見出し画像

ミラツクProject最終日

ふくしまミラツクProject第3回の感想文です。中学生の参加者で、お友達とともに、全3回皆勤賞ありがとうございました!

今回は給食やタルト作り、有機野菜についてなどを行いました。午前中は給食を作りました。みんなで自分の考えた給食の発表をしました。決まったのは、ひじきご飯と雑穀ご飯のカレーと、きゅうりと卵のスープと、りんご、ナムル、人参と柿のサラダ、鶏肉のバターポン酢炒めに決まりました。
作る物が多かったので料理ごとに担当を決めて作りました。ちなみに私は鶏肉のバターポン酢炒めの担当になりました。
肉のしたごしらえに塩をかけたら、たくさん入れてしまいましたが、塩を少し取って、違う方のお肉に入れたらちょうどよかったです。作り終わったらまだご飯が炊けていなかったので、フォーズマーケットのお話を聞きました。桜の聖母短期大学のお弁当のお話がありました。いろんな季節によってお弁当がちがうのは、すごいなと思いました。話が終わってご飯が炊けてみんなで食べました。とてもおいしかったけど思った以上に量があっておなかいっぱいになりました。
食事が終わって少し休んだらいろんなお話がありました。一番心に残ったお話はフードロスのお話です。いままで、外食でお腹いっぱいになったら残していたので、それがダメで、お店で捨てると(廃棄で)お金もかかることを知りました。
アフリカの方では、食事がなく困っていることを学びました。今回のプロジェクトでいろんなことを学び、楽しい思い出になりました。
またこのようなきっかけがあったら参加したいです。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
福島の学生が、福島のおいしい農産物を知り、さらに食と人を結ぶコミュニケーションを学びながら、小さな子どもたちの未来のための「ふくしまの給食」をみんなで創るプロジェクトです。[福島県ふるさとの農林漁業体験支援事業]