見出し画像

花の夜(短編朗読戯曲)


劇団ロオル 朗読戯曲 作・本山由乃

劇団ロオル公式サイト


花の夜

女1 燻る時のまにまに、
   孤高の月、燃えゆく

知らず溶けるしじまに、
さらば青春の時よ
ああ、図らずやあの日々
重ね今に消えて
花の散るままに
私はそれを待つ

この続きをみるには

この続き: 687文字

花の夜(短編朗読戯曲)

劇団ロオル

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
女優・本山由乃主宰(演出・脚本)《麗しさに秘められた鋭い棘で、その刹那を刺す》をコンセプトに、演劇を中心に様々な表現活動をしております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。