well being状態を体験させてくれる音楽。私の存在・細胞は動き続ける・説明できない human nature

528株式会社
528株式会社CEOのジェシィです
ミュージシャンで兵庫県認定音楽療法士です

会社設立の理由のひとつは
「私がしあわせなのは音楽をしてるから」です
逆から言いますと
音楽聴いたり演奏するのを継続すれば必ずどなたもしあわせになれるんです
私の人生で実験しましたら
しあわせになれて
しあわせに居れる
と結果が出たんです
そのことを沢山の人に知って頂きたい
それだけでしあわせな人が増えると思っています
お伝えしないのは社会の損失だと思っております

沢山好きな曲があります
なんで好きなのか
どうしてその曲が必要なのか
その曲にはなんで私を支える力があるのか
それをじっくり考えてみようと思いました

音楽について話すので
歌詞については省きます
音楽を聴いて感じて下さいね

マイケル・ジャクソンの「human nature」
イントロのシンセのフレーズ
16分音符連続で止まらないでずっと動いています
キラキラした音で
遠く行くようで
またこちらへ戻ってきてくれるような
見つめても見定められないような

宇宙の果ての遠さと
自分の足元
を同時に感じさせてくれる音の仕組みとなっています

ボーカルの歌い出しは
せーの、と区切れるところではなく
ん?途中?というようなさりげない所から
さりげないフレーズです
ぶら下がったまま
どうすんの?という終わりも始めもないようなメロディ
その繰り返しです

サビ
サビも浮遊感
一度も止まらないし
安定しない
音楽理論で言うと
I度=トニックに行かない
I度=トニックから始まらない
でもI度=トニックはあるんですよ
奥にベース(Bassではなく基礎)にあるって感じさせる

ボーカルもリズムも
柔らかくて
ずっと曲線
虫眼鏡で見ると曲線の線は小さな点々の連なりかもしれません

でも最後まで何も起こらない

エンディングはまたイントロと同じフレーズで
おしまいにはどんどん転調して大きな球体が現れて動いているようです
(転調は場所を変える、です。転調を繰り返すと「左へ行って、また左へ行って、また左へ」のように円を描いて出発した場所に戻ります。そうすると球体が出来上がります。)

この曲
これは何を感じさせてくれていますか

・自分はイマココを感じてイマココに在る
(何もしていない)
・細胞レベルではずっと動いて変化し続けている
・大きなもの(球体)の中の安心と伸び伸び

よくまぁこんな抽象を音楽に出来た、と驚きます
それを歌えるのがすごい

女の子との出会いや別れを歌う若い男子が
このわかんない世界を「わからないもの」としたままの表現で
音楽としてバーン、ドーンと派手に出してるの
なのに
かけがえのない
繊細で
最大に不思議で
説明のつけられないことを歌ってくれているんです

この抽象
それを曲にして
楽器のアレンジして
一流のミュージシャンがレコーディングして
歌を録って
一流のエンジニアがサウンドメイクして
レコードにして

なにもdoingしてない様を
感じさせてくれる
しかもこの美しさてす

well beingを体験させてくれるんです
well beingに深く浸かれます

wellbeingを目指したりわかったりする必要なくて
いきなりwellbeingになります

最初から最後までお聴きになって下さい
私が書いたこと必要なくなります
well being状態を感じることができると思います
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!