GY.Materials

ノルマ0、1枚目からチャージバック70%のイベントを開催します。 http://gymaterials.jp/?template=777 動機等はこちらで。 https://note.mu/gymaterials/n/n7ee96fc6cd6b
    • 舞台論
      舞台論
      • 36本

      舞台を良くするための理論。体系立てられたものでは無いです。

    • 777
      777
      • 7本

      777に関する記事のまとめ。

    • ノルマ制は舞台の害
      ノルマ制は舞台の害
      • 18本

      チケットノルマ制がいかに良い舞台を作るための弊害となっているかについて。バンドに限らず演劇、オペラ等あらゆる舞台公演に共通するものと考えています。

    • すべてのマガジンを表示
  • 商品の画像

    ロックパーカー(777ロゴ:黒・背面)

    ノルマゼロ、70%バックのライブイベント777のロゴパーカーです。 http://gymaterials.jp/?template=777 普段着でも使えるようクールなドクロをモチーフにしたデザインにしました。ライブハウスにはピッタリです。 ※この商品はpixivFACTORYで作られた商品です。サンプル画像は完成イメージのため、実物と異なる場合があります。受注生産のためお時間少々いただきます。 ▼シャツが1枚売れる度に日本の音楽文化が良くなります 日本の音楽文化はノルマ文化です。興行主が演者に高いノルマを乗せ、ノルマを支払える人を出演させる。 実力よりも本人の経済力が優先される文化。これが音楽に限らず芸能の世界では良く見られる手法です。 興行主の金銭リスクをゼロにした結果、内容の質を低下させる。そんな興行が続けば、当然演者の質も下がり、才能のある人の発掘も、育成もできません。 777はそういうノルマ文化を否定する興行です。興行主が興行のリスクを背負う。当たり前の話なんです。 このシャツのロゴはそのイベントの信念を形にしたものです。屍に翼を与え、再び蘇らせる。舞台に命を吹き込む儀式。それが777です。 ご購入いただいた1着は舞台のライフに変わります。 取り組みや自分の主張にご共感いただけましたら是非、着用してみてください。
    5,550円
    gymaterials
  • 商品の画像

    ロックTシャツ(777ロゴ:黒・前面)

    ノルマゼロ、70%バックのライブイベント777のロゴTシャツです。 http://gymaterials.jp/?template=777 普段着でも使えるようクールなドクロをモチーフにしたデザインにしました。ライブハウスにはピッタリです。 ※この商品はpixivFACTORYで作られた商品です。サンプル画像は完成イメージのため、実物と異なる場合があります。受注生産のためお時間少々いただきます。 ▼シャツが1枚売れる度に日本の音楽文化が良くなります 日本の音楽文化はノルマ文化です。興行主が演者に高いノルマを乗せ、ノルマを支払える人を出演させる。 実力よりも本人の経済力が優先される文化。これが音楽に限らず芸能の世界では良く見られる手法です。 興行主の金銭リスクをゼロにした結果、内容の質を低下させる。そんな興行が続けば、当然演者の質も下がり、才能のある人の発掘も、育成もできません。 777はそういうノルマ文化を否定する興行です。興行主が興行のリスクを背負う。当たり前の話なんです。 このシャツのロゴはそのイベントの信念を形にしたものです。屍に翼を与え、再び蘇らせる。舞台に命を吹き込む儀式。それが777です。 ご購入いただいた1着は舞台のライフに変わります。 取り組みや自分の主張にご共感いただけましたら是非、着用してみてください。
    3,050円
    gymaterials
  • 商品の画像

    ロックTシャツ(777ロゴ:黒・背面)

    ノルマゼロ、70%バックのライブイベント777のロゴTシャツです。 http://gymaterials.jp/?template=777 普段着でも使えるようクールなドクロをモチーフにしたデザインにしました。ライブハウスにはピッタリです。 ※この商品はpixivFACTORYで作られた商品です。サンプル画像は完成イメージのため、実物と異なる場合があります。受注生産のためお時間少々いただきます。 ▼シャツが1枚売れる度に日本の音楽文化が良くなります 日本の音楽文化はノルマ文化です。興行主が演者に高いノルマを乗せ、ノルマを支払える人を出演させる。 実力よりも本人の経済力が優先される文化。これが音楽に限らず芸能の世界では良く見られる手法です。 興行主の金銭リスクをゼロにした結果、内容の質を低下させる。そんな興行が続けば、当然演者の質も下がり、才能のある人の発掘も、育成もできません。 777はそういうノルマ文化を否定する興行です。興行主が興行のリスクを背負う。当たり前の話なんです。 このシャツのロゴはそのイベントの信念を形にしたものです。屍に翼を与え、再び蘇らせる。舞台に命を吹き込む儀式。それが777です。 ご購入いただいた1着は舞台のライフに変わります。 取り組みや自分の主張にご共感いただけましたら是非、着用してみてください。
    3,050円
    gymaterials
  • もっとみる

777 Vol.2.5無事終了しました

 777 Vol.2.5無事終了しました。ご来場いただいた皆様本当にありがとうございました。  何はともあれこのコロナ禍で開催できたこと、そしてご来場いただけたことに感謝…

出演バンド数は例えるならネジのトルク。かけすぎるとお客さんというネジ山はねじ切れてしまう

 8バンドは止めよう、バンド数は少なく、上演時間は短くしましょう。そういう発信をずっと続けていますが、中には「バンド数が多くてもお客さんを飽きさせない演者を選べ…

地方創生と音楽の商売下手の共通点

地方創生に関するツイートで、音楽等の分野でも同じ現象がみられるなと思いましたので、そのツイートのまとめです。 ツイートまとめ所感 文化的な活動なのですから出すべ…

チケットノルマは売上の数字ばかりを追いかけた結果、行きついた袋小路

FF14を立て直した吉P氏のソシャゲー低迷に関する見解とチケットノルマ制による舞台芸能の停滞に共通点がありましたので、拝見した際に所感ツイートをいくつか行いました。…

任意団体の通帳をゆうちょで得た体験まとめ

先日晴れてゆうちょの審査が通り任意団体の通帳を手に入れる事が出来ました。  数年前のブログなどを拝見すると個人の団体というやや矛盾したものでも「たまたま今は一人…

ライブをやった時の源泉徴収の方法

 TriArtの第二回である沖縄学より、主催に関しては任意団体としてのGY.Materialsが催すこととなりました。(音源に関しては諸事情があるので同名の別団体扱いです)  こ…