見出し画像

センパイライフストーリーリライト版:ケイシリンさんのケース

NPO法人glolab

NPO法人ほうじんglolabグロラボでは、「センパイのライフストーリー」をわかりやすい日本語にほんごに「リライト」し、読解教材化どっかいきょうざいかしています。

その背景はいけいについては、日本語にほんごちからいまはまだよわくても、「センパイのストーリー」からまなべる読解教材どっかいきょうざいつくりました!(理由編りゆうへん使つか方編かたへん)をご参照さんしょうください。巻末かんまつに、①ほんケースのPDF資料しりょう、②語彙ごいリスト、③ワークシートを用意よういしています。ぜひご活用かつようください!

さて、第一弾だいいちだんは、ケイシリンさんです。

日本語にほんごがわからなかったので、孤独こどくでした


ケイシリンさんは、フィリピンから日本にほんました。言葉ことば文化ぶんかちがくに生活せいかつするのは大変たいへんです。自分じぶんくにちが環境かんきょうで、「わたしなにもできない」とおもひともいます。ケイシリンさんもそんな経験けいけんをしました。

でも、ケイシリンさんはまえ問題もんだいひとひと解決かいけつしました。そして、まえすすみました。いま日本にほんはたらいています。ケイシリンさんのことを紹介しょうかいします。

ケイシリンさんの両親りょうしんは、フィリピンじんです。ケイシリンがちいさいとき、おとうさんがくなりました。それから、さきにおさんが日本にほんました。小学校しょうがっこう年生ねんせいのとき、ケイシリンさんはおとうと一緒いっしょ日本にほんました。それから2年間ねんかん日本にほんらして、フィリピンへかえりました。中学ちゅうがく年生ねんせいのとき、おかあさんがまたケイシリンさんを日本にほんびました。それからずっと日本にほんらしています。

はじめて日本にほんたときには、とてもいい経験けいけんをしました。小学生しょうがくせい日本にほんたときは、日本語にほんごはほとんどわかりませんでしたが、学校がっこう友達ともだちがたくさんできました。先生せんせいはいつもケイシリンさんを心配しんぱいしてくれました。

しかし、2回目かいめ日本にほんたときは、「生活せいかつかべ」をかんじました。中学校ちゅうがっこう年生ねんせいのとき、おかあさんがケイシリンさんを日本にほんに3かげつだけあそびにないかとさそいました。ケイシリンさんは、すぐにフィリピンへかえるつもりでした。しかし、そのまま日本にほんむことになりました。ホームシックになりました。友達ともだちもできませんでした。中学ちゅうがく年生ねんせいくらいのとき、いじめられて、自殺じさつしたいとおもいました。

学校がっこうおわってから、日本語にほんご勉強べんきょうをしましたが、なかなか上手じょうずになりませんでした。学校がっこう授業じゅぎょうがわからなかったので、とてもつらかったです。そして、高校受験こうこうじゅけんちかくなりました。先生せんせいが「いま成績せいせきだったら、高校こうこうけないかもしれません」といました。

ケイシリンさんのおかあさんは、ケイシリンさんが高校こうこうってもいいし、かなくてもいいとおもっていました。だから、おかあさんからのプレッシャーはありませんでした。でも、そのとき、ケイシリンさんはとてもあせっていました。

「フィリピンの社会しゃかい学校がっこうけないひとしたます。学校がっこうけなかったら、おやががっかりします。それで、毎日まいにちなやみました。」

フリースクールに参加さんかして自分じぶん居場所いばしょをみつけました

そんなとき、SNSでフリースクールをりました。フリースクールには外国がいこくにルーツをどもたちがいました。みんなも日本語にほんご進路しんろについてなやんでいました。ケイシリンさんは受験じゅけんのために、日本語にほんごほか教科きょうか勉強べんきょうはじめました。

「フリースクールにかよって、とてもよかったです。フリースクールは中学校ちゅうがっこう日本語学校にほんごがっこう全然ぜんぜんちがいます。友達ともだちおや日本にほん仕事しごとをしていたり、日本語にほんごがわからなかったりしました。そして、みんなもなやんでいました。わたしおな状況じょうきょう友達ともだちおおかったです。わたしだけじゃないとおもいました。

フリースクールの先生せんせいたちは外国がいこくにルーツをどもたち日本語にほんごほか教科きょうかおしえるのがとても上手じょうずでした。私達わたしたちのことを理解りかいしてくれました。そのおかげで高校こうこう合格ごうかくできたとおもいます。」

そのとき、ケイシリンさんは学校がっこう仕事しごと将来しょうらいのことがあまりわかりませんでした。「フィリピンにかえりたい」とおもっていました。高校こうこうはいるために、友達ともだち一生懸命いっしょうけんめい勉強べんきょうしていました。わたしもまず高校こうこうはいって、それから将来しょうらいについてかんがえようとおもいました。ケイシリンさんは、「なやみすぎると、日本語にほんご勉強べんきょう集中しゅうちゅうできません。ステップ・バイ・ステップでこうとおもいました。」

高校生こうこうせいのとき、自分じぶん表現ひょうげんできるようになりました

ケイシリンさんは、とても努力どりょくをしました。学校がっこう成績せいせきもよくなりました。そして、外国文化がいこくぶんかコースのある高校こうこう入学にゅうがくすることができました。そこにはフィリピン、ブラジル、中国ちゅうごく、イギリスなど、さまざまなルーツを友達ともだちがいました。中学校ちゅうがっこう高校こうこう全然ぜんぜんちがいました。

高校こうこうでダンスはいりました。高校生活こうこうせいかつはとても充実じゅうじつしていました。日本語にほんご勉強べんきょうもできるので、コンビニやファストフードてんなどでアルバイトしました。ケイシリンさんにとって、アルバイトは日本語にほんご勉強べんきょうができて、おかねももらえるのがよかったです。

でも、やはり日本語にほんご大変たいへんでした。高校こうこう年生ねんせいになりました。つぎ進路しんろかんがえなければなりません。日本語にほんご十分じゅうぶんではなかったので、選択肢せんたくしすくななかったです。

学校がっこうでは英語えいごでずっと勉強べんきょうしていました。日本語にほんごはネイティブほど上手じょうずではありませんでした。英語えいご先生せんせいにしかなれないとおもいました。それでずっとなやんでいました。」

そのとき、友達ともだちのおとうさんが「日本にほんでは大学だいがく卒業そつぎょうすることがとても大事だいじだ」とおしえてくれました。そこで、獨協大学どっきょうだいがく目指めざしました。獨協大学どっきょうだいがくには英語学科えいごがっかがあります。また大学だいがくはいってから将来しょうらいについてかんがえようとおもいました。

このように、ケイシリンさんはまえ問題もんだいひとひと解決かいけつしてきました。ステップ・バイ・ステップですすんできました。選択肢せんたくしすくなかったです。その中で一番いちばんいいみちはどれかをかんがえました。そして、まえすすみました。

大学だいがく卒業そつぎょうするまえに、就職活動しゅうしょくかつどうはじまりました。そのときも、ケイシリンさんはまよっていました。自分じぶんなにをになりたいか、わかりませんでした。英語えいご先生せんせいになろうかとおもいました。でも、あたらしいことに挑戦ちょうせんしたいとおもいました。

いままで日本にほんんで、アルバイトもして、日本語にほんご勉強べんきょうしました。だから、もっと日本語にほんご勉強べんきょうしながら、仕事しごとをしたいとかんがえました。そこで、まず外国人がいこくじん生活せいかつたすける会社かいしゃはたらきました。」

外国人がいこくじん日本にほんいえりるのは大変たいへんです。審査しんさきびしいです。そして、保証人ほしょうにんさがすのもむずしいです。ケイシリンさんの会社かいしゃは、いえりるひと保証人ほしょうにんになります。問題もんだいがあったとき、会社かいしゃたすけます。ケイシリンさんの仕事しごとはおきゃくさんがいえしたり、りたりするとき、通訳つうやくをします。はじめはアルバイトでしたが、正社員せいしゃいんになりました。

正社員せいしゃいんになってから、ビザの書類しょるいつく仕事しごとをしました。書類しょるいつくるのはあまり得意とくいではありませんでした。そして、つぎひと仕事しごとがしたいとおもいました。「日本語にほんご使つか仕事しごと営業えいぎょう仕事しごと挑戦ちょうせんしたい」とおもって、おな会社かいしゃなかで、営業えいぎょうわりました。

ケイシリンさんの会社かいしゃは、仕事しごとをしたい外国人がいこくじんほか会社かいしゃ施設しせつ紹介しょうかいしていました。ほか会社かいしゃひと交渉こうしょうすることがおおかったです。交渉こうしょうするとき、敬語けいごや、日本にほんのビジネスマナーがわからなかったので、仕事しごとむずかしかったです。

日本にほんのビジネスマナーがわからなかったので、不安ふあんでした。ずかしかったです。でも、わたし自分じぶん日本人にほんじんだとおもって、仕事しごとをしました。失敗しっぱいもしました。そのたび反省はんせいして、日本語にほんごやビジネスマナーを勉強べんきょうしました。」

営業えいぎょう仕事しごとをするまえ外国人がいこくじんへの差別さべつがないかと心配しんぱいしていました。しかし、差別さべつはありませんでした。ケイシリンさんは「日本語にほんごができれば、なに問題もんだいない」とおもいました。実際じっさい仕事しごとをしてみなかったら、これはわかりませんでした。

ケイシリンさんがはじめて日本にほん会社かいしゃはたらいてから、2ねんちました。これまで営業えいぎょう仕事しごと経験けいけんしてきたので、自信じしんがつきました。それで、つぎ外資系がいしけい会社かいしゃにチャレンジしたいとおもいました。まえより仕事しごと内容ないようきびしいですが、給料きゅうりょうはもっとたかいです。そして、外資系がいしけい人材じんざいコンサルタント会社がいしゃ転職てんしょくしました。

「フィリピンにんでいるしんせきにずっとおかねおくっています。給料きゅうりょうたかくなったので、これから余裕よゆうができるとおもいます。」

あなたがやりたいこと、あなたの居場所いばしょかならつかります

ケイシリンさんはいま日本にほん頑張がんばっています。でも、日本にほんてから、つらい経験けいけんもしました。外国がいこくにルーツをどもたちには、このつらい経験けいけんをしてほしくないとおもっています。

「これから日本にほん外国人がいこくじんがどんどんえるとおもいます。でも、学校がっこうなどでいじめもおおいです。わたしはそれをなくすために、コミュニティをつくりたいです。」

ケイシリンさんから外国がいこくにルーツをどもたちにアドバイスがあります。

「もし、あきらめたいとおもっても、ちが方法ほうほうつけてほしいです。いま選択肢せんたくしすくないかもしれません。でも、5年後ねんご、10年後ねんごかなら選択肢せんたくしえます。なんでも挑戦ちょうせんしたら、かならずやりたいことがつかります。あなたの居場所いばしょつかります。いろいろなひとからアドバイスをいて、行動こうどうすることも大事だいじです。」

どうしてケイシリンさんはつらい経験けいけんえることができたのでしょうか。

それは、とてもつらかったとき、自分じぶん居場所いばしょつけることができたからです。まわりのひとのアドバイスをいて、行動こうどうしたからです。そして、すこしずつですが、一歩一歩いっぽいっぽまえすすんだからです。中学生ちゅがくせいのとき、ケイシリンさんは10年後ねんご自分じぶん想像そうぞうできなかったでしょう。まえのことを一生懸命いっしょうけんめいしたら、将来しょうらいみちができるはずです。

読解ワーク用資料

■ glolab 基本情報
公式サイト :https://www.glolab.org/
公式Facebook:https://www.facebook.com/glolab-924880294361144/
公式Twitter:https://twitter.com/glolab2

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!