見出し画像

「信頼してください...無理はさせません」: 怪我の心配がなくなったライオンズの心強いメッセージ。

ライオンズのアシスタント、ロビン・マクブライドは、ウォーレン・ガットランドHCのチームがジャージー島で行っている準備作業のレベルを早急に信頼する必要があると語り、フォワードコーチはウェールズのウイング、ルイス・リーズ=ザミットのフィットネスに関する懸念を払拭したという。

火曜日のトレーニングでは、20歳の選手は完全に装備されておらず、代わりにコンプレッションレギンスを着用していたことが判明していましたが、現在では彼の健康状態に関する心配は解消されています。マクブライドは、昼休みのライオンズ・メディア・ブリーフィングで、「彼は今日(木曜日)、十分なトレーニングを行いました」と語りました。「今日はダブルデイなので、おそらく午後からも出番があるだろう」とマクブライドは語った。

元ウェールズ代表のマクブライドは、長いシーズンの終わりにダブル・トレーニングを行うということに警鐘を鳴らすかもしれないが、選手たちは可能な限り最善のケアを受けており、仕事と休息のバランスを取ることは、ガットランドと彼のバックルーム・スタッフが持つ過去のライオンズツアーの経験からしても最善の方法であると断言した。

マクブライドは、練習のない水曜日に少しだけ海に入っただけだというが、仕事と休息のバランスはまだ取れていないのかもしれない。しかし、マクブライドは、ガットランドがライオンズに伝えようとしているメッセージを要約し、この時期の選手の待遇がライオンズにとって最も重要であることを主張した。

「私は、仕事が忙しかったので、ホテルから出ることはありませんでした。なんとか抜け出して、5分間海に飛び込んだだけです」とマクブライドは語り、水曜日のダウンデイを振り返り、ライオンズが仕事と休息のバランスをとることの重要性を強調した。

「それが重要なのです。バランスを取る必要がありますが、月曜と火曜の仕事量を考えると、休息が必要でした。ボビー(ストリジョン、フィットネス部門責任者)、プラヴ(マテマ、メディカル部門責任者)、そしてウォーレン(ウェールズ代表)と一緒に仕事をしたことがありますが、選手のケアに気を配るという点では、これ以上の人はいません」

ウォーレンは何度も何度も、「聞いてくれ、優れたコーチングチーム、優れたストレングス&コンディショニングチームである我々を信じてくれ、無理はさせない」と言ってきました。だからこそ、ハードワークをしながらも、セッションが長引かず、すべてがモニターされていて、無理をさせないというバランスを取ることが重要なのです。

「昨日は、ゴルフやビーチ、トンネル探検など、いろいろなことに出かけていきました。これは、みんなが精神的にリフレッシュするためにも、ホテルの外に出るためにも、とても重要なことです。コーチとしては、そのような幸運に恵まれませんでしたが、やるべきことはたくさんあります。私たちがここにいる間、もう2、3日休みがありますが、選手たちにとっては外に出ることができてよかったと思います」

「団結力を高め、理解を深めていくことが重要なのです。今のうちに練習をして、選手たちにいくつかのことを教えておかないと、尻尾を追いかけることになるでしょう。ここにいない選手たちが加わることになれば、また別の課題が出てきます。今ここにいる選手たちが、他の選手たちをキャンプに参加したときにスピードアップさせることができればいいのですが」

ジャージーでのこれまでのライオンズの歓迎ぶりについて聞かれたマクブライドは、次のように答えています。「素晴らしいですよ。ホテルのスタッフは本当によくやってくれています。月曜と火曜はどちらも暑い日だったので、天気を楽しみながら、ハードな練習をこなすことができました。昨日は雨が降らなかった。今日のようなスコットランドやウェールズ、アイルランドのような天気を経験するのは初めてです。でも良かったよ」

「今回も、腕まくりをして乗り切るしかありませんでしたし、選手たちも素晴らしい反応を見せてくれました。この先1週間ほどの滞在を楽しみにしています。私もいつかはホテルを出ることができるかもしれません」

この記事が参加している募集

スポーツ観戦記

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大好きなラグビーを中心に、球技を観る事が大好きな喋れる猫です。noteでは海外のラグビーニュースを書いていきます。記事は翻訳ソフトを使って書いているので、訳などがおかしい場合はご指摘下さい。修正します。