さとうみつとし

誰もが、備わったギフトを十全に発揮して、「甲斐」を感じて、生きている状態や世界を創りたい! 地方公務員&国家資格キャリアコンサルタントの2足のわらじで活動中。 さらに日本語教師のための勉強もやってます。オンライン英会話で特訓中!

さとうみつとし

誰もが、備わったギフトを十全に発揮して、「甲斐」を感じて、生きている状態や世界を創りたい! 地方公務員&国家資格キャリアコンサルタントの2足のわらじで活動中。 さらに日本語教師のための勉強もやってます。オンライン英会話で特訓中!

    マガジン

    • オンライン英会話ダイアリーズ

      このマガジンを読んで、オンライン英会話(NativeCamp)を始めてみようと思った方!以下のリンクから登録すると、わたしたちで総額1500コインがもらえるメリットがあります。良かったらご活用ください。 https://nativecamp.net?cc=FR_847997 2021年5月23日(日)からオンライン英会話(DMM英会話)を始めました。200回受講したのを機に、DMM英会話からNativeCampへ学びの場を変更し、カランメソッドを中心に学んでいます。オンライン英会話の講師は、世界各大陸からジョインしているのが面白いと感じます。 このマガジンでは、月水金の朝25分間オンラインレッスンを受講しているので、その日のレッスンの事やその時々感じたことなどを振り返る備忘録としてつぶやいています。

    • コラム「さ道」

      さとうみつのちょっとひねくれた視点から書かれたコラムをマガジンとして綴っています。さとうみつの「道」だから「さ道」。自分が考えたことや感じたことを600字程度に記しています。捉え方が違うのはもちろんありですが、共感していただける部分があればうれしいです。

    • 「大人の学びにきく」みつまめチャンネル 配信後記

      毎週土曜日の朝7時から、音声配信アプリ(stand.fm)から生配信している番組「大人の学びにきく(聴く・効く)」みつまめチャンネルのメイン・パーソナリティのみつが、配信後の気づきなどをメモしています。 👇「大人の学びにきく(聴く・効く)」みつまめチャンネルURL https://stand.fm/channels/60311eb185b142d0d824d741

    • 美術館に行ってみた

      美術館での鑑賞日記です。

    • お出かけ

      お出かけした記録と感想を綴ります。

    最近の記事

    #406 2/3(金)カラン#187 S7/515 L96のa few/few, a little/littleの違いが感覚的にわかりにくかったんだけど、今回、例文などもあり、わかった気がしたのが収穫だった。不定冠詞が付くか、付かないかでニュアンスが変わってしまうことが面白い。

      • 聴講生として大学院へ行ってみた

        聖学院大学大学院秋学期が終わった。聴講生として毎週木曜日の夜6時から90分の授業をとった。午後5時15分に仕事を終えて大学へ向かう。夜の授業は登録しておけば自家用車での通学を認めてもらえたので、仕事を持つ身としては、とてもありがたかった。 社会人が大学院で学ぶ環境整備が進んでいる。夜間に授業を開講したり、科目履修制度を提供したり、働きながらでも大学院へ通いやすい仕組みが提供されている。私は1科目から履修可能な聴講を使った。ナンチャッテ学生であったが、図書館も利用でき、大学へ

        • #405 2/1(水)カラン#186 S7/510 2023年初のレッスン。2月から再開した。S6が終わったこと、TOEIC対策に時間を振り分けたことから、1カ月休みました。フレッシュな感覚が戻ったので、とても楽しくレッスンに参加できた。聞く、読む、話すを意識して復習もしたい。

          • 新しい服

            自分が50歳だなんて、とても信じられない。もう一度数え直してみたら、きっと一歳か二歳の数え間違いが見つかるのではないか…。ムダなチャレンジをしてみたい気持ちが沸々と湧く。ふぅー、でも、足掻くのも、ここまでにしよう。50代というまだ着慣れない服をどんなものにしていくのか、これから考えるんだ。 「五十にして天命を知る」と論語にある。自分が何のために生きているのか、その使命を知る。重たい言葉だ。率直に言って、自分は、まだその域に達していない。惑うことも多い。あれも知りたいし、これ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • オンライン英会話ダイアリーズ
            さとうみつとし
          • コラム「さ道」
            さとうみつとし
          • 「大人の学びにきく」みつまめチャンネル 配信後記
            さとうみつとし
          • 美術館に行ってみた
            さとうみつとし
          • お出かけ
            さとうみつとし
          • セミナー受講記録
            さとうみつとし

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            知命を迎えるにあたって

            誕生日は、当たり前のことだが自分が生まれた日である。子どもの頃は「プレゼント」がもらえたり、ご馳走を食べることができたり、一年の中で最も楽しみな日だった。大人になった今でも、家族や友人に「おめでとう」と言葉をかけてもらえると、うれしい気持ちになる。 SNSの友だちの誕生日を通知してくれる機能を使って、普段、お目にかかれない方からもお祝いのメッセージやコメントをいただける。年賀状よりも、むしろこの機会を通じてやりとりさせていただくことも多い。様々なチャンネルを通じて、自分とい

            小さな約束の積み重ね(スタエフ100回配信にあたって)

            「大人の学びにきく(聴く、効く)」をテーマにした音声配信が100回を迎えた。2021年4月から、毎週土曜日の朝7時にマイクの前に座ってきた。スタートした時は、コロナ禍で先の見えない最中。ほとんど外出も出来ず、人と対面で会うことも憚られる状況で、雑談の機会が減っていた。 知り合いを通じて、音声配信アプリに目をつけた。最初は、流行していたclubhouseを利用して一人語りを立ち上げた。でも、聴いてくれる人はいなかった(涙)。やがて僕のプロフを読んだ まめさんが話し相手になって

            『一年の計は元旦にあり』の意味は?

            年始に思い出すことわざと言えば『一年の計は元旦にあり』だろう。「1年の計画は元旦に立てるべき、1年の計画を立てるのに元旦は良い機会だ」という使われ方をする。しかし、この言葉の出典については知らなかったので、インターネットで調べてみた。 検索の結果、その由来は、中国の書籍「月令広義」(げつれいこうぎ)とする説と、日本の戦国武将・毛利元就の手紙とする説の二つあることがわかった。どちらも16世紀後半に書かれたものだ。ことわざの本質を「物事を始める時には、まず、しっかりと計画を立て

            年末年始休暇の終わりに

            年末年始の休暇も今日まで。6日間なんてあっという間だ。仕事納めの時から「きっと飛ぶように時間が過ぎる」と覚悟していた。だから、休暇中にやらなければならない事、やりたい事を書き出しておいた。友人と会う事、TOEIC試験の勉強、音声配信、実家への帰省などなど。その他、本を読んだり、映画を観たり、ゆっくりする時間も取ろうと目論んでいた。 テレビでは箱根駅伝の復路が放送されていた。母校はあと一歩のところでシード権獲得を逃した。僕もやり残した事がまだある。リストを眺めていると焦りのよ

            2023/1/2(月)配信後記

            新年最初の配信でした。 自分のコミットメントを披露し、その後、リスナーさんからのコミットメントを読み上げさせてもらいました。 呼びかけが前日だったにもかかわらず、レターで参加してくださったのは、アキさん、ノリコさん、タクさん、あん吉さん。ありがとうございました。 それぞれの思いが動き、叶う、一年になるように、と願っています。 気が早いけど、年末には、元気で結果報告の配信をしたいと思っています。 またご参加ください! 自分のコミットメントとして、話すことは書き出していたはずな

            #404 12/28(水) T試験P3 カランで教えてもらっている先生、「TOEIC試験?どうした?」みたいになる。来月、受験する事情を伝えて、納得される。知らない単語が出た時に、そこでこだわって詰まってしまう。まず語彙を増やしたい。リンキングの聞き取りができるようになりたい。

            ウィズ コロナの忘年会

            師走。コロナ前ならば職場の同僚や友人たちと毎週のように忘年会でお酒や食事を楽しんでいた時期だ。2022年ヒット商品番付には「#3年ぶり」が西の横綱として入ったが、多くの職場でも3年ぶりに忘年会が復活しているのだろうか。 忘年会とは、一年間の嫌なことや苦労を忘れて、新たな気持ちで新しい年を迎えようという意味を持つ。古くは鎌倉時代の大晦日に行われていた「年忘れ」という連歌の会にルーツがある。それが、やがて飲食を共にし、年を忘れるために騒ぐ、現在の形になる。みんなで一緒に居酒屋へ

            #403 12/26(月) 2023年1月にTOEICを受験する。申し込んでから数週間経っても準備に取り組めていないので、ここから1カ月はTOEIC対策の準備にあてる。カランはしばらくお休みすることにした。今日はPart4の対策を受講。選択肢を素早く読む力の不足を感じた。

            違いがあることは豊かなこと

            ずいぶん昔のことになるが、自宅にドイツ人の友人を招いた。彼は留学生として日本に来ていた。食事を済ませ、くつろぎながら、日本のカルチャーを知ってもらおうと、僕の好きな日本人ミュージシャンのライブDVDを見せた。 まだYouTubeのなかった時代だ。東京ドームで数万人の観客が演奏に合わせて腕を振り上げている。スタジアムが一体になって盛り上がっている映像を見せて、大好きなミュージシャンの人気の高さを伝えたかった。 しかし、そこで友人が放った言葉が、今も忘れられない。「ヒトラー時

            #402 12/23(金)カラン#185 S6/FR7 S7/507 総復習が終わり、ス7へ突入。でも1月末にTOEIC受験があるので、資源をそちらへ配分しようと考えている。S7は4月末までには終わらせられるといい。オンライン英会話は正月休みでもやれるのでありがたい。

            12/21(水)「ピカソとその時代」@国立西洋美術館。ベルクグリューン美術館に所蔵されたピカソ、クレー、マティスを展示する企画。たくさんのピカソの作品が展示され、彼の画風やテーマの変化がよくわかるようになっていた。ずーっと見ていたら、写真の女性がとても美しく感じられてきたよ。

            #401 12/21(水)カラン#184 S6/FR6 #NativeCamp を始めて一年。履歴を見たら、受講が90時間を超えていた。25分間のレッスンを積み重ねていった結果だ。まずは承認しよう。でも、その気になれば、もう少しやれるかも。2023年はまた挑戦だね。もっと遊ぼう。