見出し画像

【学生向けマイル攻略法 Vol.1】JALマイルについて知る

マイル攻略法の第一回として、前回の話からもう少しマイルのことについて踏み込んでみようと思います。

おそらく学生からすると、そもそもマイルってどうやって貯まるものなのか、どういうシステムなのかすら分かっていない人が多いのではないかと思います。

そこで、初心者の方のために超簡単にマイルとは何なのか、特にJALマイルを中心に説明しておきたいと思います。

マイルとは

マイルとは「マイレージサービス」の通称のことで、各種航空会社のポイントサービスのことです。
LCCのような格安航空会社を除けば大抵の大手航空会社にはマイレージサービスを導入しています。

本来マイルとは、飛行機に乗った距離(1マイル=1.609km)に応じてマイルとして換算され、貯まったマイルで航空券などの特典に交換することができます。


基本的にJALに乗ればJALマイルが、ANAに乗ればANAマイルが貯まるんですが、別の航空会社であっても提携航空会社や同じアライアンスに加盟している航空会社であれば、マイルが貯められる場合があります。

「アライアンス」とは、航空会社の提携グループのことで、共同運航便のようなコードシェアによる路線展開を行ったり、マイレージプログラムも提携されているので、マイルの相互加算・特典の相互利用を可能にしています。
これによって加盟他社の便に乗った場合でもJALのマイルを貯めることができるのです。

学生におすすめのJALは、ワンワールドというアライアンスに加盟しています。ちなみにANAはスターアライアンスですね。


では、JALマイルが貯まるワンワールド加盟航空会社や提携航空会社はどこがあるのでしょうか?


以下が飛行機に乗ったときにJALマイルが貯まる航空会社の一覧です。

画像1

・ブリティッシュ・エアウェイズ
・フィンエアー
・イベリア航空
・カタール航空
・ロイヤル・ヨルダン航空
・S7航空
・エールフランス航空
・エミレーツ航空
・ジェットスター・ジャパン
・キャセイパシフィック航空
・マレーシア航空
・カンタス航空
・スリランカ航空
・大韓航空
・中国東方航空
・バンコクエアウェイズ
・アメリカン航空
・LATAM航空
・アラスカ航空
・ハワイアン航空

意外といろんな航空会社のマイルが貯まります。
カタール航空やエミレーツ航空は航空券代も安いので、学生なら利用したことのある人も多いと思います。

僕もこの事実を知らずに飛行機に乗ってマイルを貯めそびれていたので、かなり勿体無いことをしていました。


もちろん飛行機に乗っても勝手にマイルが貯まるわけではなくて、所定の手続きをしなければいけません。

もし航空会社のホームページから直接航空券を購入したなら、予約の際にマイレージ会員番号を入力することで自動的にマイルを加算してくれますが、ExpediaやHISなどの旅行代理店で航空券を予約した場合でも、事後登録といって搭乗後にインターネットなどで自分で手続きをすればマイルを獲得できます。
あるいは、オンラインチェックイン時にマイレージ番号を入力することで加算できる場合もあります。

ちなみに飛行機に乗った際のマイルは、搭乗後6ヶ月以内であればマイルに加算することが可能です。

手続きといっても航空券番号などを入力するだけなので、対象の飛行機に乗った場合は忘れずにマイルを貯めておきましょう。

どうやってマイレージ会員になるのか?

マイルを貯め始める際に一番初めにすることは、「マイレージ会員」になることです。
マイレージ会員になるためには、マイレージカードを発行する必要があります。

前回話した通り、学生なら「JALカードnavi」という学生カードを発行してJALマイルを貯めることがベストだと言えます。
次回のnoteで、お得にJALカードnaviを発行する方法についても少し触れるので、これから発行する方は参考にして欲しいです。

飛行機に乗らなくてもマイルは貯まる?

マイルは飛行機に乗った距離の分だけ貯まると説明しましたが、実際には飛行機に乗らなくてもマイルを貯めることはできます。

その方法は、大きく分けると2つあります。

まず一つ目は、買い物でクレジットカード決済をしてマイルを貯める方法です。
JALカードにはクレジットカード機能が付いているので、JALカードで買い物をすればショッピングマイルとしてJALマイルが貯まります。
また、電子マネーのWAONと連携させることで、WAONにチャージしたり支払いを行うだけでもJALマイルを貯めることができます。

でも、100円あたり1マイルしか貯まらないので、学生のように普段使うお金の額がそんなに多くない人だとあまり効果はありません。もちろんやらないよりはましですが。


もう一つの方法は、ポイントをマイルに交換する方法です。

この方法が手っ取り早くマイルを貯める方法であると言えます。
前回少しお話ししましたが、ポイントサイトと呼ばれるネット上のポイントサービスで貯めたポイントをマイルに交換するという方法です。

ポイントは50%〜80%の交換率でJALマイルに交換することができます。
つまり、国内線往復分の6000マイルが必要なら、12000円分のポイントを交換率50%でJALマイル交換すれば良いということです。
しかも、あるポイントサイトでは交換率80%となる実質7500円分のポイントで6000マイルを獲得することができます。

JALの国内線は片道でも1万円以上する場合が当たり前なので、これは相当お得だといえます。
もちろんポイントサイトで貯めたポイントは銀行振込で現金化することもできるので、中途半端しかポイントが貯まらなくても現金に替えればよいのです。


まとめ・次回予告

今回は、JALマイルについての基本的な内容についてまとめてみました。

それでは初回はこの辺にして、次回のnoteではこの「ポイントサイト」について、より詳しく解説していこうと思います。

続き:「学生向けマイル攻略法 Vol.2」はこちら↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
理系大学院生。noteで学生でも簡単にマイル貯める方法まとめてます。 学生時代だけで15回も渡欧するほどのヨーロッパ旅行好き。海外サッカーチケット攻略ブログ運営中。ブログ最高月間PV数:137万PV
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。