ゴールデン・チャート社
「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」のブックスタイル「日足チャート」のチャートの見方
見出し画像

「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」のブックスタイル「日足チャート」のチャートの見方

ゴールデン・チャート社

 「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」の「ブックスタイル(週刊ゴールデンチャートで提供していた形式のチャート)」には、さまざまな情報が詰まっています。今回は「日足チャート」に掲載されている情報の見方についてご紹介しましょう。

1.証券コード/社名など

⚫︎銘柄コード/市場/業種(33業種分類)
⚫︎規模別表示 大型/中型/小型
⚫︎貸借/信用銘柄表示(現物取引のみの銘柄は無表示)
⚫︎日経225/300/500種・JPX400採用表示
⚫︎JASDAQ銘柄はJ-Stock表示
⚫︎売買単位、( )内は単位株での最小売買単価

2.日足GCV局面など

⚫︎日足GCV局面
⚫︎GCV局面の表記条件(上位優先)
 陰転:GCVが+15%以上でデッドクロス
 陽転:GCVが−15%以下でゴールデンクロス
 陰の極:GCVが−30%以下
 陽の極:GCVが+30%以上
 注目:GCVが−15%以下
 警戒:GCVが+15%以上
 ※強気継続、弱気継続は掲載していません。
⚫︎実績PER、予想PER:株価収益率 ※連結優先
⚫︎実績ROE、予想ROE:株主資本利益率 ※連結優先
⚫︎実績PBR:株価純資産倍率 ※連結優先
⚫︎年間配当利回り ※株式分割等の影響で実状を反映していない場合があります。

3.ボルテックス株価水準早見表

⚫︎縦横8段階でのグラフ評価。直近週末、1週前、2週前を3種類の■で表示(詳細は以下参照)。基本的に右上に行くほど「強気」、左下に行くほど「弱気」。2週、3週連続で同じポジションにあった場合は■表示が2つ、あるいは1つとなる。8段階での数値評価及び原データはグラフ下に表示。

4.通期/半期/四半期

⚫︎連結ベース優先、※は決算期変更
⚫︎単位は売上高、営業益、経常益、税引益→億円、一株益、配当→円、記→記念配、特→特別配
⚫︎更新日は連結(単独)決算修正日。修正前予想値は期初予想
⚫︎変化率・%:前期実績と今期予想で比較
⚫︎半期の業績数値は、以下のように掲載が推移する
期初は中間期の予想数値を掲載→第1四半期決算発表後は、その四半期数値を掲載→中間決算発表後は、中間期の確定値を掲載(四半期数値は非表示)→第3四半期決算発表後は、その四半期数値を掲載→本決算発表後は期初の中間予想数値を掲載(四半期数値は非表示)
⚫︎四半期決算掲載時は、通期に対しての進捗率(%)を表示
⚫︎最高益:連結88年以降の収益で最高値(億円)。非連結は単独(80年以降の最高値)を表示。連結決算が廃止されたケースも単独値を掲載。
⚫︎業績発表・修正は収録日の一営業日前発表分まで反映
⚫︎「配当」の右側に*印のある決算期は、株式分割(あるいは株式併合)を実施した期で、直近の発行済株式数をもとに「配当」の数値を調整し、現時点から見て連続性を保つようにしている。
※一部の銘柄・業種(業態)の売上高は、決算短信1頁目の値と異なる場合があります。
⚫︎売上高や各利益が過去最高値(実績ベース)の場合は白ヌキ黒バックに

5.売上・経常益推移グラフ

今期まで5期分(5年間)の売上高・経常損益の推移をグラフで表示。売上高は、四半期ごとに売り上げを積み上げた推移が一目でわかる。棒グラフが売上高、折れ線が経常損益の推移を示し、表示期間内の最高・最低値をグラフの上下限に設定

6.会社概要

⚫︎構成:売上構成比(%)、半期更新
⚫︎輸出(海外・貿易):売上に占める輸出(海外、貿易)の割合(%)。半期更新
⚫︎資本金/発行済み株式数/幹事証券
⚫︎業績予想解説、事業展望、投資ポイントなど

7.月足チャート

⚫︎4年間の株価推移に、上場来高値(年)・安値(年)を表記。直近の足は直近週末日締め。株式分割修正に対応済み。
⚫︎チャート表示は12カ月・60カ月移動平均線

8.直近データ/財務指標(連結ベース優先)

⚫︎直近株価/出来高
⚫︎株価の5日/25日/75日/200日移動平均値と、株価とのカイ離率
⚫︎15日GCV/12週GCVの直近値と前日・前週比
⚫︎サイコロ:サイコロジカルライン・直近12日間での勝率。出来ずや、前日比同値は0.5勝と数える
⚫︎回転率:出来高回転率、週間出来高×52週÷発行済み株式数×100(%)。出来高の盛り上がり度を示す
⚫︎一株純資産:会社の全財産を示す総資産から負債を差し引いた純資産を、期末の発行済株式数で割った値。株式分割等が行なわれた場合は、その比率による修正値を表示。マイナスの場合は非表示
⚫︎有利子負債:企業が返済すべき債務である「負債」のうち、企業が利息(金利)を付けて返済しなくてはならないもの
⚫︎利益剰余金:株主資本から資本金・資本剰余金(資本準備金に自己株式の処分差益等を加えたもの)を引いた留保利益。連結決算のない銘柄は「資本剰余金」を掲
株主資本比率:総資産に占める株主資本(純資産)の割合(%)
⚫︎負債/売上:有利子負債(連結)÷連結売上高(前期実績)×100(%) 05/3期ならば、05/3期時点の有利子負債、05/9中間期ならば、同中間期時点の有利子負債を使用。分母の売上高は変わらず
⚫︎配当性向:年間配当金÷一株益×100(%)

9.株価連動性リスト

過去3年間の株価推移(週ベース)をもとに、相関係数(値動きの似ている度合い)の大きな銘柄群である「似た動き」と、相関係数の小さな銘柄群である「反対の動き」をそれぞれ順にリストアップ。対象は東証1部銘柄。東証2部以下の銘柄には対応していない。
⚫︎チャート表示の銘柄Aと、比較対象の銘柄Bとの関係で、Aが上がればBも上がる(Aが下がればBも下がる)といった正の相関傾向が3年間にわたって強ければ、相関係数はプラスとなる。AとBがある一次関数の関係に完全に従って推移した時、相関係数は「1」となり、正反対の動きをとった時は「−1」、つまり相関係数は「−1〜1」の間で推移し、値が0に近ければ、この2銘柄は関連性に乏しいと解釈できる。
⚫︎チャート表示の銘柄に対する個別銘柄の弾性値(β値)は、500種平均に対する値動きの大きさ、株価の上昇・下落のバネの大きさを示したもの。弾性値が1.00以上の銘柄は全体相場に対し「値動きの大きい銘柄」で、1.00以下は「値動きの小さい」銘柄となる。

10.信用残

26週間(6カ月)の信用取引残高。単位は通常、売買単位に準ずる。株価は週末値、出来高は週間合計。売り残・買い残・信用倍率・株価・出来高ともに、過去6ヵ月間での最高値は白ヌキ黒バック、最低値は黒ワク白バックで表示。小さい1/4チャートでは直近5週間分を掲載

11.調査機関別レーティング

直近3カ月(最大12枠)の調査機関別レーティングを表示。 各調査機関・格付け定義は本誌目次に掲載

12.三本新値足

短・中期的な株価トレンドを認識するテクニカル指標。引け値が新高値(新安値)を更新するたびに行を変えてローソク足を記入(更新しなければ記入しない)。直前の三本の足を抜くと陽転、あるいは陰転する。陽線で上昇中の場合は陰転する株価水準、陰転で下落中の場合は陽転する株価水準を右上に表示。陽線(陰線)が多く続いた後に陰転(陽転)する場合は、株価トレンドが大きく反転することが多い

13.大株主リスト/不動株比率/外国人比

年4回・3/6/9/12月末更新【データ提供:東洋経済新報社】
⚫︎浮動株比:1売買単位株以上50単位株未満の株主が所有している単位株数を発行済単位株数で割ったもの
⚫︎外国人比:発行済み株式数のうち、外国人投資家、外国法人の保有する株式数の比率

14.!?市場の話題

個別銘柄について、市場を賑わせた話題をピックアップ

15.分割修正チャート表示

株式分割による変動比率を基に、権利落ち前の株価に修正を加え、株式分割の前後で連続性を保った株価チャートを表示。権利落ち前のチャートは実際の売買株価と分割修正株価を併載

16.決算発表予定日

四半期決算、中間決算、本決算の予定日を掲載。インデックスに表示

チャート内の表示(ファイナンス・信用規制)

⚫︎ファイナンスのチャート内表記
公募増資/第三者割当増資/株式売り出し/減資
⚫︎信用規制のチャート内表記
・東証発表ベース
日々公表銘柄→信用規制→信用規制解除(=日々公表銘柄)→日々公表解除
・証券金融発表ベース
貸株注意喚起→申込制限→申込停止→申込停止解除(=申込制限/貸株注意喚起)→申込制限解除→注意喚起取消

関連情報

その他のGC OPTICASTに関する情報はこちらからご覧ください。

ブックススタイルのデータ更新時間

全機能のご紹介

「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」のお申し込み


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とても嬉しいです。
ゴールデン・チャート社
<公式>株価分析ツール「GC HELLO TREND MASTER」「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」をご提供。「GC OPTICAST」では休刊になった週刊ゴールデンチャート仕様のチャートを掲載。 *個別のご質問はこちら。(https://shop.gcnet.jp)