見出し画像

チーフスのフランカー、ラクラン・ボシアーが日本のパナソニックに移籍へ。

チーフスのフランカーであるラクラン・ボシアーは、オールブラックスのセレクションを再び逃したため、来年のスーパーラグビークラブへの復帰はなく、代わりにパナソニックとの契約を結んで日本に向かうことになりました。

Stuffによると、2016年からチーフスで64試合に出場している26歳の選手は、NPCシーズンをタラナキでプレーした後、今年のトップリーグ優勝者であるロビー・ディーンズHC率いるワイルドナイツと日本の新しいプロ競技会でリンクする予定です。日本のクラブは今月末に彼との契約を発表する予定だ。

先週末にシドニーで行われたスーパーラグビー・トランスタスマン最終戦でワラタスに勝利した際には、離脱する選手に与えられる恒例の試合後のコンバージョンを成功させ、移籍の可能性を示唆していた。

ブレイクダウンでの見事なプレーの後、ボールを奪ったり、ペナルティを獲得したりする能力では、常に国内のトップレベルにあったが、代表選考ではまだ下位に甘んじていたのである。

オールブラックスのイアン・フォスターHCは、月曜日の夜に今シーズンの最初のメンバーを決定しますが、Stuffによると、契約を解除したボシアーは、自分が候補から外れたままであることを知らされていたため、ニュージーランドラグビーとの再契約を選択しなかったとのことです。

2020年は、過去最高の成績を収め、負けたチーフスでは6番のポジションから強烈なインパクトを与えたにもかかわらず、アーディー・サヴェアが休みに入っても代表に入ることができず、代わりにデュプレッシー・キリフィが選ばれたという悔しい出来事があった。

その1週間後の10月下旬、ボシアーはStuffに苦悩を語った。

「ええ、もちろん少しがっかりしていますよ。でも、これが現実なんだ。悩んでも仕方がない」

「彼(キリフィ)はMitre 10 Cupで良いプレーをしていました。私は彼の試合をあまり見たことがありませんが、彼にとっては良いことですし、うまくいくことを願っています」

オールブラックスのセレクション担当者とは、出場を逃した北対南の試合以来、連絡を取っていませんでしたが、ボシアーは、いくつかの分野でトレーニングをするように言われたと言っていました。特に、104kgの体格に加えて、キャリー能力を高めなければならないようです。

「精神的に疲れただけでなく、コロナの影響を受けた長いシーズンの中で、急いで何かを変えようとは思わない」と彼は話していた。

「この体重でのプレーは楽しいし、正直、自分のプレーや行動には満足している。ナキのコーチやチーフスのコーチからも良い評価を受けているので、常にポジティブな気持ちでいられます」

「プレシーズン中に再評価するかもしれませんが、2、3ヶ月は様子を見て、来年に向けて何をすべきかを考えたいと思います」

スーパーラグビー・アオテアロア大会の第8戦で復帰したボシアーは、すぐにボール奪取の素晴らしさと攻撃的な連携プレーを見せ始め、タスマン横断のレギュラーシーズンを大会トップのタックラー(5試合で73回)で終えました。

しかし、元ニュープリマス・ボーイズ・ハイスクール1st XVのキャプテンであり、ニュージーランド・スクールやU-20代表でもあった彼は、5年前にデイブ・レニーに怪我の代役としてチーフスに招集されたものの、遅すぎたようです。

昨年、黒のジャージを着られなかったことで、ボシアーには多くのオファーがあったとスタッフは理解している。しかし、皮肉なことに、1つのチームで一度に3人の外国籍選手しか出場できないことを考えると、テストプレーヤーでないことが彼の日本での価値を高めることになります。

彼の欠場はチーフスにとって大きな痛手となりますが、チーフスはルースフォワードのトリオを組む可能性があります。また、ボシアーの弟であるケイラムは、肩の負傷により今年の後半戦は出場できませんでしたが、試合に出る機会が増える可能性があります。

この記事が参加している募集

スポーツ観戦記

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大好きなラグビーを中心に、球技を観る事が大好きな喋れる猫です。noteでは海外のラグビーニュースを書いていきます。記事は翻訳ソフトを使って書いているので、訳などがおかしい場合はご指摘下さい。修正します。