スクリーンショット_2019-09-12_20

FigmaにDaily Patternが紹介された

Figmaの公式ブログで私のDaily Patternが取り上げられた。

▼ こちらがその記事

アメリカでは本名のNamika Hamasakiとして活動していて、こうして本名で公に私の活動が取り上げられるのは初めてのことなので、とても嬉しい。

きっかけ

きっかけは2ヶ月ほど前。 Dribbble にDaily Patternをアップロードしているのだけれど、それを見たFigmaの中の人が連絡をくれたことだった。

スクリーンショット 2019-09-12 17.50.29のコピー

Dribbbleのコメント欄だけでなく、私のLinkedInアカウントにも連絡がきていた。書かれていた連絡先にメールを送ったところ、ブログに掲載したいとの返信が返ってきたのだった。丁寧だなと思ったのは「FigmaのブログはこれくらいのPVがあって、Twitterやメールでも配信するのでこれくらいの人数の人にリーチできる」といったメリットを提示してくれたことだった。それがなくても、大好きなプロダクトなのでやっていたとは思うけれど、好印象を受けた。

その後ビデオチャットで話をした。
「作るようになったきっかけは?どういう風に作っている?」といった質問や、掲載にあたってFigmaで数枚模様を作って欲しいことや、制作過程を録画して欲しいといった要望を受けた。
向こうからも質問はある?と聞かれたので、締め切りはある?と質問すると「特にないし任せるけれど、他の人は2週間くらい」とのことだったのでそれを目安にして制作した。

依頼された制作過程の録画は、Figmaの公式Twitterで紹介された。

掲載にあたって制作したもの

6つの模様を制作して、どのように作っているのかのプロセスもFigma上に制作したのだけれど、そのファイルに書かれている内容を元にあの記事は制作された。Figmaのマーケティングチームにライターの人もいるようで、私のたどたどしい英語がプロの手によって1つの記事にまとめられていてステージングにアップされた記事を公開前に一足先に読んだ時は感激した。

スクリーンショット 2019-09-12 20.20.46

スクリーンショット 2019-09-12 20.20.36

制作した6つの模様と、制作プロセスの解説

ただ模様を作るだけじゃなくて、コンポーネントをコピーしていじるだけで見た人も作れようにすることをこちらから提案して制作したりもした。

スクリーンショット 2019-09-12 20.52.03

Figma Communityにアップしたので、リンクを開いて「Duplicate」を押すことで、みなさんも自由に遊べます。


自分が作ったものを発表することで、こうして誰かの目にとまり、さらに多くの人に見てもらえるというのは作っていて良かったと思える瞬間だった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます!サポートは執筆のお供としてコーヒー代になります。シェアしていただくこともサポートになります 🙏 🐦 Twitterもフォローしていただけたら嬉しいです https://twitter.com/haiji505/

おすすめの本です
77
サンフランシスコで働くデザイナー。スタートアップスタジオAll Turtles所属。新潟県出身。 🎨 http://haiji.co/ 🎙Podcast https://export.fm/ 📘デザイナーの英語帳 6/16発売 https://amzn.to/3e0hM0y

こちらでもピックアップされています

灰色ハイジのデザインにまつわるノート
灰色ハイジのデザインにまつわるノート
  • 22本

UI考察や、デザイナーとしてのキャリアなど、デザイン全般について書いたノートです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。