見出し画像

#26,何のために働きますか?

◯はじめに

こんにちは。Genです。

本日のテーマは、

『何のために働きますか?』

です!

皆さんは何のために働くか、明確な理由を持っていますか?

様々な理由があると思いますが、本記事では「私が思うこと」を中心に書いていきます。

意見のズレは当然あると思いますが、1つの考え方だと思い、見てくださると光栄です。

自分らしい働き方・生き方、できているでしょうか。

私が多くの社会人を見ていて、疑問を感じたところ、学生という視点で見て欲しいと思います。社会に出ることで失った感情を取り戻しましょう。

画像3

◯「企業のために」という美徳

日本の多くのサラリーマンに「何のために働きますか?」という質問をすると、「家族のため」や「企業のため」など、「他者のため」という答えが多く返ってきます。

私からすると、良いリスクヘッジだなー、と感じてしまいます。

家族が大事だったり、会社が好きなど、そこに関しては素晴らしいことです!

しかし、それは「その人のため」に働くということに繋がりますか?

結局は「自分のため」だと私は思います。

「家族と一緒にいたいこと」・「好きな会社に貢献すること」、どちらも結局は、「自分が満足するため」で完結しませんか?

日本では「自分のため」と考える人が、マイノリティーです。「他者のための行動すること」が日本では美徳とされています。

私はおかしいと思いますし、これからは「自分のため」という考え方がマジョリティーになると思います。

なぜなら、世界は常に変化を続けており、『個の時代』が到来しているからです。

変化を感じ取り、『個人』の価値を上げることが、これからの社会で生きて行くために必要なことといえるでしょう。

画像2

◯「自分のために生きる」には」

前のチャプターを経て、あなたは「自分らしい人生」をどう考えますか?

今回の記事で1番言いたいことは、

『自分のために生きる』

ということです。

他人のために生きる、というのは、「自分のために生きる思考をやめた」逃げ道として現れます。

それでは、『自分のために生きる』にはどうしたらいいのでしょうか。

“私は「夢」を追うことだと考えています”

「夢」とは、職業やライフスタイルなど、人それぞれ違って良いものですよね。

仕事が夢になることもあれば、夢を叶えるための仕事、でも全然良いと思います。このように未来のことを考えて、『自分がしたいこと』を1度考えてみましょう。

夢によっては、今は社畜として耐える時期、と考える人もいるでしょうが、それはそれで夢を追っていることですよね。

私は、「なんとなく働く」だったり、夢や目標がないことに理由をつけて「他者のために働く」という、生き方をやめてほしいだけです。

夢があれば、全ての行動・思考が変わり、生活全体も変わります!

もっと挑戦・行動しましょう。そして楽しみましょう!

『自分の人生を決めるのは自分自身』

面白い提案がある方は、いつでも私に連絡ください!話しましょう。

画像1

◯締めに

本日は「何のために働きますか?」というテーマでした。

どうだったでしょうか?

多くの人が感じるものあったのではないでしょうか。

人生は誰がなんと言おうと、「自分のため」にあります。

「人助け」をする人生も、「自分のため」なのです。

「他人のため」と考えた方が、人生楽になる気がすると思いますが、それは勘違いだと思います。

私は「自分のため」ということを自覚してから、すごく気が楽になりました。人生という限られた時間の中で、どれだけ満足することをできるか、それだけです!

私と一緒に何か挑戦をしたい人や、行動したいけどやりたいことが分からない人は、いつでも連絡ください!どんな相談でも乗ります。

最後になりますが、本日も記事をご覧くださった方、誠にありがとうございます。

私の記事や私自身が面白い!と感じた方は、フォロー・スキ・コメント、お願いします!

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

あでゅー(。-_-。)


画像:https://pixabay.com/ja/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!今後とも宜しくです!
11
◼︎21歳/北海道→柳川高校→大阪体育大学(4回生) ◼︎動画編集マン📸 ◼︎毎日更新中(これからの働き方・生き方・成長術) ◼︎MUPウサギクラス🐇

こちらでもピックアップされています

働き方・生き方(メインテーマ)
働き方・生き方(メインテーマ)
  • 38本

就活やニュースと違う視点から、日本人の「働き方」や「生き方」についての記事をまとめます。このマガジンを読んで、「成長しなければ!」と感じた方は『成長術』マガジンをご覧ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。