コロナ禍での天才ウェディング
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍での天才ウェディング


先日はじめてのnoteを書いたところ、OG花嫁さんたちから、激励のメールをいただいたりしまして、もうめちゃくちゃ胸熱でした、、、泣
もうドレスを着ていただいてから何年も経ち、お子様ができたりされている中、まだうちのインスタやらをチェックしてくださっているだけで相当ありがたいことです。
タクシー運転手さんに転職せずに、もうちょとコロナ禍を耐えて頑張ってみようと思えました。笑




うちのお客様はとにかく激アツです。
こんな恥ずかしい言葉もすんなり言えてまうくらいです。
goobyの強みは何?と聞かれたら、ドレスのデザインとかそんなんじゃなく、間違いなくお客様の人間力です。(いいんかそれで)
みなさん一本筋通ってて、人生楽しむ姿が激マブです。
(あ、かといって、私そんな自分に自信ないしgoobyのドレス着るんやめよう、、とかは全然趣旨と違うので絶対やめてください、、!笑)


今回ご紹介したい激マブのお客様は、東京からお越しくださいました。
このお客様がコロナ禍で行われた天才的発想のウェディング、
題して



「散歩する花嫁」



お客様が大好きな町、清澄白河をドレス姿で練り歩いて、大好きな人たちのお店に立ち寄っていくという壮大なウェディング、、、!!!!!

お客様のnoteがこちら↓

画像4


画像5


画像5


画像6

↑花嫁会計してる笑笑


この壮大な披露宴、
密も避けられるわ、大好きな人とじっくり話しする時間もてるわ(披露宴とかやったら正直全然喋れへんかったりしますよね)、大好きな街の中でフォトウェディングできるわ、その発想がもう天才すぎて、、、
最後はみんなでzoom飲み会するという🍺笑


正直これは常人がなかなか真似できるアイディアではないですが、コロナ禍の中、ウェディングこれどないなんねやとぐるぐる悩んでいる私の想像を軽く飛び越えて、はるか上空をフワフワ飛んでらっしゃるような発想と行動力に、ほんまに感激しました、、

そして、コロナでだいぶ滅入ってた私なのですが、ドレス着て心底楽しんでくださっているお姿にめっちゃくちゃ元気をもらいました😭



この様子を伝えたうちのインスタに、私の友人が
「シンプルに考えたら結婚式って感謝とお披露目をすることに意味があるんやもんね」
とコメントをくれて、ほんまにその通りや〜〜!!と唸りました。


コロナ禍で「いわゆる結婚式」がしづらくなって逆に、めっちゃ大事なことに今一度気づかされたようでした。




そしてきわめつけは、当日花嫁が散歩したお店を紹介したwedding zinの制作、、、!
お客様一体何者、、、?!!

画像2

画像3



私もいただいたのですが、清澄白河への愛、お客様周辺のみなさまへの愛が紙面からダダ漏れていました!

そして私も清澄白河の仲間に入れてもらえた感じで嬉しかったです💓





さて、これまでのお客様のパーティーの様子などは、HPのbridesで紹介させていただいております。
ただここ数年、作業に追われて全然紹介できていなかったので、また少しずつgooby自慢の激アツのお客様たちをご紹介していけたらと思いますのでおつきあいいただければ嬉しいです!



※読んだらハート押してもらえたら励みになります!
ユーチューバーやないけど





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
gooby(ぐーびー)

いただいたサポートは撮影資金にさせていただきます!ありがとうございます!!

私もスキです!
京都でウェディングドレスのレンタル、オーダー制作をしています。双子の娘(小2)の母/ Instagramでは書きづらい本音、双子のことなど https://www.gooby.jp