幻魔12牌譜

【現代麻雀への道】12 熱戦!三都代表対抗戦

時代変われば、悪手も変わる!!

今回は昭和初期に書かれた観戦記を紹介しよう。ちょっと驚くことには、当時すでに牌譜が存在しており、牌譜を見ながら観戦記を読むという麻雀の記事が成立していた。

ここで紹介する三都代表対抗戦は昭和5~7年あたりに実施されたもの。

さて牌譜の中身に入るが、西家の手牌を見てほしい。6巡目に發アタマでテンバイしている。役がないから、今なら即リーチするところだろう。しかし当時は役なしでもアガれたし、 リーチは現在のダブルリーチに相当するものしかなかった。つまりこの手は完成形で、アガり牌の4p7pを待つだけの状態である。

11巡目、南家から、發が切られた。現在の感覚では1ハンのためにボンしてリャンメン待ちを崩すのは悪手である。しかし当時の感覚は違っていた。観戦記いわく。

「發をポンするかと見ると、知らぬ顔して場駒(ばごま)をめくる。この際は、この發をポンして取りあえず5pか6pのタンキにする手もある。そしてマンズかソウズを利用して、ノベタンに組み替える芸当もできるではないか。しかし、何とかして早く和了(あが)りたい一心で、ツモを急いだものと見る」

この続きをみるには

この続き: 819文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
今から振り返っての追記も付いてます。 知っても役には立たないけど、あなたの麻雀の世界を少しだけ広くしてくれるかも?

太古の昔に『近代麻雀ゴールド』という雑誌に連載した麻雀史を語るコラムです。 第1回~42回。本1冊分くらいの分量です。 麻雀自体の歴史...

または、記事単体で購入する

【現代麻雀への道】12 熱戦!三都代表対抗戦

福地 誠

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1
フリーライター、編集者。麻雀の著書編著多数。麻雀以外の本に『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』など。第6期天鳳名人位。ニッカンスポーツ杯争奪スリアロトーナメント2015前期優勝。ネット麻雀・天鳳にて十段達成。東大教育学部を8年かかって卒のJJI。趣味はダンス。