6年目の肌らぶ、サイトリニューアルの”ウラバナシ”
見出し画像

6年目の肌らぶ、サイトリニューアルの”ウラバナシ”

肌らぶをご覧の皆様
編集部のakikoです。

不定期更新のnote、前回は「肌らぶ」の自己紹介をさせていただきましたが、今回は7月におこなった肌らぶのサイトリニューアルに関して、詳しくお話をしていきたいと思います。


編集部の課題

肌らぶが6周年を迎える、そして運営が弊社に移った事を踏まえて、
今までの肌らぶからどうパワーアップさせるかが編集部の課題でした。

その中でも一番悩んだのは「肌らぶ」というメディアの
世界感・コンセプトをどうしていくか。

6年間「素肌をきれいに、素肌美人を目指す」というコンセプトで運営を続けてきましたが、年々多様化していく「美」に関する悩みやあり方、価値観を踏まえた上で、ユーザーに寄り添った情報を届けていくには、より進化させる必要がある。

そこで取り組んだのが肌らぶのサイトデザインのリニューアルでした。


リニューアルデザインについて

リニューアル前の肌らぶは白とグレーをベースにした比較的にシンプルなサイトの構成でした。

画像1

リニューアル前の肌らぶ

非常にシンプルなデザインではありましたが、このサイトのままでは、
今一つメディアの世界観というものを構築できずにいたのと、カテゴリーの検索がし辛かったりと、利便性の面でも課題がありました。

ではこのサイトからどういう風なイメージを変えていくか。
そう考えていた時に、クリエイティブチームからサイトリニューアルのコンセプトとして提示されたのが「ありのままの美しさを目指すあなたへ」という案です。

「ありのままの美しさを目指すあなたへ」とは?

肌らぶのメインユーザーは20代の後半以降女性。
いわゆる「働く女性」が多くなる世代にあたります。

仕事」「家庭」人間関係」「将来のビジョン

抱える悩みや課題は千差万別ありますが、それを一つづつ克服し、
段々と「自分らしさ」や「ありのままの自分」を見つけていく時期にあると思っています。

美への関心もまた同じで、自分に合うものを自分の手で選び取れるようになってきたからこそ、「自分」が好きな「自分」をだんだんと理解し始める時期を迎えています。そしてそれは女性だけでなく男性も同じです。

つまり「ありのまま」というのは
自分が自分らしく息がしやすい状態」を指すのではないでしょうか。

肌らぶはそんななかでも「よりナチュラルに」自分らしさや、
ありのまま自分の美しさを目指したい人たちに向けたサイトにする。
クリエイティブチームのテーマ案をうけて
編集部ではサイトの方向性を上記のように定義しました。

そしてデザインのポイントとして、今回、このテーマの世界観を出すために取り入れたのが「アースカラー」です。その中でも「無彩色系」のカラーを多く取り入れています。

そのほかの美容メディアと差別化を図る目的もありますが、テーマが「ナチュラルさ」などを含んでいるため、サイトも見ている人が、落ち着けるようなカラーを取り入れました。

site_top_ imageのコピー

新デザインの肌らぶ

また機能面でも、カテゴリー検索やタグ検索、執筆者のプロフィールなど、より見やすい仕様へと変更いたしました。

デザインのリニューアルに合わせた記事コンセプトの方向性

デザインが変わったことも受け、記事のコンセプトもまだチューニング中の段階ではありますが、少しずつ、これまでの肌らぶとは違うものにも取り組み始めました。

まずはレシピ系の記事の発信。
肌の健やかさはスキンケアなど外側からのアプローチだけではなく
日ごろ摂取する食事の面も大きく作用してきます。
そこで、必要な栄養素を日常の生活で取り入れやすいものを中心に、
情報の発信をしています。

■ロカボメニュー
https://hadalove.jp/low-carb-diet-813839

■美容にいいレシピ
https://hadalove.jp/beauty-recipe-809902

そして情報発信をしてくれるライターに関しても、
これまでは編集部やインフルエンサーの監修記事などを公開してきましたが、よりリアルな声を届けられるよう公認ライター制度を設けました。

肌らぶの公認ライターは女子大生から、40代のママさんライターまで幅広い世代が活躍しています。彼女たちも肌らぶユーザーと同じく様々な環境で、それぞれ美容に関する悩みを抱えながら、自ら個人的にもSNSなどを通じて美容に関する情報を発信中です。「美」に関する想いをアツく持った人々なので、彼女たちと企画を作ることで、編集部のメンバーも影響を受けることもしばしば。

そして彼女たちが手掛けるそれぞれのコンテンツは彼女たちが実際に試した上での「生の声」です。そのため記事に個々のキャラクターが良く表れています。

なかでも6周年記念企画で行っている「#私の思い入れコスメ 」では
彼女たちが、これまで触れあってきたコスメの中でも

カラーメイクの楽しさを教えてくれた
幼少の頃母が愛用していて憧れていた
自分に新たな自信をつけてくれた

など、ターニングポイントになったようなコスメを紹介しています。

■思い入れコスメ
https://hadalove.jp/tag/%e6%80%9d%e3%81%84%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a1

このように「よりリアル」で「多角的な視点」から
「ありのままの美しさ」を追求できるようなメディアにできるよう
今後も編集部は企画を行っていきます。

まとめ

今回はリニューアルに関しての”ウラバナシ”をご紹介しました。
次回は最後に取り上げた公認ライターたちの中で、肌らぶで「ライター」の仕事にはじめて挑戦をしたメンバーのインタビューを行います。

美容ライターをはじめて、彼女の「美」への意識はどのように変化したのか。
次回もお楽しみに!

■肌らぶへの掲載をご検討の企業様は下記フォームよりご連絡ください。
https://hadalove.jp/contact/company

■肌らぶではライターも絶賛募集しております。
条件をご一読の上ご応募ください。
https://hadalove.jp/contact/writer

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
肌らぶ編集部が企画秘話やプロモーションに関する”ウラバナシ”を紹介する、肌らぶ公式noteです。 肌らぶ公式サイトはこちら(https://hadalove.jp/