京都市での「伝統工芸」×「障がい者福祉」プロジェクト

9
記事

京都市の市民フォーラムで司会進行を担当

3月13日(水)、
京都の文化・産業、障がい者福祉の
フォーラムで司会進行を担当します!

※第2部のみ

社会人大学院の恩師でもある
佐々木雅幸先生、

伝福連携で関わらせていただいている
中村ローソクさん、株式会社 種田さん、
京鹿の子絞振興協同組合さんも、

有識者やプレゼンターで登場されることに!

200人まで参加可能だそうで、
福祉だけに留まらない
京都の伝統産業や

もっとみる

福祉施設への京都での鹿の子絞り体験会

京都市での伝統工芸×障がい者福祉。

京鹿の子絞りで有名な
株式会社種田さんの「絞り」体験会が
実施されました!

そして、大活躍してくれたのは、
昨年の体験会を経て、
種田に入社された上田さん!!

プロの絞り職人から、
直接レクチャーを受け、
成長した彼は、

今回は、体験会での教え手として、
みなさんを支えてくださいました!

参加された福祉施設さんは、
就労移行、B型作業所で、

もっとみる

京都産業大学の卒業研究中間発表会!

京都産業大学の
むすびわざコーオプセミナーの
4年生の卒業研究は、

伝統産業である
「京の和ローソク」がテーマなんです!

今日は中間発表ということで、

中村ローソクの田川さん、
京都市役所の伝統産業課の恵良さんを
ゲストにお招きし、

(ちなみに中川は講師扱い)

学生たちが3グループに分かれ、
プレゼンテーション!!

ポッターやデシとか、
理論はそこまで強くないけど、

もっとみる

180714京都産業大学 東田ゼミ 伝統工芸の可能性を探る!

京都産業大学コーオプセミナー
4年生(第3期生)の卒業研究は、

伝統工芸×障がい者福祉の際に、
とてもお世話になった
有限会社中村ローソクさんの
「和ろうそく」を通して、

伝統工芸の歴史や産業、
そして、可能性についても、

学生たちが調べるという取り組み!!

4月から始まった取り組みの
前半の結果発表として、

今回、初めて田川社長に来ていただいて、
学生たちが研究計画

もっとみる

伝福連携のヒアリングで、文化庁創生本部へ

伝統産業×障がい者福祉について、
可能性を探るヒアリングを進めるため
伝統産業事業者、有識者を
訪ね歩いています★

ずっと、伝福連携の取り組みに
興味持ってくださっていた、
我らが恩師、佐々木 雅幸先生に
お会いするべく
京都の文化庁生本部へ。

とてもお忙しい中、
たくさんの時間をとってくださり、
アート&クラフトを時間をかけて
浸透させていくための
いろいろな学びをいただきました。

もっとみる

毎日新聞「あしたに、ちゃれんじ」京都の伝福連携

毎日新聞での月に一回の連載。

今回は京都市での「伝統産業×障がい者福祉」を
記事にさせていただきました!

https://mainichi.jp/articles/20181214/ddl/k27/040/355000c

登場していただいたのは、
京鹿の子絞りで昨年と今年、
関わらせていただいている種田さんの取り組み。

最近、NHKの所さんの番組でも取り上げられ、
さらなる注目が集

もっとみる

京都での伝統産業×障がい者福祉の体験会

なんて、斬新!!
おもしろい京鹿の子絞りができています!

障がい者福祉へのチャレンジを
動いていますよーーという、
生存確認のような投稿ですが、

今、お手伝いをさせていただいている
京鹿の子絞りの組合さんが、

「障がいのある方に、
鹿の子絞りの全ての工程を
体験してみてほしい」」

と、言ってくださったことから
誕生した8回連続の
体験会が進んでいまして、

今日は「染め」★

もっとみる

京都市の「伝統産業×障がい者福祉」

今年の伝福連携では、

京鹿の子絞振興協同組合さんと
「絵刷り」「糸入れ」の
2つの工程を切り出し、

市内の福祉施設に仕事として、
継続的に「依頼ができないか!?」
という可能性を探る、、、

というアクションにも
関わらせていただいています。

針と糸ってね、
これがまた扱うのが難しい。。。

今日は、
鹿の子絞りの職人さんが
市内の福祉施設に足を運んでくださって、

施設

もっとみる

伝統産業×障がい者福祉の体験会、終了

【伝統産業×障がい者福祉】

今年の体験会が無事終了しました。

僕たちが関わって
3年目を迎える「伝福連携」。

今回、主催者として手を挙げられたのは、
京鹿の子絞り振興共同組合さん。

この業種に携わる
伝統工芸の職人たちが、
平均70歳を超える中、

「この伝統産業を
けして絶やしてはならない!」
という強い思いを持ってらして、

その職人たちの仕事を
下支えする役割として、

もっとみる