見出し画像

下着窃盗の少年事件② 示談交渉

弁護士 福地海斗

 本日も下着窃盗の少年事件について書いていきます。
 今回のテーマは示談交渉です。

1 示談の位置づけ

 示談が成立すると、少年に有利な事情として考慮されます。
 また、示談交渉の経過を踏まえて、少年が反省をより深めることが期待できます。

2 少年の反省

 示談が成立するかどうかも重要ですが、示談交渉の経過を踏まえて少年が反省を深めるかどうかも重要です。
 被害者の方からいただいた言葉を弁護士から少年に伝えることで、少年に事件の重大さを改めて認識させることが期待できます。
 また、示談が成立しなかった場合、少年が「なぜ示談が成立しなかったのか」などを考えることが大切です。

3 少年事件全般に関する他の記事はこちらからお読みください

4 ご不安な方はお問い合わせください

 ご不安な方はお問い合わせください。
 弊所では初回法律相談のみのご利用も可能です。
 お気軽にご相談ください。
 
 弁護士法人福地海斗法律事務所
 弁護士  福地 海斗(第二東京弁護士会所属)
 東京都中央区日本橋本町3丁目3番6号 ワカ末ビル7階
 電話:03-6202-7636