真データ保存方法(クラウド・NAS自動同期で簡単管理)

・乾燥機付き洗濯機
・ルンバ

にはとても助けられています。朝出かけるときにぽちっとおせば返ってきた後には洗濯物も乾いてお部屋もピカピカになっているので、持っていない人は自己投資するのをおすすめします。

【関連】20代会社員向け!サラリーマンが年間200万円節約貯金するためのおすすめ自動化グッズ

06 Web・SNS・イベントマーケティングをする

いかに柔軟に変化し生き残るか?が大切な世の中ですが「知ってもらう」ことに力をいれないとせっかくいいものを持っていても仕事につなげるて生き残ることは厳しいです。とくにいまのご時世はオンラインとオフラインを融合したマーケティング(OMOマーケティングといいます)をしてUI/UX(お客さんのページ遷移やそのためのボタン配置など)を整えてあげないと注文まで届かないんですよね。逆にこれができていれば多少腕が悪くても仕事の引き合いはたくさん来ます。

07 不安な気持ちによりそってあげる

情報過多ないまの世の中では、他人のキラキラ投稿と自分を見比べて不安や嫉妬の渦に飲み込まれてしまうことがあります。そういう時は、

あっ自分不安になっているな

と自分の心を客観的に見て寄り添ってあげるのが大切です。誰しもが負の感情を持ちながら生きているので大丈夫。ゆっくりちょっとずつ前にすすみましょう。情報を遮断して見ないようにするのも有効です。

【関連】ネガティブな感情と健全につきあう3つの方法

以上「月収5万円の貧乏カメラマンが月収100万円になるまでにした7つのこと」でした。

それではきょうはこのへんで。

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
社会不適合な旅する写真家夫婦のお話です。月額500円で約200本のバックナンバーを無料で見れるお得なマガジンです。現在累計40人購読中。100人突破したら過去記事が有料化されるのでおはやめに:)

社会不適合な旅する写真家夫婦のお話です。月額500円で約200本のバックナンバーを無料で見れるお得なマガジンです。現在累計40人購読中...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます!日々悩んでいたり、なんだか生きづらそうに暮らしているお友達がいたらこのnoteを紹介してくれると嬉しいです:)

すごくすごく嬉しいです!(^0^)/
34
1991年生まれ。海外企業と契約して通訳案内士かつ気象予報士なフォトグラファー。夫婦でオフグリッドなキャンプ車中泊とシェアハウスはじめました。Twitterみてね😊https://twitter.com/haletoke 妻:https://note.mu/arinkosan
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。