GY.Materials

ノルマ0、1枚目からチャージバック70%のイベントを開催します。 http://gymaterials.jp/?template=777 動機等はこちらで。 https://note.mu/gymaterials/n/n7ee96fc6cd6b

GY.Materials

ノルマ0、1枚目からチャージバック70%のイベントを開催します。 http://gymaterials.jp/?template=777 動機等はこちらで。 https://note.mu/gymaterials/n/n7ee96fc6cd6b

    マガジン

    • 法人運営関係

      法人運営関係のメモ、備忘録を兼ねたまとめ

    • Tri Art

    • ノルマ制は舞台の害

      チケットノルマ制がいかに良い舞台を作るための弊害となっているかについて。バンドに限らず演劇、オペラ等あらゆる舞台公演に共通するものと考えています。

    ストア

    • 商品の画像

      ロックパーカー(777ロゴ:黒・背面)

      ノルマゼロ、70%バックのライブイベント777のロゴパーカーです。 http://gymaterials.jp/?template=777 普段着でも使えるようクールなドクロをモチーフにしたデザインにしました。ライブハウスにはピッタリです。 ※この商品はpixivFACTORYで作られた商品です。サンプル画像は完成イメージのため、実物と異なる場合があります。受注生産のためお時間少々いただきます。 ▼シャツが1枚売れる度に日本の音楽文化が良くなります 日本の音楽文化はノルマ文化です。興行主が演者に高いノルマを乗せ、ノルマを支払える人を出演させる。 実力よりも本人の経済力が優先される文化。これが音楽に限らず芸能の世界では良く見られる手法です。 興行主の金銭リスクをゼロにした結果、内容の質を低下させる。そんな興行が続けば、当然演者の質も下がり、才能のある人の発掘も、育成もできません。 777はそういうノルマ文化を否定する興行です。興行主が興行のリスクを背負う。当たり前の話なんです。 このシャツのロゴはそのイベントの信念を形にしたものです。屍に翼を与え、再び蘇らせる。舞台に命を吹き込む儀式。それが777です。 ご購入いただいた1着は舞台のライフに変わります。 取り組みや自分の主張にご共感いただけましたら是非、着用してみてください。
      5,550円
      gymaterials
    • 商品の画像

      ロックTシャツ(777ロゴ:黒・前面)

      ノルマゼロ、70%バックのライブイベント777のロゴTシャツです。 http://gymaterials.jp/?template=777 普段着でも使えるようクールなドクロをモチーフにしたデザインにしました。ライブハウスにはピッタリです。 ※この商品はpixivFACTORYで作られた商品です。サンプル画像は完成イメージのため、実物と異なる場合があります。受注生産のためお時間少々いただきます。 ▼シャツが1枚売れる度に日本の音楽文化が良くなります 日本の音楽文化はノルマ文化です。興行主が演者に高いノルマを乗せ、ノルマを支払える人を出演させる。 実力よりも本人の経済力が優先される文化。これが音楽に限らず芸能の世界では良く見られる手法です。 興行主の金銭リスクをゼロにした結果、内容の質を低下させる。そんな興行が続けば、当然演者の質も下がり、才能のある人の発掘も、育成もできません。 777はそういうノルマ文化を否定する興行です。興行主が興行のリスクを背負う。当たり前の話なんです。 このシャツのロゴはそのイベントの信念を形にしたものです。屍に翼を与え、再び蘇らせる。舞台に命を吹き込む儀式。それが777です。 ご購入いただいた1着は舞台のライフに変わります。 取り組みや自分の主張にご共感いただけましたら是非、着用してみてください。
      3,050円
      gymaterials
    • 商品の画像

      ロックパーカー(777ロゴ:黒・背面)

      ノルマゼロ、70%バックのライブイベント777のロゴパーカーです。 http://gymaterials.jp/?template=777 普段着でも使えるようクールなドクロをモチーフにしたデザインにしました。ライブハウスにはピッタリです。 ※この商品はpixivFACTORYで作られた商品です。サンプル画像は完成イメージのため、実物と異なる場合があります。受注生産のためお時間少々いただきます。 ▼シャツが1枚売れる度に日本の音楽文化が良くなります 日本の音楽文化はノルマ文化です。興行主が演者に高いノルマを乗せ、ノルマを支払える人を出演させる。 実力よりも本人の経済力が優先される文化。これが音楽に限らず芸能の世界では良く見られる手法です。 興行主の金銭リスクをゼロにした結果、内容の質を低下させる。そんな興行が続けば、当然演者の質も下がり、才能のある人の発掘も、育成もできません。 777はそういうノルマ文化を否定する興行です。興行主が興行のリスクを背負う。当たり前の話なんです。 このシャツのロゴはそのイベントの信念を形にしたものです。屍に翼を与え、再び蘇らせる。舞台に命を吹き込む儀式。それが777です。 ご購入いただいた1着は舞台のライフに変わります。 取り組みや自分の主張にご共感いただけましたら是非、着用してみてください。
      5,550円
      gymaterials
    • 商品の画像

      ロックTシャツ(777ロゴ:黒・前面)

      ノルマゼロ、70%バックのライブイベント777のロゴTシャツです。 http://gymaterials.jp/?template=777 普段着でも使えるようクールなドクロをモチーフにしたデザインにしました。ライブハウスにはピッタリです。 ※この商品はpixivFACTORYで作られた商品です。サンプル画像は完成イメージのため、実物と異なる場合があります。受注生産のためお時間少々いただきます。 ▼シャツが1枚売れる度に日本の音楽文化が良くなります 日本の音楽文化はノルマ文化です。興行主が演者に高いノルマを乗せ、ノルマを支払える人を出演させる。 実力よりも本人の経済力が優先される文化。これが音楽に限らず芸能の世界では良く見られる手法です。 興行主の金銭リスクをゼロにした結果、内容の質を低下させる。そんな興行が続けば、当然演者の質も下がり、才能のある人の発掘も、育成もできません。 777はそういうノルマ文化を否定する興行です。興行主が興行のリスクを背負う。当たり前の話なんです。 このシャツのロゴはそのイベントの信念を形にしたものです。屍に翼を与え、再び蘇らせる。舞台に命を吹き込む儀式。それが777です。 ご購入いただいた1着は舞台のライフに変わります。 取り組みや自分の主張にご共感いただけましたら是非、着用してみてください。
      3,050円
      gymaterials
    • もっとみる

    最近の記事

    • 固定された記事

    商用利用可の音源販売中

    DLsiteにて音源を発売中です。 サンプル等はCi-en、もしくはChobitにてご確認ください。

      • Tri Art Vol.5 十月の朝顔~夢か現か幻か 無事終了しました

        Tri Art Vol.5 十月の朝顔~夢か現か幻か、が無事終了しました。 昨年拝見させてもらって、年の初めぐらいにまた別の朗読を拝見し、その際に出演を打診したものです。 ライブハウスの使い方も色々と模索が必要でしたし、何よりコロナの真っただ中興行を企画して実施された方は信頼ができると思いましてお声がけさせてもらいました。 前回拝見させてもらった時よりもより洗練された内容になっていたと思います。特に川島さんは前回のぶっきらぼうに寄せた役作りからから弱さみたいなものを盛り

        • YouTubeでライブ配信をしたら著作権の権利侵害で非公開になった

          先日業務でYouTube配信した動画が著作権者の申し立てにより一時的に非公開となりました。 該当箇所の音を消す、という対処をYouTube側が自動的に行ってくれたそうで再度公開とはなっています。が、今回はその対処法について。 何が問題だったのか ライブハウスの場内で流れていたBGMが音源の権利に引っかかったようです。これは歌ってみたや弾いてみた、あるいは通常配信や実況時のBGMなどでも発生しうる問題かと思いますが、「音源は音源で別途権利が存在」します。作曲者と音源の作者

          • Tri Art Vol.6 Fly as high as the suuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuun!!!!

            Tri Art Vol.6 Fly as high as the suuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuun!!!! が無事終了しました。取り急ぎ主催者から簡単な感想をば。 (決定順にナンバリングを振っているので次回のリーディング公演とは番号が前後しています) 当日のライブの感想等課題曲とロングトーン 課題曲としてFlight Of Icarusを入れてもらい、かつ、最後の「Fly as high as the sun」でロングトーンを入れてもらうという内容で

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 法人運営関係
            GY.Materials
          • Tri Art
            GY.Materials
          • ノルマ制は舞台の害
            GY.Materials
          • ライブ配信関係
            GY.Materials
          • 著作権
            GY.Materials
          • 舞台論
            GY.Materials

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            777 Vol.3無事終了しました

            777 vol.3が終了しました。ご出演頂いた皆様、ご来場いただいた皆様ありがとうございました。遅くなりましたが、以下、簡単なご報告と感想になります。 簡単なご報告動員そのものは57名と前回より1名下回りましたが、チケット代を3000円に値上げさせていただきましたので売り上げそのものは記録を更新しました。同時にギャラも全体で20万を上回る金額となり、いずれも過去最高を記録しました。 閉会のあいさつでも若干述べましたが、コロナの影響で体感を伴う娯楽が急激していまして、その辺

            コロナで失った多くの娯楽、上演を一つでも実施するために

            noteにて「#noteクリエイターサポートプログラム」という有難い取り組みが有りましたので是非応募させていただきたいと思いまして作成したものです。 概要としましては2022/11/28に実施します公演の会場費の一部を支援していただけましたらと考えています。 支援してもらいたい内容等支援してほしい活動の内容  下記リーディング公演の開催 支援してほしい活動の時期や期限  2022/11/26 支援を希望する内容(支援金を希望する場合は、用途と希望金額もお書きくださ

            チケットノルマを取る以上はバンドさんはお客さん

             チケットノルマを払っているから客だと思っているのならどうかしているというご意見なんですが、これは前々から指摘している発注者と受注者の混同によるものですね……。チケットノルマを取っている以上はお客さん以外にはならないです。過去動画でもお話しましたが、ここに関しては全体で論点をしっかり整理しておく必要があると思います  いい機会なので少し整理しておきたいのですが、なぜチケットノルマを取るとお客さんになるかと言うと、理由は単純で、お金を出している側の人の方が立場が強いからです。

            法人の確定申告を自分でやってみました

             昨年、AFFに対応するためGY.Materials(の興行に関する事業)を法人化しました。  元々個人事業主の青色申告でしたのでその応用で法人の確定申告も大丈夫だろうと思っていたのですが、提出書類が全く違い難儀しました。  同じようにAFFから法人を立ち上げた方も大勢おられると思いますので、そちらの方向けに自分の手順について記録を残します。今の所何も連絡は無いのでやり方としては多分正しいと思います。  なお青色申告で処理しました。白色についてはよく解りませんが、これか

            ATEM mini Proを使用してのYouTubeへのライブ配信

            配線等に関しては以前作成したエントリーを参照されてください。 ざっくりとした配線図は以下の通りです。 YouTubeとツイキャスの違いATEM mini Proで作業する場合、YouTubeとツイキャスでは以下の作業工程が異なります。 rtmpサーバー(配信に使うサーバー)  ツイキャス   URLが毎回違うのでXML(設定ファイル)の編集が必要。  YouTube   URLが固定なのでXML(設定ファイル)の編集が不要。 ストリームキー  ツイキャス   アカウント

            音楽の著作権は何小節まで認められるのか

            「2小節程度のフレーズには著作権を認めないことが必要です」  上記は音楽教室との裁判の動画に寄せられたコメントです。これは昔からよくある都市伝説で、短いフレーズであれば著作権違反にならない(あえて侵害ではなく違反と書きます)とよく言われてきました。しかし、著作権法に小節数に関する規定は存在しないため、この都市伝説には法的根拠がありません。短くとも著作権は発生しえます。  話の展開と言いますか、議論の方法として極めて良くない所が目立ちますので、いい機会ですし解説を交えて自分

            神戸ヤオパイワンマンライブ 感想

            2021/11/14、GY.Materials主催で実施しました神戸ヤオパイさんのワンマンライブが無事終了しました。 今年一年のライブの締めくくりとしてもいいライブをやっていただけまして、本当に感謝しています。 このコロナでハコが本当に動かなくなって、なんとか動かせないかとTriArtをやって見ようと試みた一年の最後のライブが本ライブです。 ヤオパイさんにお声がけしたきっかけですが、2月にCDを頂いてまして。その際、YouTubeなどを拝見していいバンドさんだなと感じて

            ゆるウイnight無事終了しました。

            遅ればせながら。10/30日にゆるウイnightを主催しまして、無事終了しました。お忙しい中ご来場いただいた皆様、有難うございました。面白かったし楽しかったですw 沖縄学を開催したこともあるのでしょうが、今年は本当に文化とは何ぞやと考えながら過ごす日が本当に多くて、その答えの一部らしきものが今回の公演で何となくつかめたような気がします。 鷲尾さんの研究である民族音楽の音階の分布であったり、あるいは地域の気候がメロディの造りに影響を与えると言うような話であったり、遺伝子的な

            777 Vol.2.5無事終了しました

             777 Vol.2.5無事終了しました。ご来場いただいた皆様本当にありがとうございました。  何はともあれこのコロナ禍で開催できたこと、そしてご来場いただけたことに感謝します。  演者さん、会場、スタッフ、お客さん、全員あって初めて成り立つものですのでここに関しては本当に感謝しかありません。  動員も58名と、コロナ禍中としてはいい数字を達成できたと思いますし、久しぶりに賑やかなブランニュー、賑やかなハコを見る事が出来ました。  個人的な感想ですが、お越しいただいた

            出演バンド数は例えるならネジのトルク。かけすぎるとお客さんというネジ山はねじ切れてしまう

             8バンドは止めよう、バンド数は少なく、上演時間は短くしましょう。そういう発信をずっと続けていますが、中には「バンド数が多くてもお客さんを飽きさせない演者を選べばいい」という意見もあると思います。しかし実際にはお客さんのコンディションは時間が長ければ長いほど悪くなっていき、体力の低下と共に飽きを感じてしまいます。これは人体の仕組みです。  今回はその人体の仕組みをネジに例えてみた一連のツイートのまとめと、補足の加筆です。 ツイートまとめ補足 8バンドのライブは、1バンド3

            地方創生と音楽の商売下手の共通点

            地方創生に関するツイートで、音楽等の分野でも同じ現象がみられるなと思いましたので、そのツイートのまとめです。 ツイートまとめ所感 文化的な活動なのですから出すべき、という類の高圧的なお願いはオペラのマネージャーをやっていた頃から常々感じてまして。何か違うんじゃないかなと漠然と思ってました。要はマーケティングが根本的に間違ってるって言う話なんですが。  ここでネックになってくるのが音楽はお金ではないとか言う意味の解らない考え方なんですよね。お金が稼げてないから維持できない、

            チケットノルマは売上の数字ばかりを追いかけた結果、行きついた袋小路

            FF14を立て直した吉P氏のソシャゲー低迷に関する見解とチケットノルマ制による舞台芸能の停滞に共通点がありましたので、拝見した際に所感ツイートをいくつか行いました。本エントリーはそのまとめです。 ツイードまとめ補足 ノルマがなぜ課せられるのかというと、その出演者に演者としての信用が無いからです。実力、集客等において、私はあなたを演者として信用できません。だからノルマを課します。って言う事なんですね。  世の中のライブを見ていて不思議に思うのは「アツイバンドが揃ってます!」