マガジンのカバー画像

会社の成長を支えるナンバー2の育て方

91
ナンバー2の育て方について中小企業3社でナンバー2を務めた実績と本物の経験から解説。どんな基準で選ぶか、何を任せるか、どう指導するのか、どう信頼関係を作るのか、誰も教えてくれない… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.91 ナンバー2の役割⑫リーダーの…

現場のリーダーとしてバランス感覚を身につけさせる中小企業のナンバー2は社長の補佐をしつつ…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.90 【ナンバー2の選び方】功ある者には禄…

ナンバー2選びで起きてしまう大誤算社長の右腕、ナンバー2として選んだ人が社長の期待通りに…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.89 ナンバー2の役割⑪諫言役の機…

諫言してくれるナンバー2はいますか?ナンバー2の役割解説も11回目を迎えました。今回は諫言…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.88 ナンバー2の役割⑩諜報役の機…

意思決定には多くの情報が必要経営者は世の中で起きていることにアンテナを張り巡らせ、常にビ…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.87 ナンバー2の役割⑨嫌われ役の…

社員に厳しいことを言えない社長事業活動の中で時には社員に対して厳しいことを言わないといけ…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.86 ナンバー2は一人がいいのか?複数がい…

ナンバー2は複数いたほうがいいのかという問題社長をされている方との会話で多いのは、「ナン…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.85 【社長必見】ナンバー2を育てるうえで大事なポイント

ナンバー2を育てるうえで大事なポイントとは?自分の会社にもナンバー2はいるが、どうも期待通りに行動してくれないという悩みを持つ社長は多いです。 その原因によって対応は異なります。 単純にナンバー2のスキルや経験の不足によるものであれば、 ・スキルアップのために研修やセミナー受講など学びの機会を与える ・より多くの経験を積ませ、長い目で見て成長してくれるまで見守る ・面倒くさがらずに一定期間は経営目線を説きながら任せた業務の進め方を丁寧に教える ナンバー2としての役割や

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.84 ナンバー2の役割⑧代理役の機…

社長が対応しなければならない仕事は実は少ない中小企業では社長が不在だと会社の機能がストッ…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.83 ナンバー2の役割⑦統括役の機…

社長が一人で全てを把握することは現実的に無理です従業員が10名を超えたあたりから把握できな…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.82 貞観政要から学ぶ社長に必要な…

■貞観政要から学ぶ社長に必要な心がけ 社長には絶対的な権限がありますが、その権限の使い方…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.81 ナンバー2に何を求め、どんな関係性を…

たまには引用記事で投稿しようとかと思います。 プレジデントオンラインでソニーの井深さん&…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.80 ナンバー2の役割⑥調整役の機…

【調整役に対するイメージは良い?悪い?】 調整役と聞くと皆さんはどんなイメージを抱くでし…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.79 後継者の補佐役を育成する視点

【事業承継では後継者の補佐役についても検討が必要】 事業承継を検討する場合、後継者をいか…

会社の成長を支えるナンバー2の育て方 vol.78 ナンバー2の役割⑤改革役の機能

【会社をもっと良くしたいと考える人材が組織の成長を促す】 日々の仕事の中で「あれ?これでいいのかな?」と従業員が感じない会社は成長しません。表面的には日々つつがなく業務が捗っているように見えても、アンテナを張っていると、小さな違和感を覚えるものです。 社長は社内全体を把握しているようで、見えてない、気づかないことも多く、その小さな違和感まで感じ取ることは難しいと思います。 理由としては、物理的な問題と社長と従業員の関係性にあります。社長が有能で、人格に優れていても従業員