創作とは

いま、フロントエンドエンジニアとして働いている。

コードを書いて、目に見えるカタチで自分の成果を世に出すことができる。


作ることは、制作や製作ともいう。

創作は、なにか一から考えたり、とても気持ちのこもった、手触り感がある感じがする。


Webエンジニアやソフトウェアエンジニアなどは、実際のコード以外にも何かしらのアウトプットが求められることが多い。

自分はそれが苦手で、なかなか筆を執る(キーボードに向かう?)ことができなかった。


noteのアクティブユーザのニュースが飛び込んできて、そういえばnoteのアカウント持ってたな。でも、特に何もしてなかった。と思い立った。


昔は特定の人間しかみれない環境(mixi)で、よく日記を書いてた。今読み返すと、なかなか気恥ずかしいポエムが多かった。

その頃に比べると、だいぶ大人になったし、環境も変わった。


いま書いてみるとおもしろいかも。


創作となると、とても心のこもった大作がイメージされるけど、ご丁寧に「noteのはじめかた」で「もっとも大事なこと」が書いてあった。


「創作を楽しみ続けること」「ずっと発表し続けること」


こうとも書いてあった。


「創作活動は、筋トレやランニングと同じです。」


なるほど。筋トレと同じか。それならわりと得意。

ふとしたきっかけだけど、続けてみた先に、自分なりの創作が理解できればいいなぁと思う。


おわり。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
30歳から半年勉強して、Webエンジニアになって、8年が経ちました。 現在はフリーランスとして、フロントエンド領域で働いています。 コーヒー☕ / バスケ🏀 / ANA✈️ / ハワイ🏝 が好き。 エンジニアリングな話から雑多な話まで、ポツポツ書いていこうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。