見出し画像

084 じょじょに好きになるもの

ドアを開けたら、冷たい空気が頬を冷やしました。
ついこの前まで「暑いねぇ」と話していたのに、いつの間にか冬の粒たちがそこにいました。こんな風に、いつも次の季節は突然やってきます。

さむいさむい冬は苦手でしたが、冷たい空気を吸うと姿勢がしゃんと良くなる気がします。鼻からとおる新鮮な空気で体が清められるような。背中にすっと手をあてられるような。そう思うと、なんだか冷たい空気も悪くないね、と思いました。

こんなふうに年齢を重ねると好きになってくるものがあります。

--------------------

たとえばピーマン。
もともと、苦手ではありませんでしたが、好んで食べてはいませんでした。
母はよくじゃこと炒めたり、肉詰めを作ったりしていましたが、私はそういったピーマン料理が、正直なところあまり好きではありませんでした。お肉は普通にハンバーグにしてほしかったし、じゃこは少し炒って細く切った大根と合わせる方が好みでした。

あるとき実家でお腹がすいて台所に行くと、小鉢にピーマンとじゃこを炒めたおかずが入っていました。何気なくラップを外してつまんだら、とてもおいしいと思いました。少し食感が残っていて、ほろ苦くて。クセになる味でいくらでも食べられます。
これには自分でもびっくり。ピーマン料理を好んでいなかった自分と今の自分は同じはずなのに…。もしかして、どこかでだれかと口を交換しちゃったかな、と思いました。

とりあえず、試しに自分でもじゃこピーマンを作ってみました。
ごま油とお醤油とじゃこと細く切ったピーマン。
ささっと焼いて、ごまをふって食べると、やはり美味。
お醤油をすこし焦がしてしまいましたが、それもまた香ばしくて良いのです。
あらあらとお酒も進みます(でもそんなに飲めません)。

簡単でおいしくて、栄養もあって。
緑色もきれい。
これはうれしい発見でした。

--------------------

また、たとえば黄色。
私は黄色がどちらかというと苦手でした。
元気はつらつで明るいイメージの黄色。なんだかインドアでおたく、内向的なわたしには合わないなぁ、と思っていました。ひまわりとか、グレープフルーツとか、そういった黄色いものも少し苦手でした。

そのころは女性らしいイメージの桃色がすきで、持ち物もよく桃色のものを持っていました。ハンカチやシャープペンシルなど…目に入るとやさしい気持ちになれる気がして、色で迷ったらとりあえず桃色にしていました。

しかし、二十代半ばに入った春の日に桃色のカーディガンをはおって鏡の前に立つと、なんだか違和感を感じたのです。甘すぎるというか、ちょっとかわいらしすぎるというか…。心なしか顔色もくすんで見えたので、その日は着ませんでした。少しかなしい気持ちになりまました。

後日、洋服屋さんに行くと、黄色いカーディガンをすすめられました。
「お肌の色が明るくていらっしゃるので、淡い色が似合いますよ」
と店員さんが言ってくださったのです。
とてもうれしい言葉だったのですが、黄色かぁ…。というのが正直な気持ちで、でも着ず嫌い?は良くないかなぁとも思い、思い切ってきてみました。

すると、なんだか顔色が明るくなり、甘すぎず柔らかい印象になったのです。
パキッとした黄色でも、マスタードっぽい黄色でもなくて、穏やかな黄色だったのがよかったのかもしれません。

とてもうれしくて、そのまま購入しました。
黄色い洋服はその時が初めてだったのですが、意外と何色とも合うことがわかりました。
白いブラウスに合わせると春らしく、グレーを合わせてもやさしい雰囲気。
秋にはベージュやブラウンと合わせて、カジュアルな気分のときはカーキと合わせて。
これまで避けていたのがもったいないくらい、黄色が好きになりました。

そういえば、好物のたまごやきもレモンも黄色だしね…。
お部屋に飾るお花も黄色にしてみるととても明るくなります。
いまでは大好きな色です。

そして、もっと黄色を着こなす、素敵な女性を目指したいものです。
--------------------

こんな風に考えると、すきなものは確実に増えている気がします。
そして、すきなものが増えるのってうれしいことだなぁと思います。

ピーマンのお料理はただ今絶賛研究中です。
シンプルな焼きピーマンも大好物になりました。

会社の忘年会で焼肉屋さんに行くことになり、幹事の方がコースを選ぶ際に
「うーん、どのコースにしようかな。ふむもくさんは食べられないものはありますか?」
と聞いてくれました。私は内臓系がこわくて食べられないのですが、それよりも
「焼き野菜にピーマンがあるとうれしいです」
とつい言ってしまいました。聞いてくださった方は、はてなでいっぱいの表情になりました。私は、またやってしまった!質問に答えてない!と思ってわたわたしていたら、その方は笑い出しました。そして
「焼肉の話でピーマンが出てくるとは思いませんでした」
と言いました。
和やかな雰囲気になって、ほっとしました。

黄色いカーディガンは今もよく着ます。
ハンカチも黄色いものを購入してみたら、友人に
「かわいいハンカチね」
と言ってもらえて、ほくほくでした。

ちょっと苦手だと思っていても、その苦手意識がついたのが随分前ならば、もう一度挑戦してみるのも良いかもしれません。

ずっと同じ「私」で人生を歩んでいるつもりでも、なにか変わっているかもしれないからです。挑戦して「すき」が増えたら、なんだか得した気分。視野が広がって、楽しみも増えます。そして、人生がすこし豊かになった気持ちになります。

焼肉屋さんで内臓系を挑戦してみようかな…(ぶるぶる)。
ちょっとまだこわいので、この挑戦は将来のお楽しみにとっておきましょう。

今回も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。空が高くて透明で気持ちいいですね。
25
趣味は読書とお絵かき。マイペースな会社員です。 今日もゆるりと楽しく暮らしましょ♫Twitterはじめました→ https://twitter.com/fumu_moku

コメント2件

こんばんは😊
私も内臓系はほぼ駄目なんですけどレバーだけは食べれます!美味しいのは臭みが無いですよ。
そして大人になって食べれるようになったものと言えば私は山芋です。
とろろそば最高! 笑
でも最近だと圧倒的にうどんを食べる事の方が多いです。うどんは、冷たいのも温かいのも煮込みうどんやすき焼きの締めにもぴったりですね!
ピーマンも大好き♡
今日も楽しく読ませていただきました✨
>>すーさん
こんばんは(^ ^)
そうなんですね!臭みのないものならいけるかな…焼肉のときに挑戦してみようかしら…(震)
山芋いいですね!とろとろがやみつきになりますよね。
うどんも今の季節にぴったりですよね。すき焼きの締め…いいですね。お腹が空いてきました(笑)
今回も楽しいコメントありがとうございます(^ ^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。