見出し画像

シャブと暴力の解禁

 この国でもやっと大麻が解禁されたが、シャブと暴力の自由化がやってくる日が来ると、お前らはマジで信じているのか。
 それもデモだ?
「ちゃんとぅ、合法化運動をやっれこなかったのがぁ、悪いんだよぅ〜」
 シャブ中の政が呂律の回らない口でそう言った。
「だろ!誰かがいい加減、人が生まれながらに持つ自由暴力の権利を訴えるべきだ!」
 聖也は捕まえたそこらの若者を踏みつけながら叫んだ。
「シャブや暴力が社会に認められる訳がないだろ」
 一応、俺はそう返しておいた。
「クソむかつくぜ」
 と、聖也。
「この世は強いもん勝ちだろ?で、俺は滅茶苦茶強い。ならそこらの奴らをシバけるだけシバきたいし、それが駄目だってんなら権利侵害だろ?」
「シャブゥーやって、女ァ抱くとメチャアきもちいい。みんなそれ知らないだけだよ」
 聖也と政は、屑の中の屑だ。
 だが俺達3人は腹は違えど兄弟だ。
 ずっと共に生きていくと決めたのだ!
「マジでやるのか?そんなデモを!」
 
【つづく】

#逆噴射プラクティス #社会運動

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
やー。