新たに「freee受発注サービスβ版」のAPIを公開しました
見出し画像

新たに「freee受発注サービスβ版」のAPIを公開しました

freee Developers Community

こんにちは!freeeアプリアワード2020事務局です。

本日、会計freeeと人事労務freeeに加えて、freee受発注サービスβ版のAPIを公開しました。

「freee受発注サービスβ版」について

フリーランスからの外注管理について、取引の発注者と受注者がクラウド上で情報を共同管理することで見積・発注・請求の3つの業務を効率化できるサービスです。2019年12月より提供を開始しています。
freee受発注サービスβ版のAPI公開についての詳細はプレスリリースをご覧ください。
https://corp.freee.co.jp/news/orderingserviceapi_api.html

freee受発注サービスβ版のAPIもアワードの対象に

そして、今回公開されたfreee受発注サービスβ版のAPIもfreeeアプリアワード2020の対象です!

今回公開したAPIを使えば、指定した事業所の発注・受注一覧から日付や金額、取引先名やステータスなどを取得することができます。リアルタイムに発注・受注情報を把握したり、他クラウドサービスに取り込りすることができ、さらにアプリ開発の幅が広がっています!

ぜひfreee受発注サービスβ版のAPIを活用して、freeeアプリアワード2020に参加してみてください。

アワードへのお申し込みはこちら
https://freee.connpass.com/event/187359/

たくさんの方のご参加お待ちしております!

■関連イベント情報

freeeAPIを使った開発に役立つハンズオンやセミナーを開催予定です。freee APIやアプリ開発にご興味がある方はぜひご活用ください!

9/17(木)freee x kintone Biz Tech Hack
freee と kintone のAPI連携を学ぶハンズオン

9/24(木)freee API x kintone 連携・アプリ開発勉強会
サイボウズ / freee 2社による、APIを連携してアプリを開発する勉強会

9/30(水)freee x IBM Cloud / LINE API アプリ開発勉強会
IBM / LINE / freee 3社による、APIを連携してアプリを開発する勉強会


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
freee Developers Community
会計freee、人事労務freeeなど、freeeの各サービスのAPIを活用する開発者様を支援する「freee Developers Community」のnoteページです。