見出し画像

ハリケーンズ、オールブラックのジョーディー・バレットと2022年まで契約延長。

ジョーディー・バレットは、ハリケーンズにもう1シーズン残ることになりました。

このニュースは、ブルースのCEOであるアンドリュー・ホーレが、2022年に兄で同じオールブラックのボーデンと一緒になるためにバレットを追いかけるつもりはないと明かしていたことから、ジョーディーが2017年に加入したスーパーラグビーのフランチャイズに残ることが確定した。

ジョーディー・バレット(24歳)は、NZラグビーと来年までの契約を結んでいますが、ハリケーンズとの前回の契約は、トランスタスマン大会の終了とともに失効しました。

ハリケーンズは木曜日、バレットが今シーズンも再契約したことを確認しました。

ハリケーンズのジェイソン・ホランドHCは、プレスリリースの中で「ジョーディはハリケーンズの中で非常に大きな影響力を持っている」と述べています。

「フィールド外では重要なリーダーの一人として成長し、フィールド上ではそのスキルセットを誰の目にも明らかです」

「そして何よりも、彼は素晴らしい基準と価値観を持った質の高い若者であり、我々の環境の中で、我々全員に影響を与えています」

バレットは、2023年までブルーズと契約しているボーデンと合流するためにオークランドに移籍するのではないかという憶測が流れていましたが、ホアによると、過去に何度か彼をオークランドに呼び寄せようとして失敗しているため、彼のフランチャイズは契約を結ぶことに熱心ではないとのことです。

ホアはNZMEの取材に対し、すでに契約している人材に満足しているため、彼との契約を求めていないと語りました。

ロジャー・トゥイヴァサ・チェックがウォリアーズのNRLキャンペーン終了後にラグビーに転向することが決まっており、ボーデン・バレットも登録されていることから、彼はブルースが2022年に向けて獲得した人材にすでに満足していると述べました。

ホアはNZMEに対し、「ジョーディとは以前から試行錯誤しており、我々にとっては良い方向に向かっている」と語った。

「トゥイバサ・シェックもボーディも来年はここにいます。あとは、他の選手たちが立ち上がるかどうかです」

ウォリアーズのキャプテンであるトゥイバサ・チェックは、15人制のコードではフルバック、ウィング、センターのいずれでもプレーできる選手で、NZラグビーおよびブルーズと2023年までの契約を結んでいます。

ジョディー・バレットは、昨年のオールブラックスではウイングとしてプレーしていましたが、ハリケーンズでは主にフルバックとして起用されており、イアン・フォスターHCは彼の才能をバックラインに押し込もうとしていました。

ボーデン・バレットは、昨年、ブルーズでプレーした後、契約条項を行使してスーパーラグビーをスキップし、日本でプレーしました。その後、ニュージーランドに戻ったバレットは、土曜日にオークランドで行われるハイランダーズとのタスマニア越えの決勝戦を前に、チームと一緒にトレーニングを行っています。

ホランドは以前、ジョーディー・バレットと、キャプテンでフランカーのアーディー・サヴェアの契約延長を希望していました。

タラナキ出身のジョーディー・バレットは、カンタベリーでの好成績を経て、2017年にハリケーンズに入団しました。クルセイダーズのスコット・ロバートソンHCからのクライストチャーチ残留の要請を断り、ウェリントンに移ってボーデンと一緒にプレーすることを選択しました。

彼らの父親であるケビンもハリケーンズでプレーしていました。ジョーディーは、2017年末にオールブラックスでデビューしました。

また、ハリケーンズは、日本でプレーするために今年のキャンペーンをスキップしたオールブラックスのハーフバック、TJ・ペレナラを来年復帰させます。

元オールブラックスのフォワード、オーウェン・フランクスとドミニク・バードも、来年はハリケーンズでプレーすることを確認しています。


この記事が参加している募集

スポーツ観戦記

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大好きなラグビーを中心に、球技を観る事が大好きな喋れる猫です。noteでは海外のラグビーニュースを書いていきます。記事は翻訳ソフトを使って書いているので、訳などがおかしい場合はご指摘下さい。修正します。