yachmag
適性ブキを見極める[Splatoon2]

適性ブキを見極める[Splatoon2]

yachmag

Splatoonの世界に足をお踏み入れて最初に頭を悩ませる項目の一つとしてブキ種の選択がある。
ランクが上がるごとにブキチが長ったらしい説明をして解放されるブキ達はいずれも一長一短(例外あり)な性能を持っているが、
それは使い手にも該当する話であり、
FPSの経験がありエイムが安定しているだとか、
塗りの献身性が高くリザルトには見えない活躍ができるだとか、
敵がされて嫌な事を直感的にできるだとか、
程度もあるが様々な特徴が全てのプレイヤーに備わっているものだと思う。

その特徴は先天的な才能もあれば努力に裏打ちされた後天的なものなど多種多様であり、
Splatoon2というゲームにおいて自身の特徴を把握することはとても大事な要素となっている。
というのも、このゲームには多量の武器種があり、
ジャイロ操作を基軸としている関係上癖の少ない武器がほとんど存在していないのだ。

よくN-ZAP85(黒ZAP)やスプラシューターベッチュー(スシべ)なんかが初心者向け武器として紹介されている場面をよく見るが、
果たしてどのような解釈で初心者向けとして紹介しているのだろうか。
例えば、メインの射撃時に癖が少ないという理由であればシャープマーカー種の方が初心者向けとしては適任になるし、
スペシャルが雑に使い易いというのであればそれこそわかばシューターやボールドマーカーネオで十分だろう。
実際、ガチマッチで黒ZAPやスシべで腕前を上げたいのであるならば、
自ら前に出てキルを取る動きや前線を維持する動きが不可欠であり、
それは.52ガロンベッチューが蔓延る環境では難易度が高い動きにカテゴライズされてしまうと思う。

では何故スシべや黒ZAPが初心者向けと言われているのかというと、
それは汎用性の一言に尽きる。
分かりやすく言うのであれば、
メインは塗り性能とキル性能のどちらかが最低限、
もう片方が平均以上の評価となる性能で、
(塗りが平均以上が黒ZAP、キルが平均以上がスシべ)
なおかつサブがボムの塗り(キル)範囲が広くオブジェクトに干渉し易い(コントロールし易い)キューバンボム持ち、
スペシャルが基本どのような場面でも使用すれば一定の効果が見込めるインクアーマーやマルチミサイルとなっているため、
どのステージでもある程度の役割を持てる汎用性を持った武器であるが故の初心者向けと言う評価なのだ。

要は最初にどの武器を持てば良いかが分からずに、
ガチマッチに勝つことよりもステージに慣れたりルールを理解する場合に勧められる武器という扱いなのだ。
勿論、これらの武器は現環境で高い評価を受けており、
勝ちを掴むために使用する事も悪くない選択肢ではあるが、
その場合は上記の特徴とはまた別の理解をした上で立ち回らなければならない。

味方の編成に合わせて自分が前に出るべきなのか、
サポートに回るべきなのかを場面ごとに的確に判断し、
メインとサブを駆使して前線を維持、
スペシャルを打開のきっかけに味方を動かす何でも屋としての動きが求められる。
初心者がなんでもをするため(体験するため)に持つ武器は、
勝つために武器になんでもさせる実力がプレイヤーにあって初めて評価を得るのだ。

よくこの2種を使ってガチマッチをしていて前に出られなかったり、
撃ち合いに勝てなかったりする場合は大抵武器に合っていない立ち回りをしている事が多いので、
自分がどのようなシチュエーションでうまく動けているかを考えて武器の持ち替えを試して欲しい。
良い塗り状況から能動的に一方的にキルを取れるのであればイカ忍者擬似3のシャープマーカーネオだったり、
塗り管理をして味方を動かすのであればスペ増ヴァリアブルローラーフォイルが適しているだろう。
勿論、持ったばかりの武器は練度が足りず違和感があるかもしれないが、
自分がしたい立ち回りに合った武器というのはほぼ存在するのがこのゲームの醍醐味の一つだと思う。

ただ一つ、勘違いをしないで欲しいのは、
武器の持ち替えは頻繁に行うべきことではないという事だ。
勝てないからと言ってすぐに武器を持ち替えるのではなく、
持ち替えた武器でのある程度の立ち回りや勝ち方を掴んだ上で、
次の武器に持ち替えるか使用を続行するかの判断を行うように心がけて欲しい。
基準が分からないのであれば、
とりあえず塗りポイントを最低50万くらいにはしてからの判断をしていただければと思う。

9/9のSplatoon3発売まであと3ヶ月弱のこの期間で、
ある程度の適性武器を見つけておくのも一つのアドバンテージになるのではないだろうか?

yachmag