【バーティカルSaaSスタートアップ調査】 2021年8月第1週、第2週に調達している世界の注目事例5選!vol.10
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【バーティカルSaaSスタートアップ調査】 2021年8月第1週、第2週に調達している世界の注目事例5選!vol.10

こんにちは!
前回から 近藤 が担当させていただいております!
お盆休み、皆さんはどのように過ごされましたか?
さて今週も海外のバーティカルSaaSスタートアップの中で自身が気になった企業を5社、ピックアップしてご紹介していきます。
それでは張り切ってどうぞ 😆!


①営業チームの生産性を向上! AIベースの仮想営業アシスタント 「Nektar.ai」

スクリーンショット 2021-08-14 15.45.13

https://nektar.ai/

設立🏢:2020
拠点🏠:シンガポール
調達日🕑:2021/08/2
調達額💰:$8.1M
ラウンド🚉:シード
今回の投資家👤
(リード)
3one4 CapitalNexus Venture PartnersB Capital Group
(その他)
Deep NisharTom DonleaRitesh AgarwalKevin MerrittEvan DavidsonAmit MidhaArka Venture Labs


【事業内容】
営業担当者は通常、Eメール、Zoom、WhatsAppなどの複数のチャネルを使ってコミュニケーションを取らなければいけません。複数のツールから情報を整理しまとめることはとても工数が掛かるタスクです。コロナ禍により営業チームがリモートでそれぞれ作業する場合、さらに情報が扱いずらくなります。「Nektar.ai」は、手動のデータ入力に費やす時間を削減するとともに、それぞれ個人の販売パフォーマンス収益や売上予測などの情報を分析することを可能にします。
「Nektar.ai」は、マネージャー向けのWebコンソール、Chrome拡張機能、Salesforce、Google Workspace、Slackとの統合だけではなく、キャプチャボットと呼ばれる新機能も追加しました。これは、営業担当者とお客様との他ツールを使っての会話から重要な情報を自動的に抽出し表示するAIベースのシステムです。これにより、CRMツールの精度が向上し、営業マネージャーは、チームが見込み客にどのようにアプローチしているか、どのようにこの取引が進行するかを確認できます。
アジアに拠点を置くSaaS系の企業です、今後の成長が楽しみですね!

記事リンク:https://techcrunch.com/2021/08/02/singapore-based-nektar-ai-gets-6m-to-help-b2b-sales-team-collaborate-more-effectively/


②中小企業向けクラウド会計ソフトウェアを提供する 「FreshBooks」

スクリーンショット 2021-08-14 16.02.29

https://www.freshbooks.com/

設立🏢:2003
拠点🏠:カナダ
調達日🕑:2021/08/10
調達額💰:$80.75M
ラウンド🚉:シリーズE
今回の投資家👤
(リード)
AccompliceJP Morgan ChaseGeorgian
(その他)
Manulife FinancialBMO Corporate BankingBarclaysGaingelsNorthleaf Capital PartnersAccomplice


【事業内容】
「FreshBooks」は、中小企業の所有者や自営業者、およびそのクライアントが請求、経費、支払い、給与、財務報告などを簡単に行えるように設計されたクラウドベースの会計ソフトウェアプラットフォームです。
クライアントへの請求書を作成する度にWordやExcelを使わなければいけないという創業者自身が感じた煩わしさを解消するために生まれました。「FreshBooks」を使用することで簡単にプロ並みの請求書が作れることはもちろんのこと、使用している銀行口座やクレジットカードに繋げることで自動入力が可能になり何にどれだけ経費を使っているのかをすぐに確認できたり、簡単に発生した費用をクライアントに請求したりできるようになります。
また最近がビジネスをデジタルで管理する風潮があり必要性が高まってきていることから中小企業の担当者が簿記係や会計士と協力する方法が変わったと言います。今回の資金調達で販管費や研究開発などの他に、中小企業をデジタル化を支援していくようです。

記事リンク:https://techcrunch.com/2021/08/09/freshbooks-secures-130-75m/


③ECでの購入において顧客体験向上を実現する物流プラットフォーム 「Parcel Perform」

スクリーンショット 2021-08-15 11.24.14

https://www.parcelperform.com/

設立🏢:2016
拠点🏠:シンガポール
調達日🕑:2021/08/12
調達額💰:$20M
ラウンド🚉:シリーズA
今回の投資家👤
(リード)Cambridge CapitalSAP.iOWavemaker Partners
(その他)InvestibleSoftbank Ventures AsiaBANSEAAcequia Capital (AceCap)


【事業内容】
SaaSのスタートアップ「Parcel Perform」は、インターネット上で商品の取引を行う際の顧客体験を向上させます。商品購入後に追加のタッチポイントを作成することで顧客とのブランドロイヤルティを高めることを可能にします。また、30以上の言語をサポートするシステムを開発したことで、顧客に最もパーソナライズされたサービスを提供します。「Parcel Perform」を使用した企業は顧客生涯価値を最大40%も向上させたそうです。

また企業は「Parcel Perform」を使用することで、すべての注文やその出荷においてリアルタイムの物流データと分析を簡単に行うことができます。それぞれの企業独自のブランドの小包追跡ページや自動化された電子メール通知を作成することができ、配送キャリアのパフォーマンスを整理することで物流効率の向上によるコストの削減を行えます。他にも注文が発生し配送された商品はプラットフォーム上で日付や配送キャリア、現状のステータスを選択することで簡単に調べることができます。この検索機能はCS業務を行う者にとってとても便利なものでしょう。
アジアとヨーロッパでのさらなる規模を拡大、北米に地域事務所を設立などために行った今回の調達で「Parcel Perform」はコロナ禍でECビジネスが広がりを見せている中さらに成長をすること間違いありません!

記事リンク:https://techcrunch.com/2021/08/11/singapore-logistics-tech-startup-parcel-perform-raises-20-million/


④建設会社向けの材料管理プラットフォーム 「Agora」

スクリーンショット 2021-08-15 11.41.00

https://www.helloagora.com/

設立🏢:2018
拠点🏠:アメリカ
調達日🕑:2021/08/12
調達額💰:$33.3M
ラウンド🚉:シリーズB
今回の投資家👤
(リード)
Tiger Global Management
(その他)
Kevin HartzTishman SpeyerMichael OvitzNine Four VenturesDST GlobalJerry YangLeFrakSuffolk Construction8VC


【事業内容】
10兆ドルもの市場があると言われている建設業界は、長い間生産性の課題に悩まされてきました。マッキンゼーによると実際、業界の労働生産性の伸びは1947年以来停滞していると言われています。
「Agora」は資材を注文して追跡するとともに必要データの入力を自動化し、調達プロセスに関わるすべての人が相互にコミュニケーションが取れるプラットフォームを提供しています。それによりプロジェクトの進行自体を早め、不必要な遅延を回避できるようになります。「Agora」のSaaSプラットフォームはより速く、より効率的な環境をつくり、それにより「より手頃な価格ですべての人が利用できる」ようにすることで建築業界に大きな影響を与えられるとしています。また「Agora」を使用することによりオフィスチームが発注書の処理に費やす時間の75%、フィールドチームが材料管理に費やす時間の38%を節約できます。
サンフランシスコを拠点とする「Agora」は、非常に具体的でニッチな方法で課題に取り組んでいます。すべての建築業界における取引全てを解決しようとするのではなく、特定の業界に1つずつ焦点を当てています。最初は電気の領域から始めたそうです。
年間経常収益は前年比で760%増加している「Agoda」の成長は今後も必見です!

記事リンク:https://techcrunch.com/2021/08/12/construction-tech-startup-agora-raises-33m-in-tiger-global-led-round-amid-760-yoy-arr-growth/


⑤ノーコードコミッション自動化プラットフォーム 「Everstage」

スクリーンショット 2021-08-14 15.26.07

https://www.everstage.com/

設立🏢:2020
拠点🏠:アメリカ
調達日🕑:2021/08/13
調達額💰:$1.7M
ラウンド🚉:シード
今回の投資家👤
(リード)
3one4 Capital
(その他)
Sidharth MalikVetri VellorePrasanna SankarKrish SubramanianRajaraman SanthanamKoti ReddyGanesh ShankariSeed

【事業内容】
「Everstage」は営業担当者のパフォーマンスを可視化するプラットフォームです。
営業担当者など顧客対応を行う従業員は、パフォーマンスに関するリアルタイムのデータや計算された情報を取得できます。また、取引先から得られるであろう担当者それぞれの成果を予測することもできるようになります。それぞれのパフォーマンスや成果を可視化できるようにすることで営業担当者の意欲的な行動を促すことはもちろん、第三者に適切に評価されることに繋がるでしょう。
「Everstage」は日々手間が掛かっていた各々の成果の可視化を簡単にするのです。これらの計算に必要な情報はリアルタイムでエクセルやセールスフォースなどから集約されます。また個々の成果だけではなくクオーター毎の全体の成績も確認することができます。これらの機能により営業チームの工数削減だけではなく、財務を管理するチームの工数削減にも繋がります。
これにより個々やチームの管理が簡単になることでしょう。

記事リンク:https://techcrunch.com/2021/08/11/founded-by-a-freshworks-alum-sales-commission-platform-everstage-gets-1-7m-seed/


今週も最後までご覧くださりありがとうございます🙇‍♂️

以上が2021年8月第1週、第2週に調達している世界の注目事例5選でした!
Gazelle Capitalは今回ご紹介したような既存産業に対するソリューションとしてSaaSを提供しているスタートアップに多く投資をしております。
この事業領域で起業を検討中の方や、このような領域で起業されている方はぜひGazelle Capitalの 問い合わせフォーム または 近藤のTwitter にてDMでご連絡くさだい!


その他、海外SaaSスタートアップ調達ニュースはこちら⏬

鉄筋コンクリートの建設ロボティクス「Toggle」
拠点:アメリカ 調達額:$1.6M ラウンド:シリーズA

AIの小売マーケティングプラットフォーム「Bluecore」
拠点:アメリカ 調達額:$125M ラウンド:シリーズE

小売業者向けプラットフォーム「MakerSights」
拠点:アメリカ 調達額:$25M ラウンド:シリーズB

社内法務向けの契約、支出のプラットフォーム「LawVu」
拠点:ニュージーランド 調達額:$12M ラウンド:シリーズA

保険業務上のリスクを管理する「Vesttoo」
拠点:イスラエル 調達額:$6M ラウンド:シリーズA

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Gazelle Capitalは、日本を築いてきた国内産業をインターネットの力で変革していく創業初期(プレシード・シード)のスタートアップを支援するVC(ベンチャーキャピタル)です。Twitter DMにて事業相談・投資面談など随時受け付けてます。お気軽にお問い合わせください!