マガジンのカバー画像

小学校サポート!

35
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

NPO法人ふるさと未来創造堂公式ホームページはこちら!

【教職員研修会】新発田市小学校防災キャンプ事前研修会

2022年4月26日(火) 9:30~16:45 新発田市青少年宿泊施設「あかたにの家」にて、毎年、新発田市内全小学校が「あかたにの家」で1日もしくは2日間実施する、防災キャンプの研修会の講師を担当しました。 先生方が当日の活動イメージを持てるよう、実際にこれまでの防災キャンプで実施した活動を実際に体験していただきました。 また、最初は恒例になっている、群馬大学大学院教授 金井昌信様より、防災教育についての講義を行っていただきました。 「防災”を”学ぶ」から「防災”で”学ぶ

【防災玉手箱】語り部のお話や体験から災害時の行動について学ぼう

2022年3月9日から3月11日  千手小学校全校生徒の皆さんへ防災学習を行いました。 感染症対策のため、オンラインでの実施となりました。 低学年は防災グッズ作り、 3年生は、原子力災害について学び、家庭の備えを考える学習、 4年生は、中越地震の語り部吉原昌隆さんより地域で協力した様子を聞き、 5年生は、河内沙苗さんから避難所のボランティアのお話を聞き、自分たちにできることを考えました。 6年生は、原子力災害について、長岡市原子力災害ガイドブックや文部科学省の小学生のための

【津波災害】自分も家族も身を守るためにできること

2022年3月11日(金) 13:40~14:45 東日本大震災から11年。阪之上小学校全校生徒を対象に、津波による災害時の行動について講座を行いました。 津波災害はどういうものなのか、命を守るための行動についてお話た後、 家族で海に来ているシチュエーションを提示し、グループで「自分も家族も身を守るためにできることは何か」について考えてもらいました。 出かけた先でできることと、出かける前からできることがあることを伝え、1年生から6年生まで、みなで意見を出し合いました。 最

スキ
1

【防災玉手箱】原子力災害時の身の守り方を学ぼう

2022年3月1日(火)9:30~ 黒条小学校の皆さんへ、原子力災害をテーマに「もしも」に備える防災講座を行いました。 今回は感染症対策のため、オンラインで学年ごとに講座を行いました。 低学年は「放射線の存在と性質を知る」 中学年は「原子力災害と身を守る方法を知る」 高学年は「原子力災害時の身の守り方を知る」 クイズ形式で放射線や放射性物質の特徴を知る、 「放射線簡易測定器はかるくん」を使って目に見えないものを確認する、 長岡市原子力防災ガイドブックを使い「自分と家族の命

【雪災害】新潟県防災教育プログラムの活用事例

平成30年1月30日(火)に、長岡市立前川小学校の取り組みを見学させていただきました。  避難訓練後、各クラスで振り返りを実施し、3年生が雪についての学習を行いました。 新潟県防災教育プログラム内の写真資料を使って、大雪の時の様子を確認した後、ワークシートを使い、大雪が降った時の危険について考えました。 「上から落ちてくるから危ない」「雪があって道路のところを通ると車が通っていて危ない」などたくさんの意見が出ました。  さらに、「雪が積もって道の横の水路に気づかないで落ちてし

スキ
7

【雪災害】大雪から身を守る方法を知ろう!

2021年11月15日(月)13:55~14:50 長岡市立青葉台小学校にて、全校防災学習を行いました。 青葉台小学校では、大雪・地震・原子力と毎年テーマを変え、全校で学習を行っています。今年大雪からの身の守り方をテーマに学習を行いました。 積雪時の写真を使い、どのような危険があるか、また身の守り方について伝えました。 そして、青葉台コミュニティセンター長の畔上純一郎様から青葉台地域についてお話を聞きしました。 地域の中でも協力して雪かきをして安全な地域になるよう活動して

スキ
1

【防災玉手箱】栃尾東小学校4年生 総合学習

①2021年10月7日(木)10:40~11:25 ②2021年10月26日(火)9:35~11:25 長岡市立栃尾東小学校4年生総合学習で防災講座を行いました。 10月7日の学習では、過去に起こった新潟・福島豪雨、通称「7.13水害」について栃尾地域にお住いのサポーター大港要一様からお話を伺いました。 当時の写真を見せながら、災害発生時の様子や地域の様子をお話いただきました。 また、「土のう」を持ってきていただき、こどもたちが順番に持ち上げてみる体験も行うことができまし

スキ
2

【防災玉手箱】深沢小学校3・4年生 PTA親子防災教室

2021年10月22日(金) 13:50~15:35 深沢小学校3・4年生の皆さんと保護者の皆さんと一緒に親子防災学習を行いました。 実際に避難所へ避難したとき、必要なものが使えなかったり足りない場合に役立つ「身近なもので作れる防災グッズ作り」に挑戦していただきました。 段ボールパーテーション、ビニール袋で作る雨がっぱ、ペットボトルランタン、新聞紙スリッパと、親子で一生懸命に作っていただき、ランタンには自分でデザインした「マイペットボトルランタン」が完成しました。 その

スキ
2

【防災玉手箱】長岡市立浦瀬小学校4年生 わが家の防災タイムライン作成講座

2021年9月13日(月) 10:25~11:10、11:15~12:00 長岡市立浦瀬小学校にて洪水災害が起こった場合の命の守り方について防災学習を行いました。 まず最初に、2004年7月13日に起こった「新潟・福島豪雨」の際の浦瀬地域の洪水災害被害写真と映像を見ていただきました。 自分の命を守る行動を考えるためにも、まずは「川があふれると自分の住んでいる場所がどうなるのか知っておくこと」が大切。 実際に洪水ハザードマップの見方や自分の住んでいる場所が川があふれるとどうな

スキ
2

【防災玉手箱】宮本小学校 全校防災学習

2021年9月12日(日 )  9:25~10:10 長岡市立宮本小学校にて全校防災学習を行いました。 今回のテーマは「身近なものを工夫して【安心して過ごせる避難場所】を考える」でした。 皆さんが工作をする前に、地震や土砂災害など写真を見せ、災害のイメージを持ってもらい、みんなが避難してくる「避難所」は、赤ちゃんからお年寄りまでみんなで生活する場所であることを再確認しました。 その上で、安心して過ごせる避難場所にするためにできることの一つとして、身近な物を工夫して役立つも

スキ
1

【防災玉手箱】神田小学校 防災学習(地域の取り組みを知る)

2021年9月27日(月) 9:30~10:30 長岡市立神田小学校5年生を対象に防災学習を行いました。 今回は西神田1の2自主防災会の運営委員長 松川吉富様にお越しいただき、地域ではどのような防災への備えを行っているかお話いただきました。 住んでいる人の名簿作成・訓練・定期的な防災倉庫の発電機や救急箱のチェックや確認を地域の中で行っていること。 そして令和元年東日本台風の時には、名簿を使って、一人では避難が難しい人に連絡を取り、避難するか確認したり、家族にも連絡を取り、避

スキ
1

【防災玉手箱】黒条小学校4年生社会科 「自然災害にそなえるまちづくり」

2021年10月14日(木) 13:40~14:25、14:45~15:30 黒条小学校4年生を対象に、社会科「自然災害に備えるまちづくり」の中で防災学習を行いました。 地震災害・雪災害・洪水災害それぞれの危険と自分の身を守る方法を整理できるように、グループワーク行いながら活動しました。 地震が起こった場合の学習では、実際に起こったまちの地震被害の写真や映像資料を紹介し、改めて地震発生時の対処を紹介しました。 その後、写真を見せて、「この場所にいた時、突然震度6強の地震が発

スキ
2

【避難所】防災キャンプinあかたにの家

2021年7月13日(火)9:30~11:30 青少年宿泊施設あかたにの家にて、新発田市立東小学校防災キャンプを行いました。 あかたにの家や東小学校が避難所になること、避難所は「赤ちゃんからお年寄りまで、皆で協力して過ごす場所」であることを確認しました。 災害時に役立つ防災技能として、以下の内容を体験しました。 ・地震で火災が発生!水消火器で消火体験 ・ケガをしている人を見つけた!毛布担架づくりと搬送体験 ・避難所についたら履物が足りない!新聞紙スリッパづくり 最後に、

スキ
1