見出し画像

何気ない日常で嬉しかったこと

この土日はずっと家に引きこもってだらけていた。来週TOEICを受けるからその勉強をしなければなのだけど、全然しなかったな。これこそ、時間の無駄。もっと上手く使わないとって思うのだけれど、外に出るのが億劫で、でも家のなかにいても楽しいことがあるわけじゃなくて、ただただ時間をやり過ごしていた。


病み期のようなこの土日だったけど、良いこもあった。今日の夕方、ごみ捨てに近所に出たら散歩に来ていたお母さんと3人兄弟の男の子たちが元気よく挨拶してくれた。男の子たちは色んなことに興味深々なようで道端で見つけたものをお母さんに質問していて、その親子の姿がすごく微笑ましかった。挨拶してくれたのも嬉しくて、心に染みた。今日の私はすっぴんに眼鏡、パジャマのままでだめだめだったけど、普通に声をかけてもらえたのが本当に嬉しかった。


つまらなく地味な日常ほど、人の優しさを思い出すきっかけになる。私もこれを与えられる人間になりたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます、、!
旅、カフェ、文章が好き。日常の何でもないことを書き綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。