goto yasumasa
岸田総理のコメントについて思ったこと。
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

岸田総理のコメントについて思ったこと。

goto yasumasa

https://news.ntv.co.jp/category/politics/338f9e37bd5a48fe957d1a390ccf614d
 
核拡散防止条約(NPT体制)の現実はとても厳しい。NPT体制は、簡単に言えば、イギリス・フランス・ロシア・アメリカ・中国の5か国が核保有をして、その均衡(脅威と抑止のバランス)を保ち、それ以外の世界の国々が核保有を持たないようにしようという条約。
この5か国の核保有国には、核保有する条件がなければなりません。
①  先進国であること。(本当は民主主義国であることなのだろうが?)
②  秩序と均衡を理解すること。
③  責任国であること。
④  使わない核。抑止力の核だとの認識があること。
以上がその必須条件と言えましょう。
 
(逆にいえば、もともとなぜこの5か国なのか?という議論が本当にあったのか?これも大いに疑問なのだろうが?)
 
NPT体制が発足したのは1970年ですから、この五か国は大東亜戦争の戦勝国。要は戦勝国で勝手に決めた5か国といえるでしょうね。
 
しかしながら今回のロシアのウクライナ紛争により、プーチンが武力によりウクライナを侵攻してしまった。ロシアの蛮行により、事実上、NPT体制の先ほど挙げたいくつかの必須条件は崩れて、現実は、NPT体制は崩壊している。
 
NPT再検討会議の岸田総理のコメントは、日本の立場を世界に発信したかった。
「NPTを守る守護者という強い思い」は、とても理解できる。また、核保有国と非保有国との橋渡し役としての立場も一定の理解をしたい。
 
日本は、アメリカとの同盟による抑止により、日本は守られているのが現実。アメリカは核保有国。一昨日も、中国が5発のミサイルを日本の排他的経済水域に打ち込んできた。ロシアに加え、中国さえも、NPT体制の5か国に与えられている必須条件で破り、他国を武力で侵攻としているロシアと中国の隣国にいるのが日本の現状だ。
日本国もアメリカの核抑止の傘に守られている厳しい現状だ。
この難しい日本の立場を世界に発信するわけだから、相当に慎重な検討を重ねての岸田総理の発言だったと思った。
 
安倍元総理が生きていたらどのようにコメントしていただろうと!?
 
ついつい岸田総理と安倍元総理の比較をイメージしてします私であります。
とくかく、岸田総理!もう少し頑張ってほしいと思いました。

#岸田総理
#NPT再検討会議
#NPT体制
#核拡散防止条約
#安倍晋三
#ロシア
#ウクライナ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
goto yasumasa
つくば市議会議員 3期目 所属:自民つくばクラブ・新しい風 総務委員長・議会運営副委員長 歴任 土浦第3高等学校 PTA会長(令和4年度) つくば秀英高等学校 PTA会長(令和元年) 都市建設委員長(平成30年12月〜令和元年11月) 議会運営委員長(平成29年・30年度)