見出し画像

平野宮町みんな食堂が、常盤会学園大学とコラボ!

平野宮町みんな食堂が
常盤会学園大学とコラボ!
ボランティア学生、現る!

毎週木曜日と土曜日に
運営をしているJR平野駅前の
イズミヤの中にある地域食堂。

ここは、チュラキューブと
一般社団法人HOMEステーションさんとが
共同で運営をしています。

食堂内のキッズゾーンには、
学校終わりの時間になると、
子どもたちが集まってきて、
優しく賑やかに(笑)

中にはね、
親御さんが帰るまで
家に居場所がない子どもも
遊びに来ることがあるので、

駅前のこういう場所は、
とても貴重な存在なのだと再認識。

午後には常盤会学園大学に
呼んでいただいて、
ボランティア学生たちの
アイデア力を育むための
ワークショップを担当。

そして、夕方には、
その女子4人が食堂に足を運んでくれて、
これからのボランティアとして
学生たちの関わり方を、
HOMEステーションの福住さん、南さんと、
一緒に考えました!

コロナがまだまだ落ち着かない中で
満足に食べられない家庭は、
どこの町でも、必ず存在する。

食堂の機能はたくさんあれど、
地域で暮らす人たちの
小さな助けになるのであらば、

場を続ける価値が
確実に存在すると思うんです。

【お礼】
食材やお金など、
寄付をくださる皆さん、
本当にありがとうございます!

#平野区
#平野区ランチ
#大阪市
#こども食堂
#みんな食堂
#平野宮町みんな食堂
#チュラキューブ
#homeステーション
#社会的養護
#社会的養護自立支援
#こどもの居場所

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

NPO法人チュラキューブ/株式会社GIVE&GIFT。「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、縮小社会を生き残るため、さまざまな産業の小さな経済づくりを仕掛けている。 http://chura-cube.com http://give-and-gift.jp

こちらでもピックアップされています

障がい者福祉施設「GIVE&GIFT」の挑戦
障がい者福祉施設「GIVE&GIFT」の挑戦
  • 120本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。