見出し画像

映画「バットマン ビギンズ」

映画「snatch」について書いたエントリーでオススメを募ったところ、早速友人が勧めてくれた。

このエントリーね。

で、「バットマン ビギンズ」はこちら。

バットマンにもいろいろあるらしく、友人が勧めてくれたのはクリストファー・ノーラン監督によるもの。シリーズらしい。

冒頭から重厚感が漂っている。本でいうところの「はじめに」を丁寧に説明してくれてる感じ。

アクションシーンも素晴らしく、子どもが観ても悪い夢にうなされず、大人が観てもハラハラできる、この塩梅って実はものすごいことなんじゃないかな。

イーストウッドやブラピの映画ではバカがたくさん出てきて愉快だったけど、本作品では登場人物から一様に上品さが感じられて対照的。

マトリックスでも触れられていた「感じる」とか「信じる」とか、ああいうの表現するためには東洋じゃなくちゃってのがあるのかな。よくわからないことは全部東洋、みたいな。どうなんだろう。

もうちょい渡辺謙の出番が多ければなあって。ついつい。いいよね、ケン・ワタナベ。

劇場で観たらすごい迫力だったろうな。きっと大ヒットしたんだと思うけど、そりゃそうだよねって感じ。当然、次作も観ちゃうよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
くわばらかずひろ(くわちゃん)

世界のゴキゲンが増えるといいなって考えたりしゃべったり書いたりしてます。ありがとうございます。

まじですか!うれしいです!
3
桑原和弘 職業=社長の相談相手 陽明学・交流分析・労働法務 のんきに過ごす ゲラゲラ笑う モリモリ食べる 株式会社フリスコ代表取締役 一般社団法人ストロークフルライフ協会代表理事 1969年1月広島生まれ https://kuwabarakazuhiro.com/